スポンサーリンク

ブリストル・マイヤーズの銘柄分析、株価はオプジーボ次第【BMY】

ブリストル・マイヤーズスクイブ BMYとは日本ではあまり知られていないが米国製薬大手かつシーゲル銘柄である優良企業なのだ。私も株主であるのでBMYの銘柄分析をしておく。

スポンサーリンク

ブリストル・マイヤーズ スクイブとは

ブリストル・マイヤーズ スクイブBristol-Myers Squibb、略称:BMS、NYSE:BMY)は、ブリストル・マイヤーズ社 (Bristol-Myers Company) とスクイブ社 (Squibb Corporation) が合併して1989年に設立されたアメリカの医薬品会社である。

抗生剤・抗腫瘍薬・HIV治療薬に有力な製品群を持っており、一般には「バファリン」(解熱鎮痛剤)シリーズが広く知られている。

ウィキペディアより

ティッカーシンボルは【BMY】

ところが業界では通称、BMS(ビーエムエス)と呼ばれている。

医薬品企業売上ランキング 2014年をみると、世界第15位に位置している。

日本の武田薬品よりやや売上高は小さく、アステラス製薬より少し多い程度。

米国製薬準大手といったところだ。

参考医薬品企業売上ランキング 2014年

BMYのリターン

売上高では準大手クラスの【BMY】であるが株式投資のトータルリターンでは抜群の成績をおさめている。

1957年~2012年における米国個別株トータルリターンの第5位に君臨している。

年率換算で14.40%ものリターンをたたき出した歴史を有する超優良株なのだ。

いわゆるシーゲル銘柄である。

それではこのブルーチップがどんな会社なのかを一緒に見ていきましょう。

参考シーゲル銘柄-過去リターン上位Top20銘柄-

ブリストル・マイヤーズ新薬開発の効率性

意訳すれば

科学の面でトップ走ります

  • ファーストインクラス(同じような薬の中で一番最初に発売する)の薬剤、開発品
  • ベストインクラス(同じような薬の中で一番良いデータを有する)の薬剤、開発品
  • 開発品の75%は抗体医薬品

自身に満ち溢れた書きっぷり。

ブリストル・マイヤーズは優れた開発品(世の中に出る前の段階で臨床試験中の化合物)を有する事が伺える。

新薬の承認取得数は多く、業界平均以上です

  • 2011~13年:5.3回
  • 2012~14年:5.7回
  • 2013~15年:8.0回

年代が重なっているのが気になるところ。

とはいえ、年間で5-8個の承認取得をしている実績は素晴らしい。

いままさにノリにノッテいる様子がうかがえる。

効率よく新薬開発していますよ

  • 年間40億ドルもの開発費を投じている

開発費用はどの製薬企業も大げさに表記することが多い。

結局はいくら開発費用を使ったのか、ではなくどれだけの良い薬剤を世の中に出せるのか、が勝負の分かれ目となる。

ある一定以上の規模を有するヘルスケアセクター銘柄ならば、私はこの金額はあまり気にしないことにしている。

主力製品の力強い成長【2016年】

  • オプジーボ(抗がん剤) :+300%以上
  • ヤーボイ(抗がん剤)  :-7%
  • エリキュース(抗血栓薬):+80%
  • オレンシア(抗リウマチ薬):+20%
  • スプリセル(抗がん剤) :+13%

ブリストル・マイヤーズスクイブの主力製品は2016年に順調に伸長した。

ここで再注力されているオプジーボの競合製品をちょっと覗いてみよう。

オプジーボの競合状況

【BMY】の主力製品、オプジーボの非小細胞性肺がんにおける競合会社の状況を示している。

競合会社をみてみると

  • 【BMY】ブリストル・マイヤーズスクイブ
  • 【MRK】メルク
  • 【RHHBY】ロシュ・ホールディングス
  • 【AZN】アストラゼネカ
  • 【PFE】ファイザー

