米国株は11セクター、業種別の代表銘柄リスト

アメリカ株のセクター分類はどうにもわかりにくいないですか?

米国株は各社によってセクターや業種の記載方法が少しずつ違うからですね。

アメリカでは厳密にセクター分けをしなくてもよいのかもしれません。

 

そうは言っても株式投資をしているとセクターアロケーションなども気になりますよね。

なので代表的な指数であるS&P500のセクター分類を整理しておくことにしました。

 

ちなみにアメリカの株式投資を代表するS&P500業種別指数は2016年9月に「不動産」を加えた11業種へと変更しています。

米国株は11セクターに分類されるということです。

 

本記事では11セクターの代表銘柄一覧を紹介します。

 

尚、2018年9月にGICSセクター変更が実施されましたが本記事はその変更を加味していません。

米国株のセクター分類の変更点【2018年9月】
米国株のセクター分類が、2018年9月から変わりました。 グーグルのアルファベットやフェイスブックといった時価総額の大きい米国株が、セクター変更となったのです。 本記事ではGICSのセクター変更について紹介していきます。 ...

 

スポンサーリンク

米国株セクター(業種)分類:英語と日本語訳の一覧

業種Sector
1生活必需品Consumer Staples
2ヘルスケアHealth Care
3公益事業Utilities
4情報技術Information Technology
5資本財Industrials
6エネルギーEnergy
7電気通信Telecommunication
8一般消費財Consumer Discretionary
9金融Financials
10素材Materials
11不動産Real Estate

 

アメリカ株のセクターは11セクターです。

株式投資のセクター(業種)分類とはいえ、REITも含まれるのです。

 

つづいては不動産セクターを除いた10セクターの過去リターンを、株式投資の未来から転載します。

 

スポンサーリンク

S&P500 10セクター(業種)の過去リターン(1957年~2003年)

セクター実質セクター・リターン
ヘルスケア14.19%
生活必需品13.36%
情報技術11.39%
エネルギー11.32%
一般消費財11.09%
金融10.58%
資本財10.22%
電気通信9.63%
公益事業9.52%
素材8.18%
S&P500平均10.85%

 

株式投資の未来によれば、米国株セクター別の実質リターンは

  • 1位:ヘルスケアセクター
  • 2位:生活必需品セクター
  • 3位:情報技術セクター

でした。

>>>「株式投資の未来」のまとめ、シーゲル教授からの6つの学び

 

セクター毎に株価変動の傾向は異なります。

これが業種別のポートフォリオ分散が必要だと言われるゆえんです。

もちろんセクター別よりもアセットアロケーションの方がもっと大事ですよ。

>>>セクターローテーションに対応できるポートフォリオの作り方

 

次に、各セクターの代表銘柄をバンガード社のセクター別ETFを参考にして紹介します。

スポンサーリンク

米国株11セクターの代表銘柄リスト(2017年版)

生活必需品セクター Consumer Staples

【PG】プロクター&ギャンブル

【KO】コカ・コーラ

【PEP】ペプシコ

【PM】フィリップ・モリス

【MO】アルトリア・グループ

【CVS】CVS ヘルス

【WMT】ウォルマート

【WBA】ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス

【MDLZ】モンデリーズ・インターナショナル

【COST】コストコ

 

ウォルマートやコストコ等の小売業も、生活必需品セクターに組み込まれている事は要注意。

 

生活必需品売上高ランキング第一位はスイスにあるネスレです。

残念ながら日本在住の場合は投資がしにくいのが実情です。

コカ・コーラKO(米国株)の紹介:配当王銘柄・炭酸飲料から脱却中
コカ・コーラ株 KOは、炭酸飲料を主体としたアメリカを代表する企業の一つである。ボトリング事業の再フランチャイズ化を促進し、コスト削減を推し進めている食品・飲料メーカーである。 50年以上連続増配の歴史を有し、配当王銘柄かつ高...

 

>>>生活必需品セクターの連続増配12銘柄

 

ヘルスケアセクター Health Care

【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン

【PFE】ファイザー

【MRK】メルク

【GILD】ギリアド・サイエンシズ

【AMGN】アムジェン

【BMY】ブリストル・マイヤーズ スクイブ

【UNH】ユナイテッドヘルス・グループ

【MDT】メドトロニック

【ABBV】アッヴィ

 

ヘルスケアセクターは欧州企業が目立ちます。

製薬企業売上ランキング2014第一位は、スイスのノバルティスでした。

ちなみにノバルティスはADRとして、マネックス証券で取引可能です。

>>>VHTはヘルスケアセクターへの投資にお手軽・便利なETF

 

公益事業セクター Utilities

【DUK】デューク・エナジー

【NEE】ネクステラ・エナジー

【SO】サザン・カンパニー

【D】ドミニオン・リソーシズ

【AEP】アメリカン・エレクトリック・パワー

【PCG】パシフィック・ガス&エレクトリック・カンパニー

 

このリストにはノミネートされていないが、配当貴族であるコンソリデーテッド・エジソン【ED】はしっかり覚えておきたいです。

公益セクターを代表する銘柄だと思います。

 

>>>インカムゲイン投資家必見、配当貴族指数とは何か?

情報技術セクター Information Technology

【APPL】アップル

【GOOGL】アルファベット

【MSFT】マイクロソフト

【FB】フェイスブック

【INTC】インテル

【V】ビザ

【CSCO】シスコ

【IBM】アイ・ビー・エム

【ORCL】オラクル

【MA】マスターカード

 

情報技術セクターにはFAAMGなど今をときめく銘柄が並んでいます。

また、クレジットカード会社であるビザやマスターカードは、金融セクターではないので気を付けたいです。

AI・人工知能関連のおすすめ6銘柄 アメリカ株編
AI関連銘柄に注目が集まっています。 人工知能という言葉を聞かない日はありません。 そのくらい身近になっている。 人工知能とはもやは日常なわけです。 株式市場でも人工知能、AIが介入しているというニュ...

>>>QQQはナスダック100連動のETF、株価・配当金は?

 

資本財セクター Industrials

【GE】ゼネラルエレクトリック

【MMM】スリーエム

【UTX】ユナイテッド・テクノロジーズ

【BA】ボーイング

【HON】ハネウェル・インターナショナル

【UP】ユニオン・パシフィック

 

>>>防衛関連銘柄の中から、アメリカ株の5銘柄に注目

エネルギーセクター Energy

【XOM】エクソン・モービル

【CVX】シェブロン

【SLB】シュルンベルジュ

【COP】コノコフィリップス

【OXY】オクシデンタル・ペトロリウム

【PSX】フィリップス66

 

電気通信セクター Telecommunication

【T】AT&T

【VZ】ベライゾン

【LVT】レベル3 コミュニケーションズ

【CTL】センチュリーリンク

【SBAC】SBAコミュニケーションズ

【TMUS】

 

ボーダフォンVODはイギリス高配当株、株価・配当金のまとめ
ボーダフォン・グループ VODはイギリスに本社をおく多国籍携帯電話事業会社である。通信化会社=高配当銘柄という図式はイギリス株でも成り立つ。 比例顧客数はチャイナモバイルに次いで第2位、売上高ランキングでは世界第7位だ。 ...

 

一般消費財セクター Consumer Discretionary

【AMZN】アマゾン

【HD】ホーム・デポ

【DIS】ウォルト・ディズニー

【CMCSA】コミュキャスト

【MCD】マクドナルド

【SBUX】スターバックス

【NKE】ナイキ

 

一般消費財セクターには、日本でも馴染み深い企業が並んでいます。

 

アマゾン AMZNの株価・配当金・業績まとめを、リスク分析と共に
アマゾンが米国スーパーマーケット第十位のホール・フーズ・マーケット【WFM】を買収すると2017年に発表しました。 店舗型スーパーマーケット参入とは、これまでのアマゾンの戦略とは趣が異なります。 アマゾン【AMZN】はグ...

 

金融セクター Financials

【WFC】ウェルズファーゴ

【JPM】JPモルガン・チェース

【BAC】バンク・オブ・アメリカ

【BRK】バークシャー・ハサウェイ

【C】シティグループ

【AIG】アメリカン・インターナショナル・グループ

【USB】USバンコープ

【GS】ゴールドマン・サックス

【AXP】アメリカン・エキスプレス

 

アメックス【AXP】は金融セクターですが、ビザとマスターカードは情報技術セクターに分類されます。

この違いを理解できない場合には、金融セクターへの手出しは難しいかもしれないですね。

それならばバフェット率いるバークシャー株への投資が良いと思います。

 

参考バフェットの現金比率、バークシャーからの3つの学び

 

バークシャー・ハサウェイ BRK.B銘柄分析とリスク
ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイ。 更にバフェットの右腕+左脳であるチャーリー・マンガ―が副会長として君臨している。 投資リターンは比類なき結果をもたらしている。 今回はそのバークシャー・ハサ...

