長期・分散・積立

長期・分散・積立

【長期投資のリスク】40歳男性がその年に死亡する確率は0.105%

個人投資家は、資産運用のリスクだけではなく健康リスクに注意したい 長期投資をすると、リスクが減少するといわれます。 投資収益の振れ幅・バラつきが小さくなるということですね。 だから長期投資は資産運用の王道となります。 ...
2019.09.20
長期・分散・積立

インデックス投資の利回りにみる、平均値の罠と長期運用の重要性

投資信託の長期運用利回りは、幾何平均で示されるので要注意 投資信託によるインデックス投資の平均利回りは、幾何平均で表現されるので要注意。 幾何平均は、再投資を前提とした複利を計算します。 つまり、年率〇〇%という利回り。 ...
2019.09.19
長期・分散・積立

入金投資法は、サラリーマン・OLの強みをいかした投資方法

入金投資法とは、投資元本を一定間隔で追加していく方法。 株式投資などで投資元本が少ないうちには有効です。 とくにサラリーマン投資家が入金投資法を選択しやすいです。 サラリーマンの最大の強みは安定した給料。 (...
2019.06.16
長期・分散・積立

つみたてNISAを楽天証券で始めてわかった1つのメリット

楽天証券で積立投資をするメリットは、リターン推移が分かること 2018年からつみたてNISAによる年間40万円の非課税口座制度が開始されています。 積立投資を続けていると、リターンの推移が気になる時があったりしますね。 楽天証...
長期・分散・積立

つみたてNISA対象商品の手数料引き下げ;投資家のメリットは?

つみたてNISAの対象商品;ニッセイ外国株式インデックスファンドが信託報酬0.1%未満へ つみたてNISAの対象商品は、低コストが大前提となっています。 たとえば外国株式を対象とした投資信託では、以下があります。 eMAX...
長期・分散・積立

インデックスファンドvsアクティブファンドの勝率を比較する方法

インデックス投資とアクティブ運用の比較;どっちが優れたリターンなのか? インデックスファンド(パッシブファンド)とアクティブファンドの比較は議論が絶えません。 よく言われるのは、 市場平均に勝てるアクティブ運用は少ない というこ...
2019.05.17
長期・分散・積立

アマゾン【AMZN】等への投資が、20年後も成功していると信じ切れない理由

アップル【AAPL】やアマゾン【AMZN】への投資が、20年後に必ず成功しているとは信じ切れない理由 世界時価総額ランキング上位のアップル、アマゾン、マイクロソフト、アルファベットへの投資は、20年後も報われるのでしょうか。 未来は...
長期・分散・積立

ノルウェー政府年金基金から、サラリーマン投資家が学んだ3つのこと

ノルウェー政府年金基金とは、運用資産100兆円超えの世界最大級政府系ファンド ノルウェー政府年金基金は、運用資産が100兆円以上と世界最大級のファンド。 1990年に基金を設立された、油田収入の一部が運用されている政府系ファンドです...
長期・分散・積立

バンガード社と三菱UFJ国際投信(eMAXIS slim)の違いは、インデックス投資家が知っておくべきでしょう

三菱UFJ国際投信(eMAXIS slim)は、バンガード社になり得ないと思う 三菱UFJ国際投信は、eMAXIS slim(イーマクシス スリム)をもって日本のバンガードとなれるのであろうか? 私は難しいと思う。 規...
長期・分散・積立

インデックス投資は強者のゲーム? ランチェスター戦略からの考察

インデックス投資が弱者の戦略ではなく、強者の戦略だと思う理由 インデックス投資は、強者の戦略だと思う。 その理由は、兵力数すなわち投資元本が大きい投資家に有利な方法だから。 たとえばランチェスター戦略を見てみよう。 ランチェ...
長期・分散・積立

インデックス投資を始めて気づいた「稼ぐ力の重要性」

インデックス投資に限らず、資産運用には元手が必要 投資で資産形成をしようとしているあなた! たとえば、インデックス投資だけでお金持ちになることは、じつは困難であることに気づいていますか? はい。 私は痛感していま...
2019.03.18
長期・分散・積立

つみたてNISAが、おすすめされる理由 20代・30代の若年者編

つみたてNISAは、とくに20代・30代の若年者におすすめされています。 現状:20代・30代の若者世代は、現在の生活に満足している 課題:しかしながら、老後の生活を心配し貯蓄をしており、消費は抑制傾向である ...
タイトルとURLをコピーしました