VYMとは、米国高配当株のETF

VYMは米国株の高配当を対象としたETF。

しかも構成銘柄数は400を超えるという広く分散されたETFです。

つまり米国高配当株にまるっと投資できるETFがVYMといえます。

 

VYMは配当金好きな投資家に人気なおすすめのETF。

おまけにバンガード社の商品であり信託報酬が安いというおまけ付きです。

スポンサーリンク

【VYM】「バンガード・米国高配当株式ETF」の銘柄紹介

編集
ティッカーVYM
名称バンガード・米国高配当株式 ETF
ベンチマークFTSE High Dividend Yield
特色米国の大型株の内、配当利回りが市場平均を上回る約400銘柄を組み入れ。
信託報酬0.08%
設定日2006年
純資産総額309億米ドル
10年トータルリターン12.25%/年
分配金支払い月年4回(3・6・9・12月)
分配利回り3.5%
更新日2019年1月14日

 

【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFの運用総額

世界ETF運用残高ランキングをみると、VYMは中堅クラスのETFだとわかります。

運用総額を米国増配株式ETF【VIG】と比べてみましょう。

 

VYMとVIGの運用総額比較

  • 設立時期:VYM ≒ VIG
  • 運用総額:VYM < VIG

 

米国高配当株式 ETF【VYM】よりも増配株式ETFであるVIGの方が運用総額は大きいわけです。

高配当株式ETFはVYMのほかにも優良商品があることが理由のひとつかもしれません。

 

ちなみにETF運用残高ランクの頂点に立つのはS&P500に連動する商品でSPYです。

そして上位にはVOOやIVVといったS&P500連動ETFがならんでいます。

世界における潮流、インデックス投資の王様はS&P500だとわかります。

 

トータルリターンをVYMとS&P500で比較してみると、S&P500の方が優れています。

 

しかしながらVYMの方がより多くの分配金をだします。

つまりインカムゲイン狙いの投資家を対象としたETFがVYMということになります。

さらにその分配金は徐々に増えていくのです。

 

高配当株への分散投資を可能とするETFのメリットはここにあります。

 

スポンサーリンク

【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFの組入れセクター

VYMのセクター別構成比率 2018年11月

VYM 米国高配当株式ETFのセクター組入れ比率

VYM 米国高配当株式ETFのセクター組入れ比率

 

2018年11月末時点では

  1. 金融セクター
  2. ヘルスケアセクター
  3. 生活必需品セクター

が多く組み込まれていました。

VYMの組入れ銘柄比率 2018年11月

VYM 米国高配当株式ETFの銘柄別構成比率

VYM 米国高配当株式ETFの銘柄別構成比率

 

2018年の途中までは、VYMの最大組入れ比率銘柄はマイクロソフト【MSFT】でした。

 

2018年11月末時点では

  1. ジョンソンエンドジョンソン
  2. JPモルガンチェース
  3. エクソンモービル

がトップ3です。

 

VYMは約400銘柄で構成されていますが、上位10銘柄で27%を占めています。

 

マイクロソフトがトップ銘柄だった時の記録を以下に残しておきます。

VYMのセクター別構成比率 2017年6月

引用:バンガード社HP

 

2017年6月時点での構成比率です。

同じ米国高配当株式ETFのHDVと比べると、セクター比率が異なっていました。

HDVはエネルギーセクターが多く、そしてテクノロジーは少ないのです。

【VYM】バンガード・米国高配当株式ETF)の組入れ銘柄比率 2017年6月

引用:バンガード社

 

2017年6月時点における、VYM米国高配当ETFの構成銘柄上位は超有名株ばかりです。

  1. マイクロソフト
  2. ジョンソン・エンド・ジョンソン
  3. JPモルガン
  4. エクソンモービル
  5. ウェルズファーゴ

 

とはいえ上位10社を合わせてもVYM構成比率の30%にしかなりませんでした。

 

スポンサーリンク

【VYM】バンガード・米国高配当株式ETF株価、分配金の推移

VYMの株価チャート 直近10カ月

finviz dynamic chart for  VYM

 

VYMの配当金(分配金)推移

VYM分配金推移

VYM分配金推移

 

リーマンショック後の株価回復期にVYMの分配金は下がりました。

VYMは減配の経験があるETFなのです。

今後、経済危機があるようならば、VYMの分配金は減額される可能性があります。

 

ちなみにリーマンショック前と2016年の分配金を比較すると以下の通り。

VYMの分配金比較

  • 2007年:1.357$
  • 2016年:2.206$

 

VYMの分配金はリーマンショック前とその10年後では+62.6%の増配となっているのです。

 

VYMの分配金、年次推移

西暦分配金
2006年0.175
2007年1.357
2008年1.443
2009年0.888
2010年1.091
2011年1.327
2012年1.593
2013年1.749
2014年1.908
2015年2.149
2016年2.206
2017年2.401
2018年2.649

 

VYMの分配金の比較

分配金生活に向けて:【VYM】米国高配当株式ETFの受取分配金
本記事では、【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFからの受取分配金推移を記録していきます。分配金生活を目指す上で、【VYM】はコアとしていきたいですね。 【VYM】米国高配当株式ETFの受取分配金の推移 2019年9月 20...
VYM(米国高配当株式ETF):分配金と増配率の10年推移
VYMとは高配当利回り株好きならば知らぬ者はいないETF。 低コストで知られるバンガード社が発売している米国高配当株式 ETFです。 2006年に設定されています。 このVYMの分配金や増配率がどのような推移を辿っ...
VYM(米国高配当株式ETF):分配金と増配率の10年推移
VYMとは高配当利回り株好きならば知らぬ者はいないETF。 低コストで知られるバンガード社が発売している米国高配当株式 ETFです。 2006年に設定されています。 このVYMの分配金や増配率がどのような推移を辿っ...
高配当ETFの比較 【VYM】と【HDV】はどっちがおすすめ?
米国株の高配当ETFは数が多くて選ぶのが難しくありませんか? 本記事にたどり着いたあなたは、配当金・インカム好きなことでしょう。 ということで、米国株高配当ETFを比べて、どちらがおすすめ銘柄なのかを比較検討していきます...
スポンサーリンク

【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFへの私見:配当金好きにはメリット大のETF

 

VYMは安定感を求める場合におすすめの米国株ETFです。

高配当利回りであり、配当成長もしっかりと確認できました。

上位の構成銘柄にはブルーチップが並んでいます。

 

VYMとは株主還元に積極的な米国株の良さを色濃く反映した高配当ETFといえます。

配当金好きな投資家にはたまりませんね。

 

スポンサーリンク

VYMに関するまとめ

アメリカ市場にETFで投資をしたいと思ったならばいくつかの選択肢が思い浮かびます。

  • VTIで市場全体に投資
  • IVV、VOO、SPYでS&P500に投資
  • VYMで高配当株に投資
  • QQQで高成長株に投資

 

VYMを考えた場合、ここにブラックロックの高配当ETFであるHDVも加わります。

 

キャッシュフローの確保、配当金を目的とした投資ならばVYMがおすすめです。

アメリカ企業の特徴である株主還元を、VYMを通してしっかりと享受できます。

そう思うので、私はVYMホルダーです。

 

海外ETFおすすめ13銘柄の分配金を比較【2018年版】
【SPYD】S&P 500 高配当株式 ETFの銘柄紹介
【HDV】米国高配当株ETFの銘柄紹介

【VYM】と【HDV】の増配率を比較【2018年版】
米国株高配当ETF6銘柄の構成セクターを比較

分配金生活を目指したポートフォリオの保有株
米国株ETFを使い、分配金狙いのシーゲル流ポートフォリオにした理由

30秒で米国株の高配当銘柄を探す方法
配当金投資における米国株の優位性

コメント

  1. […] VYMの詳細については「アメリカ株でアーリーリタイアを目指す」を運営されているはちどうきゅうどうさんが「VYMとは、米国高配当株のETF」で解説をされているので参考にしてみて下さ […]

タイトルとURLをコピーしました