いや~ 揃いも揃ったり、ヘルスケアセクターの雄ばかり。

いずれの会社の株も欲しくなる。

それほどの企業が競合として存在しているということは、今後厳しい環境にさらされると予想できる。

このような状況のなか、【BMY】は下記セグメントすべてで臨床試験を実施している事をアピールしている。

  • 腫瘍免疫療法単剤
  • 腫瘍免疫療法併用
  • 腫瘍免疫療法+化学療法
  • 腫瘍免疫療法併用+化学療法

オプジーボを軸にして他の薬剤と併用する方法を幅広く探っているようだ。

BMY ブリストル・マイヤーズスクイブの業績

株価指標

2017年9月29日
ティッカー BMY
株価 63.01
PER 22.96
EPS 2.74
配当 2.48%
配当性向 56.93%
配当月 2/5/8/11月
増配年 8
増配率(5年) 2.9%
増配率(10年) 3.1%
β 1.18

BMYとはシーゲル銘柄である。つまりインカムゲインとキャピタルゲインを合わせたトータルリターンに優れた歴史を有する。

ところが増配率をみると一桁の低値であり多くは望めない。配当金が増えることよりも株価上昇に期待を寄せた方が良い銘柄だ。

直近10か月のBMYの株価チャートはこちら。

finviz dynamic chart for  BMY

売上高と利益率

BMYの売上高推移

青色の売上高をみると、2012~2014年にBMYのパテントクリフがあったとわかる。

2012年に世界トップクラスの売上をほこった抗血小板薬プラビックスの特許が切れたのだ。

2015年からはオブジーボなどの抗がん剤によって売上は復調している。

キャッシュフロー

BMYのキャッシュフロー推移

売上げ同様に2012年のプラビックスの特許切れの影響が顕著にみられる。

ヘルスケアセクター銘柄がディフェンシブと言われるのはパテントに守られている期間だけであることには注意を要する。

BMYの配当金推移

BMYの配当金推移

青色のEPSはかなり凸凹がみられる。一方のオレンジ色配当金は堅調に増えている。

配当性向が100%を超えることもあり注目しておきたい。

BMYに投資する際のリスク

製薬会社への投資リスクと同様だ。

  • 新薬開発の失敗
  • 保険償還の見直し
  • 薬価引き下げ

ここに追加してBMYには特殊なリスクが存在する。強力なパイプラインを有しているがゆえに、その臨床試験結果次第で株価や将来の利益が大きくブレる可能性がある。

つまりBMYの株価は腫瘍免疫薬であるオプジーボの第3相試験結果次第ということだ。とくに非小細胞性肺がんに対するデータには要注目である。

BMYに対する私見

ブリストル・マイヤーズスクイブ BMYとは、投資するのにメリットを有する。

いまの株価は高くみえるが、配当利回りが2%後半になったときには買い増しを検討したい。

See you!

著者はBMY株を保有しています。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者に株のBMY投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

■ヘルスケアセクターの関連記事紹介

世界最大の製薬会社はファイザー

高配当利回りで有名なGSK

ヘルスケアセクターには優良株が多い

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    はちどうさん、こんにちは。ゆうたろうです。

    このセクターは、ギリアドを所有しているのですがイマイチです。
    BMYは、値段的にも良さそうですね。
    自己判断で、はちどうさんに、のってみます。

    • はちどうきゅうどう より:

      ゆうたろうさん、
      こんにちは。お久しぶりです。
      ギリアドはC型肝炎薬による最大瞬間風速が強かったですもんね。
      BMYは私も追加購入狙ってます。配当利回り3%以上をひとつの目安にして。

  2. ゆうたろう より:

    はちどうさん、こんにちは ゆうたろうです。
    月曜日に56ドル15株で参戦しました。
    ゆっくり楽しみたいと思います。

    • はちどうきゅうどう より:

      ゆうたろうさん
      こんにちは。
      さっそく購入されたのですね。有言実行。すごいです。
      じっくり噛めば味の出る銘柄でしょうから、長い目で見るといいかもしれないですね。