スポンサーリンク

コカ・コーラKOは米国株を代表する配当王銘柄、炭酸飲料から脱却中

コカ・コーラ株 KOは、炭酸飲料を主体としたアメリカを代表する企業の一つである。ボトリング事業の再フランチャイズ化を促進し、コスト削減を推し進めている食品・飲料メーカーである。

50年以上連続増配の歴史を有し、配当王銘柄かつ高配当株として人気度が高い。しかもウォーレン・バフェットのポートフォリオ構成上位銘柄だ。おまけにトータルリターンの優れているバフェット銘柄・黄金銘柄でもある。

本記事は米国高配当株シリーズの一環である。銘柄分析とまではいかないのだがアメリカ高配当利回りのKO コカ・コーラ企業紹介をしたい。

スポンサーリンク

コカ・コーラは飲料・食品の世界ランキング第4位

順位社名総売上高
(百万$)
飲料・食品売上高
(百万$)
1ネスレスイス9215579725
2ペプシコアメリカ6279962799
3アンハイザー・ブッシュ・インベブイギリス4551745517
4コカ・コーラアメリカ4186341863
5JBSブラジル4259538055
6タイソンアメリカ3688136881
7アーチャー・ダニエルズ・ミッドランドアメリカ6234634045
8マースアメリカ3300033000
9カーギルアメリカ10716430000
10クラフトハインツアメリカ2648726487

コカ・コーラ KOとは、飲料・食品メーカーとして売上高ランキング2016で世界第4位のビバレッジメーカーである。

さらに日用消費財の売上高ランキング2015をみると、コカ・コーラは第7位となっている。いずれにせよ巨大企業であることは疑いようがない。

ちなみにFMCGとは、Fast Moving Consumer Goodsの略で飲料、食品、化粧品などの比較的短期間で消費される製品(日用消費財)のことをさす。

  1. ネスレ(スイス)
  2. P&G(米国)
  3. ペプシコ(米国)
  4. ユニリーバ(英蘭)
  5. JBS(ブラジル)
  6. アンハイザー・ブッシュ・インベブ(英国)
  7. コカ・コーラ(米国)
  8. タイソン(米国)
  9. モンデリーズ(米国)
  10. アーチャー・ダニエル・ミッドランド(米国)

コカ・コーラの戦略は選択と集中

コカ・コーラの戦略的アクション、出典:KO IR

コカ・コーラの戦略を意訳するとご覧の通り。

  • コアビジネスに集中
  • 合理化・シンプル化
  • 生産性の向上を促進
  • セグメント毎の売上に集中
  • 精錬されたブランドと成長への投資

いまのKOは、拡大路線ではなく事業見直しフェーズにあるとわかる。

リフランチャイズ化を計画しており、いまも組織改編中

コカ・コーラの事業見直し、出典:KO IR

コカ・コーラはローカルマーケット毎に組織改編を実施中である。

  • ヨーロッパ:済
  • 中国:2017年2Q
  • 日本:2017年2Q
  • アフリカ:済
  • 北米:アメリカは2017年末迄

砂糖・炭酸からのイメージ脱却を計画中

コカ・コーラによる脱砂糖飲料、出典:KO IR

世界各地で健康志向が強まっており、砂糖・炭酸飲料への風当たりは強い。そこでコカ・コーラは不健康のイメージを払拭しようと画策している。

  1. コカ・コーラゼロに集中
  2. 砂糖を減量
  3. 包装単位の小型化、少量パッケージを加速
  4. 内容量のダウンサイジング
  5. 糖類ゼロ・糖類オフ・砂糖不使用製品を加速

