【米国株】高配当ETFの6銘柄、セクターを比較

米国株の高配当ETFが気になる

米国株投資をしていると、グロース銘柄はもちろんですが高配当株にも興味が出てきます。

なにせ米国株には優良銘柄が多数ありますからね。

本記事では高配当ETF6銘柄について

  • 組入れセクター比率
  • 運用資産総額
  • 信託報酬からみる、おすすめ高配当ETF

を比較していきます。

スポンサーリンク

米国株の高配当ETFの構成セクターの違い:VIG・VYM・DVY・SPD・HDV・SPYDの6銘柄

米国高配当ETF6銘柄の組入れセクター比率 2018年10月版

【米国株】高配当ETFの構成セクター比較

【米国株】高配当ETFの構成セクター比較、データソース:etfdb.com

米国株の高配当ETFを比べると、構成セクターの違いに驚きます。

一言で高配当ETFといっても、実はその中身は異なっているのですね。

 

そしてETFのメリットとして、商品内でリバランスをしてくれることが挙げられます。

2019年4月時点における、高配当ETFの構成セクター割合もチェックしておきましょう。

米国株の高配当ETF6銘柄;組入れセクター比率 2019年4月版

米国株配当系ETFの構成セクター割合比較.2019.05 、データソース;etfdb.com

米国株配当系ETFの構成セクター割合比較.2019.05 、データソース;etfdb.com

米国高配当ETFの構成セクターは、経時的に移り変わっています。

とはいえ各々のETFにおける特徴はつかめますね。

【米国株】配当ETFのセクター概要

  • VIG:資本財セクター多め
  • VYM:バランス良いが金融セクター多め
  • DVY:公益事業セクター多め
  • SDY:バランス良いが生活必需品・資本財セクター多め
  • HDV:エネルギー・ヘルスケア・生活必需品に偏りあり
  • SPYD:不動産・公益事業セクターに偏りあり

金利上昇局面に強い米国株の高配当ETFは、VYMかもしれない

 

金利上昇に強いといえば、金融セクターがあります。

金融セクターは、預金者のお金をより高い金利で企業に貸し、その利ザヤが稼げます。

ですから長期金利が高いほど、利ザヤが大きくなるので金融セクターは有利になりますね。

 

しかしながら高配当株は金利上昇局面に弱い傾向があります。

困ったものですね。

 

金利上昇局面であえて米国高配当ETFを選ぶなら、VYMが良さそう。

VYMは金融セクターの割合が大きいからです。

将来のことは分かりませんが、高配当ETFを購入するならVYMが手堅いのだと思います。

スポンサーリンク

米国株の高配当ETFの運用残高ランキング

2018年10月~19年4月にかけて、米国株配当ETFの中ではVIGの成長が著しいようです。

  • VIG 304億ドル → 342億ドル
  • VYM 222億ドル → 238億ドル
  • DVY 173億ドル → 176億ドル
  • SDY 160億ドル → 189億ドル

米国株高配当ETFの運用資産総額の比較 2018年10月

順位SymbolNameAUM
23VIGバンガード・米国増配株式ETF$30,460,276.37
33VYMバンガード・米国高配当株式ETF$22,245,616.28
43DVYiシェアーズ・好配当株式ETF$17,375,796.39
47SDYSPDR S&P 米国高配当株式ETF$16,076,299.23
96SCHDシュワブ・米国配当株式ETF$8,221,188.30

2018年10月5日時点

米国株高配当ETFの運用資産総額の比較 2019年4月

順位シンボル名前運用残高
21VIGバンガード・米国増配株式ETF34,232,106
29VYMバンガード・米国高配当株式ETF23,811,999
45SDYSPDR S&P 米国高配当株式ETF18,917,983
48DVYiシェアーズ・好配当株式ETF17,567,038
N/AHDViシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF7,139,800
N/ASPYDSPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF1,577,900

2019年5月時点

 

米国株ETFの運用残高上位100銘柄のうち、”Dividend”と名前の付くETFをリストアップしています。

配当ETFの人気ランキングといっても過言ではありません。

 