 

素材セクター Materials

【DD】デュポン

【DOW】ダウ・ケミカル

【MON】モンサント

【LYB】ライオンデバセル・インダストリーズ

【ECL】エコラボ

 

米国株 注目の51銘柄
米国株(アメリカ株)の注目株 アメリカ株は注目株が沢山ありますよね。 成熟した米国市場ですし、世界的にも有名な企業が多数上場していますから。 たとえばNYダウ30工業銘柄、FAAMG・AI関連銘柄などの成長株、さら...

 

スポンサーリンク

まとめ:11セクターのおすすめ米国株

世界一の超大国アメリカを代表する企業はどれも魅力的です。

各セクター・業種でも世界トップの銘柄ばかりがならんでいました。

このような米国企業へ投資する事は、世界への投資とほぼ同じであるといえます。

 

せっかくなのでこの機にアメリカ株への投資を検討してはいかがですか?

ちなみに私はマネックス証券を活用中。

 

以上、「米国株は11セクター、業種別の代表銘柄リスト」でした。

 

マネックス証券の口座開設はこちらからどうぞ、サクッと簡単な手続きですよ。

 

参考おすすめETFに投資をしよう、S&P500連動ETFの比較結果は?

参考アメリカ株の買い方~マネックス証券編~

 

■アメリカ株の関連記事紹介

米国株がおすすめな6つの理由

アメリカ株(米国株)の6つのメリット
米国株投資には日本株にはないメリットがたくさんあります。 米国株投資のメリット 米国株価の力強い上昇 人口が増えている 時価総額上位に新規企業があり、イノベーションが絶えず起きている 株で運用が当た...

 

アメリカは世界平均より優れた投資パフォーマンス

世界の株式投資リターン:株式利回り国別ランキング
株式投資における国別リターンを比較してみます。 1900年~2012年のアメリカ市場は第3位にランクインしています。 世界ランキングで第3位の米国株式は資産運用で外せないですね。 しかし投資をする上では、地域分散が...

 

おすすめ米国株といえばまずはシーゲル銘柄が思い浮かぶ

シーゲル銘柄は、米国株の運用成績ランキングトップ20
シーゲル銘柄とは、米国株の運用成績ランキングトップ20 ジェレミー・シーゲル著株式投資の未来には、1957年~2003年迄のリターン上位20銘柄が記載されています。 黄金銘柄とよばれる企業。 とても参考になります。 ...

コメント

  1. 読者 より:
    • はちどうきゅうどう より:

      読者さん、
      Google finance とYahoo finance で、セクター分類が異なるようですね。
      今回は、バンガード社のセクター別ETFを参考に代表銘柄をピックアップしてます。
      セクター分類はある程度の目安、っていう感じで考えてます。

  2. 坊ちゃんかぼちゃ より:

    こんにちは
    株に関して永遠の初心者で終わってしまいそうですが、ビザとマスターカードについて
    ビザとマスターカードは、銀行にカードを発行するシステムを提供しているだけで、貸し倒れが生じてもそれを負うのはカードを発行している銀行になります。
    アメリカンエキスプレスは、銀行としてカードを発行しています。貸し倒れは引き受けなければなりません。

    • はちどうきゅうどう より:

      坊ちゃんかぼちゃさん、
      ありがとうございます。
      銀行としてカードを発行しているか否か が決定的に違う、という事ですね。勉強になりました。ありがとうございます。

      尚、私は株に関しての素人であってもアメリカ株投資ならば成功する! という仮説を自分の投資によって立証しようとしています。
      これからもよろしくお願いいたします。

  3. 玄徳 より:

    はちどうきゅうどうさん

    初めまして、「雪だるまつくろう?米国債&米国株で配当再投資」という、しがないブログをやっている玄徳と申します。以前より、ちょくちょく来させていただいています。読みやすいスタイルのブログで、いつも羨ましく思っています。

    私は、できるだけ各セクターに偏りすぎないように気をつけようと思っているのですが、はちどうきゅうどうさんは、ここら辺のアロケーションについては気をつけてますか?

    • はちどうきゅうどう より:

      玄徳さん、
      こんにちは、初めまして。
      コメントいただきありがとうございます。
      ブログ、少し拝読しました。配当貴族銘柄を中心とした配当成長投資を実施されてらっしゃるのですね。
      私も同じコンセプトなのでFeedly登録いたしました。

      さて、ご質問頂いたセクターアロケーションについてですが、基本的にはシーゲル教授のデータを元に検討しています。
      ですので、生活必需品およびヘルスケアセクターをメインに考えており、この二つで50%程度にしたいと思っています。
      それ以外のセクターは割合を決めておらず、なんとなく分散している というのが現状です。