スポンサーリンク

MSFT マイクロソフトはバリュー・グロースどっち? 株価・配当利回り・増配率

マイクロソフト MSFTとは世界的なソフトウェアメーカーである。

互換性の高さによって業界覇者として君臨している。PC用OSのWindiowやOfficeは世界トップ。

さらにはゲーム機のXbox、小型PCのSurfaceなどのハード機も健闘している。

そしてクラウドサービスAzureやOffice365で成長軌道にのっている。

SNSのリンクトイン買収をするなど今後の戦略にも注目したい。

S&Pの格付けをみると、なんとAAAである。

トリプルエー格付けとはジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)とマイクロソフトのたった2社だけ。

リーマンショック時の歴史から格付けを信頼しきってはいけない。

しかしわずか2社だけのAAAというのは覚えておきたい。

本記事は米国優良株シリーズの一環である。

銘柄分析とまではいかないのだがおすすめアメリカ株のひとつであるマイクロソフト MSFTの企業紹介をしたい。

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】はアメリカを代表する銘柄。 おススメアメリカ株筆頭にあがる。 とにかくすごい。 何が凄いかって? それを3つ挙げてみた。 JNJがお薦めアメリカ株である3つの...

スポンサーリンク

マイクロソフトの事業構成は、ハードだけに留まらない

  • Productivity & Business Processes (31% YTD)
  • Intelligent Cloud (28% YTD )
  • More Personal Computing (49% YTD )

特定のセグメントにカテゴライズできない売上高があるため、合計して100%にはならない。

ここで重要なのはMSFT・マイクロソフトとはパソコン機器やOfficeなどのOSに頼った企業ではないということだ。

Productivity and Business Processesとは、Officeがメイン

  • 法人および消費者顧客向けの「Office」
  • 「Office 365」
  • 「Dynamics」
  • 「Dynamics CRM Online」

Intelligent Cloudとは、アジュールや各種サーバー製品

  • 「Windows Server」
  • 「SQL Server」
  • 「System Center」
  • 「Azure」
  • 「Enterprise Services」などのサーバ製品およびサービス

More Personal Computingとは、Windowsやデバイス類

  • 「Windows」OSのライセンス収入
  • 「Surface」や携帯端末などのデバイス類
  • 「Xbox」などのゲーミング製品
  • 検索

MSFTの地域別売上高は、北米だけに偏っていない

マイクロソフトの地域別売上高、出典:MSFT IR

マイクロソフトはビルゲイツ率いるアメリカ企業である。

ところが事業はすでに世界展開済。

つまりグローバル企業であるのだ。売上高比率をみれば、米国割合は50%を下回っている。

事業構成・地域別売上高ともにバランスよく分散が効いたビジネスをおこなっている

MSFT マイクロソフトの業績・決算

株価指標:MSFTは株価堅調で15年連続増配株

2017年10月3日
ティッカー MSFT
株価 74.26
PER 27.42
EPS 2.71
配当 2.26%
配当性向 57.6%
配当月 3・6・9・12月
増配年 15年
増配率(5年) 16.7%
増配率(10年) 14.8%
β 1.01