注目したいのは、日本で人気が高い【HDV】がランク外となっていること。

設定が2011年と、日が浅いからなのかもしれません。

それでも世界ではHDV以外の高配当ETFが選ばれている事実は知っておきたいです。

スポンサーリンク

米国株高配当ETFの株価をチェック

それぞれ、米国高配当ETFの株価とセクター比率を確認していきます。

セクター比率は2018年10月時点のものを転記しました。

VIGはバンガード米国増配株式ETF

finviz dynamic chart for  VIG
セクターVIG
資本財28%
生活必需品17%
ヘルスケア14%
情報技術13%
一般消費財11%
金融8%
素材5%
公益事業3%
エネルギー0%
その他0%
電気通信0%
不動産0%

 

連続増配記録が10年以上の銘柄を集めたETFがVIGです。

配当利回りはそれほど高くないですが、将来の分配金がどんどん増えていく可能性を秘めています。

かつて私は一般NISA口座でVIGを購入していました。

今でも保有しているので、定期的に分配金を受け取っています。

VYMは高配当ETFの代表

finviz dynamic chart for  VYM

 

セクターVYM
金融16%
生活必需品14%
ヘルスケア14%
資本財11%
情報技術11%
一般消費財7%
公益事業7%
電気通信5%
素材4%
その他1%
エネルギー0%
不動産0%

 

バンガード社の低コストETFのひとつ。

インカム投資家から人気が高い米国株の高配当ETFです。

高配当なだけではなく、10年間の分配金推移をみるとしっかりと増配傾向が見て取れます。

私もVYMは好きで、米国株ポートフォリオのコアに据えています。

DVYは高配当ではなく好配当なETF

finviz dynamic chart for  DVY

 

セクターDVY
公益事業30%
一般消費財15%
エネルギー12%
金融9%
生活必需品7%
素材7%
資本財6%
情報技術6%
ヘルスケア4%
電気通信4%
その他0%
不動産0%

 

公益事業セクターの割合が大きい事が特徴です。

設定が2003年であり運用残高が大きく、人気の高配当ETFとなっています。

一方で信託報酬が0.39%と、他の米国株・高配当ETFより高めなのが気になります。

SDYはS&P500を対象とした高配当ETF

finviz dynamic chart for  SDY

 

セクターSDY
生活必需品16%
資本財15%
金融14%
公益事業11%
一般消費財10%
素材9%
ヘルスケア7%
不動産7%
電気通信4%
エネルギー3%
情報技術3%
その他2%

 

S&P1500のうち、20年以上連続して増配している高配当な60銘柄から成り立っています。

不動産セクターも組み入れられており、セクター割合のバランスは良好です。

HDVは日本で人気のシーゲル高配当ETF

finviz dynamic chart for  HDV

 

セクターHDV
エネルギー23%
ヘルスケア21%
生活必需品20%
その他9%
公益事業8%
資本財7%
電気通信7%
一般消費財5%
情報技術5%
金融2%
素材1%
不動産0%

 

シーゲル銘柄を多く含む高配当ETFです。

エネルギー・ヘルスケア・生活必需品セクターに寄せています。

保有銘柄数は75程度と、それほど多くはありません。

SPYDは不動産セクターが多めの高配当ETF

finviz dynamic chart for  SPYD

 

セクターSPYD
不動産23%
公益事業21%
一般消費財12%
エネルギー9%
生活必需品9%
情報技術6%
金融6%
ヘルスケア4%
電気通信4%
資本財3%
素材2%
その他0%

 

2018年になり、インターネット証券経由で日本でも購入できるようになりました。

S&P500構成銘柄のうち、高配当な80銘柄の均等加重なETFです。

設定は2015年と、それほど日が経っていません。

 

 

スポンサーリンク

米国株高配当ETFのおすすめは、信託報酬が低いVIG、VYM、HDV、SPYD

米国株配当系ETFの信託報酬比較.2019.05

米国株配当系ETFの信託報酬比較.2019.05

配当系ETFの信託報酬を比べると、大きな違いが見られます。

指数に連動するETFでは、低コストの方が望ましいですね。

信託報酬が安い、配当系ETF

  • VIG
  • VYM
  • HDV
  • SPYD

 

本記事で紹介したように米国高配当ETFといっても、比較したら中身が違う事に気がつきます。

ですから自分の好みに合ったETFを選んで投資をしたいですね。

まぁ、アセットという視点ではいずれも「米国株式」なので大きな差はないのでしょうが。

 

ちなみに私は、VYMとHDVが好みです。

そしてVIG、VYM、HDV、SPYDを保有しています。

 

以上、【米国株】高配当ETFの6銘柄、セクターを比較でした。

コメント