米国株投資、おすすめ証券会社を比較

アメリカ株(米国株)の取引でおすすめの証券会社はどこなのでしょうか?

私はマネックス証券推しです。

手数料、取扱い銘柄数、使い勝手(注文方法)の3つのメリットが理由です。

 

本記事では証券会社を比較し、米国株投資をする際のポイントをまとめて紹介していきます。

 

おすすめの証券会社はどこなのか、米国株で資産運用をはじめたいと思った時に知っておきたいですね。

 

米国株取引の証券会社の比較

  • 使い勝手はどうなのか
  • 売買手数料の差はあるのか

 

まずはじめに、米国株投資では手数料・コストの面で圧倒的にインターネット証券が有利。

ですので本記事ではネット証券に注目して比較していきます。

スポンサーリンク

米国株(アメリカ株)おすすめ証券会社ランキング

私は米国株投資が可能な3つのインターネット証券会社に口座をもっています。

そのなかでアメリカ株投資をするならば以下のランキングとしています。

 

米国株取引の証券会社、おすすめランキング

 

マネックス証券がおすすめな理由は何でしょうか?

 

それは3つの点を比較しておすすめできると考えているからです。

 

米国株投資をする証券口座選びのポイント

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

 

米国株投資でおすすめな証券会社を一つずつみていきましょう。

 

スポンサーリンク

米国株取引は、マネックス証券がおすすめな3つの理由

米国株の取引手数料が安い証券会社がおすすめ

証券会社売買手数料為替手数料
(1ドル両替毎)
SBI証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
SBIネット銀行で0.04円
マネックス証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
楽天証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円

 

海外株・米国株の売買手数料を比較表です。

アメリカ株取引手数料では、3インターネット証券3社ともに大きな差はありません。

2017年にSBI証券楽天証券が手数料値下げを実施したからです。

 

一方で為替手数料に目を向けてみましょう。

 

するとSBIネット銀行との連携によるSBI証券のメリットが際立ちます。

為替手数料をふくめて考えると、米国株取引にかかるコストはSBI証券が最安値となります。

 

アメリカ市場は世界で最も成熟しており、投資先進国。

最近では日本からアメリカ株投資をする環境が整ってきています。

そのような背景があり、日本の個人投資家からも米国株投資の人気は高いです。

 

インターネット証券間での米国株投資の競争原理が働いています。

そのせいもあり米国株取引コスト競争が激しくなってきています。

 

2017年末時点の米国株取引手数料を比較すると、SBI証券が安い。

それでも今後はどうなるか分かりません。

 

たとえば少し前までは米国株投資といえば取引手数料の観点からマネックス証券一択でした。

ところがいまはインターネット証券3社が横並び。

個人投資家には嬉しいニュースです。

 

米国株の取扱い銘柄数が多い証券会社がおすすめ

証券会社取扱い銘柄数
SBI証券1,381
マネックス証券3,394
楽天証券1,302

 

米国銘柄を多くそろえているという点では、マネックス証券が有利です。

マネックス証券は米国株投資への取り組みを早くから実施していました。

外国株投資の特定口座への対応も早かった。

 

マネックス証券は、アメリカ株投資を日本に普及させた第一人者といえるでしょう。

 

しかしながら超優良企業や、日本でもよく知られている企業への投資をするのならばそれほど気にならない差ではあります。

つまりインターネット証券3社で米国株取引をすれば、ほとんどの銘柄への投資は可能であるといえます。

 

それほどまでにアメリカ株投資をする環境が日本で整ってきたのです。

米国株投資に注目が集まるわけですね。

 

米国株の注文方法は、投資を長く続ける上で重要視したい

証券会社時間外取引指値日数注文方法
SBI証券×15日成行・指値
マネックス証券あり90日成行・指値逆指値

ツイン指値等

楽天証券×当日成行・指値

 

マネックス証券の逆指値や90日の指値日数はとても魅力的。

深夜にわざわざ注文をせずにすむからです。

この点はサラリーマンやお昼に仕事をしている人には大きなメリット。

 

私はSBI証券・楽天証券・マネックス証券のいずれにも口座を保有しています。

その中で米国株投資はマネックス証券でおこなっています。

 

使い勝手という面で、マネックス証券に軍配があがるからです。

 

アメリカ株投資は今後もマネックス証券で続けていく予定。

>>米国(アメリカ)株の買い方が変わる、マネックス証券が円貨決済へ

スポンサーリンク

米国株(アメリカ株)投資は、ネット証券が断然おすすめ

ネット証券の口座数ランキング

ネット証券の口座数ランキング,2017年3月度

 

ここで視点をちょっと移します。

インターネット証券では、いったいどの会社が大手なのでしょうか?

口座数ランキングを概算で示すとご覧の通りです。

 

インターネット証券会社口座数ランキング

会社名口座数概算
SBI証券383万
楽天証券225万
マネックス証券146万
松井証券109万
カブコム証券105万
GMOクリック証券31万
岡三オンライン証券13万

 

SBI証券のシェアが際立っています。

しかしながらアメリカ株投資がどのインターネット証券でも可能なわけではありません。

 

前述のとおり、日本で米国株へ投資ができるのはインターネット証券は、3つしかないのです。

 

 

スポンサーリンク

米国株(アメリカ株)取引ができるインターネット証券会社は3社だけ

インターネット証券の中で、アメリカ株投資に対応しているのは3社のみ。

 

米国株取引におすすめな証券会社ランキングといっても、3つしか選択肢がないのです。

この3つのインターネット証券経由で、日本からは米国株投資の多くが取引されています。

 

つづいて個人投資家に人気のある証券会社ランキングをみていきましょう。

スポンサーリンク

米国株投資の証券会社:人気ランキング~個人投資家編~

個人投資家が米国株投資に主につかっている証券会社、N=553 出典:米国株とソーシャルレンディングで目指せ配当金生活

 

 

TwitterでNadiaさんが米国株取引をしちえる個人投資家に実施したアンケート結果です。

回答者数は553 と大規模なものです。

 

米国株個人投資家が使っている人気の証券会社ランキングはこのような結果となりました。

 

口座数ランキングでは楽天証券の後塵を拝していたマネックス証券。

しかしながら米国株投資家へのアンケートでは、SBI証券に続いて第2位にランキングアップしています。

 

個人投資家では、マネックス証券で米国株投資をしている人がおおいのでしょう。

 

公式サイトはこちら→マネックス証券

スポンサーリンク

米国株(アメリカ株)おすすめは、マネックス証券

米国株取引におすすめの証券会社ランキング

おすすめ証券会社コメント
No.1マネックス証券米国株取引に 最適
No.2SBI証券為替手数料Good
No.3楽天証券見やすさ抜群

 

私は3社に証券口座を保有しています。

そして3つの観点からアメリカ株取引は主にマネックス証券を使っています。

 

米国株投資にマネックス証券を使う理由

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

【詳細:米国株の買い方(マネックス証券編)

 

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。

米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いている。

もしアメリカ株投資に興味をもったら、口座を開いておくのがいいですね。

 

公式サイトはこちら→マネックス証券

 

関連記事の紹介です

米国株投資には魅力がたっぷり

アメリカ株(米国株)の6つのメリット
米国株投資には日本株にはないメリットがたくさんあります。 米国株投資のメリット 米国株価の力強い上昇 人口が増えている 時価総額上位に新規企業があり、イノベーションが絶えず起きている 株で運用が...

 

米国株の買い方はこちら

米国株(アメリカ株)の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説
アメリカ株(米国株)の買い方を覚えておきたい理由 米国株の買い方を覚えておきたいです。 アメリカ株への投資は日本においてどんどん加速していくと思うからです。 特定口座対応がされ、税金対応の手間が省ける 米国株投資は世界の...

 

米国株取引手数料が下がり、特定口座対応するなど投資環境が整ってきています

米国株投資の特定口座・手数料を比較
米国株投資(アメリカ株)は、特定口座対応が当たり前の時代に 米国株の投資環境が整ってきています。 インターネット証券の3社(マネックス証券、SBI証券、楽天証券)において、サービスが横一線になってきているのです。 ...

コメント

  1. 匿名 より:

    マネックス証券の90日指値は、先々までできてよさそうですが、そもそも3か月先というのは、かなりの水準さがることが予想されます。3%下値でさしておいて、10%超の下落でもあれば、たまったものではありません。高値買いの危険があります。日々の株価を気にせずにいたいのに、気にする必要があります。また、5%とか10%の下値の指値をすると、本来の目的である約定がなかなかできずに、5%の高値方向にかい離したりということがあります。どうも、この90日というのは、ボラタリティの高い指値業ですね。2週間程度で0.5%から1%の下げで買うか、為替変動の0.2%くらいは簡単に起こりえますので、いっそのこと、成り行き注文の方がよさそうですが。
    相場をよしくした投資よりも、必要額たまればひたすら購入する方が、余計な要素がなくていいように思います。