MSFTとは2000年~2010年初頭までは株価は低迷していた。

30ドル前後をいったりきたり。

たとえば1999年のドットコムバブル時の最高値を超えたのは2016年になってからである。

リーマンショック前のピーク株価を追い抜いたのも2014年である。

10年以上も停滞していたMSFT株価であるが、2013年以降は右肩上がりにぐんぐんと上昇している。

ビジネスモデルの変革が功を奏し、株主にも認められた結果であろう。

直近10か月のMSFTの株価チャートはこちら。

finviz dynamic chart for  MSFT

売上高と利益率:マイクロソフト売上高は上昇、利益率は下降

マイクロソフトの売上高と利益率推移、出典:MSFT IR

上述の通りMSFTは2010年初頭まで迄は、お先真っ暗な企業であると噂されていた。

OfficeやWindowsなどは無料サービスに代替されると予想されていたからだ。

ところがマイクロソフトの経営者はそんなことは想定の範囲内。

事業の多角化をなしとげ、売上高は右肩上がり。

高収益であったビジネス以外に手を出しているので、利益率は下がっているが目を瞑りたい。

キャッシュフロー:MSFTはお金をうみだすのが得意

マイクロソフトのフリーキャッシュフロー、出典MSFT IR

マイクロソフトのキャッシュフローを見ると、お金を上手に稼いでいるのだとわかる。

いかなる状況であってもしっかりと利益をあげ、潤沢なキャッシュフローをたたき出している。

配当金状況:MSFT投資のメリットは、高い増配率

マイクロソフトの配当金推移、出典:MSFT IR

オレンジ色の配当金推移を見てほしい。

綺麗な右肩上がり。15年連続増配銘柄なのだ。

さらに注目したいのはその高い増配率である。

平均して10%を超える増配を10年以上続けている。

キャッシュリッチな企業が成熟して株主還元をし始めたら、たちまち大きなメリットとなる。

アップルAAPLにも同様の傾向がみられる。

今後、グーグル、アマゾンなどが配当金をだす際にはインカムゲイン投資家から熱い注目を集めるだろう。

MSFTに投資する際のリスク

マイクロソフト株への投資では、競合優位性を保てるのかどうかに着目しておきたい。

主力製品であるWindowsやOfficeなどのOSは、スマートフォンやタブレット端末の浸透により消費者に必ずしも必須とは言えない状況になっている。

インストール率はまだまだ低下するであろう。

一方でWindows10の導入はその低下率を下げ、さらにはMSFTの成長に寄与するかもしれない。

MSFTの成長戦略のひとつにクラウドサービスがありAzureが活躍している。

Azureはクラウドで第2位の地位に至るまでになった。

ところがAmazon Web Servicesとの差はまだまだ大きい。

さらにGoogle・IBM・セールスフォース・オラクルなど多くの競合他社がクラウドの分野で拡大を計画している。

つまり競合他社からのリスクが存在する。

マイクロソフトは2013年にNokiaの携帯電話事業を買収しスマホ事業に参入した。

ところが最近になりポートフォリオを見直し、スマホ事業を縮小している。

ハードウェアサービスをXboxやSurfaceに集中し、アップルやサムスンなど競合ひしめくスマホデバイス事業とは距離を置いた。

しかしながらゲーム機や小型PC分野もまた競合他社が多い。

私見:MSFTはバリュー株でもグロース株でもある

マイクロソフト MSFTとは、日本人にも馴染みある製品群を有するおすすめ米国株のひとつだ。

私は2017年中盤にMSFTを売却してしまったが、売ったのをちょっと後悔している。

  • FAAMGと称されるグロース株代表
  • 株価上昇に期待大
  • 大手で安定業績
  • 連続増配15年
  • 高い増配率

尚、FAAMGとはNASDAQに上場する以下5銘柄をさす。

  • Facebook(FB)
  • アマゾン(AMZN)
  • アップル(AAPL)
  • マイクロソフト(MSFT)
  • アルファベット(GOOG)

グロース株なのかバリュー株なのか人によって言い方は異なるでしょう。

ただし世界有数のブルーチップであることは間違いない。

以上、マイクロソフト MSFTの紹介でした。

See you!

著者はMSFT株を保有していません。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にMSFT株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

■関連記事の紹介

マイクロソフトとアップル、WindowsとMacintosh

AAPL アップルとは、大人気のスマホiPhoneのメーカーである。 カリスマ経営者のS.ジョブズがパソコン開発で起業した。 Macintoshを要して、マイクロソフトと対決する時代が長く続いた。 本記事はダウ平均...

マイクロソフトはAI(人工知能)にも力を入れている

AI関連銘柄に注目が集まっている。 人工知能という言葉を聞かない日はもはや無い。そのくらい身近になっている。先日、将棋の電王戦において佐藤名人がAIに敗北した。 私は将棋についてはほとんど知らない。数多くの指し手...

クラウドや人工知能分野でのライバル企業、Amazonがリアル店舗のスーパーマーケットに参入

アマゾンが米国スーパーマーケット第十位の、ホール・フーズ・マーケット【WFM】を買収すると発表した。 店舗型スーパーマーケット参入とは、これまでのアマゾンの戦略とは趣が異なる。 AMZNはグロース株の筆頭である。アメリカ株に興味...

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがり より:

    最近ではFAANGではなく、FAAMGと呼ばれてるんでしょうか。
    個人的にはネットフリックスよりは、マイクロソフトの方がしっくりきていいですが。