コカ・コーラの株主還元は莫大である

コカ・コーラの株主還元、出典:KO IR

コカ・コーラ KOの株主還元は巨額である。

2017年2月時点での株主向けプレゼンテーション資料では3点を強調している。

  • 400億$の株主還元(2012-16年)
  • 55年連続増配の配当王
  • 3.6%の高配当利回り

株主には非常にメリットのある高配当銘柄である。

コカ・コーラ KOの業績

株価指標

2017年9月15日
ティッカー KO
株価 46.18
PER 48.31
EPS 0.96
配当 3.20%
配当性向 154.17%
配当月 4/7/10/12月
増配年 55年
増配率(5年)  8.3%
増配率(10年)  8.5%
β 0.71

コカ・コーラ株といえばバフェット銘柄であり、配当王でもあり高配当銘柄でもある。文句のつけようがない超優良安定株だ。しかしながら配当性向が100%を超えており、たこ足配当となっている点には注意したい。

高い配当利回りを維持できるのか、そして今後の増配が継続できるかどうか、決算毎に注目しておこう。ちなみに配当支払月は4・7・10・12月となっている変則的である。

直近10か月KOの株価チャートはこちら。

finviz dynamic chart for  KO

売上高と利益率

コカ・コーラの売上高推移

KOの売上高をみると、この数年は若干の減少がみられる。営業利益額は確保しているものの、売り上げ鈍化の影響は否めない。

キャッシュフロー

コカ・コーラのフリーキャッシュフロー

KOのキャッシュフローをみると、ディフェンシブ銘柄であると再認識させられる。それでもこの数年は減少傾向がみられる。コカ・コーラのポートフォリオ再編によって、キャッシュフローが改善するかどうかにも注目したい。

配当金状況

コカ・コーラの配当金推移

オレンジ色の配当金支払い額が綺麗な右肩上がりであるのは、連続増配銘柄の特徴である。55年の増配記録をもつ歴史的な企業だ。米国株の代表格である。

KOに投資する際のリスク

コカ・コーラはワイドモートをもつブルーチップである。しかしながら炭酸飲料市場は減少の一途をたどっている。人口増加地域においても、炭酸飲料は好まれなくなっているのだ。

さらに砂糖税・ソーダ税などを導入する地域が出始めている。これはコカ・コーラにとって大きな脅威である。すでにKOは糖類ゼロ飲料水や、非炭酸飲料に舵を切っている。それでも予想を上回るだけの市場減少や、新興国のボラティリティがコカ・コーラ株投資につきまとう。

私見、コカコーラ株はおすすめ米国株といえる

コカ・コーラ KOとは、投資するのに多くのメリットを有する。

  • ディフェンシブな生活必需品セクター
  • 超大手で安定したキャッシュフロー
  • 連続増配銘柄の配当王
  • ダウの犬にも選ばれる高配当株
  • 配当支払い月は四半期毎

安定した高配当利回りであり、インカムゲイン投資家からはいまだに注目度は高いだろう。

一方で低成長であるので大きな株価上昇は期待できなそうだ。ゆっくりとお金持ちになるにはちょうどよい株かもしれない。

しかしながら配当性向の高さは注視しておきたい。

以上、コカ・コーラの紹介でした。

See you!

著者はKO株を保有しています。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にKO株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

関連記事の紹介

生活必需品セクターはディフェンシブであり、連続増配株が多い。

生活必需品セクターの連続増配銘柄をピックアップした。 理由は私のポートフォリオに追加が必要であるから。 生活必需品セクターは防御力が強く、あなたの投資の参考にもなるだろう。 とはいいつつも、ピックアップしたのはiシ...

プロクター&ギャンブルも生活必需品セクターの代表株

P&G(プロクター&ギャンブル)が増配のアナウンスをした。61年連続で配当金を増額するという大記録だ。 P&G【PG】といえば 安定感抜群の生活必需品セクター所属 61年連続増配の配当王銘柄 日本でも馴染...

ヘルスケアセクター以外の優良株はこちらから。

アメリカ株のセクター分類はどうにもわかりにくい。 米国株は各社によって業種の記載方法が少しずつ違うからだ。 厳密にセクター分けをしなくてもよいのだろう。 そうは言っても株式投資をかじっているならば気になる。 ...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク