アメリカ株取引ができる証券会社ランキング

本記事では、米国株投資でおすすめの証券会社ランキングを紹介します。結論からいうと、アメリカ株取引ではマネックス証券がおすすめです。

 

私は複数社の海外株証券口座を持っており各社の使い勝手を比較しましたが、注文方法の多彩さと、24時間いつでも注文可能である点がマネックス証券推奨である理由です。

深夜・早朝に発注せずに済みますからね。

 

本記事では

  • 米国株投資におすすめな証券会社
  • 海外株投資における特定口座対応状況
  • アメリカ株・米国株ETF取引するときに手数料負けしない金額

を紹介します。

スポンサーリンク

米国株投資の証券会社;おすすめランキング

アメリカ株取引ができる証券会社は、インターネット証券がおすすめです。

取扱い銘柄数は多いですし、手数料が安いからです。

2019年1月現在、インターネット証券5社で米国株投資が可能となっています。

米国株取引ができるネット証券会社

マネックス証券
マネックス証券

米国株投資ならマネックス証券。
注文方法の多彩さと、24時間いつでも注文可能である点はとても便利です。
深夜・早朝に発注せずに済みますからね。

SBI証券

住信SBIネット銀行との相性が抜群です。
為替手数料をふくめて考えると、米国株取引にかかるコストはSBI証券が最安値。
証券口座を作るなら、まずはSBI証券に決めておけば間違いはありません。

楽天証券

楽天銀行や楽天ポイントをフル活用できます。
米国株投資でも特定口座に対応しているので安心です。
売買手数料の引き下げにより、アメリカ株投資でも楽天証券の魅力が高まりました。

サクソバンク証券
サクソバンク証券

米国株投資をするなら、最強の証券会社です。
①業界最安水準の手数料 ②業界最多水準の銘柄数(米国株式だけでも6,000銘柄以上) ③空売り可能 ④レバレッジ取引とメリットが盛りだくさん。
配当金再投資のDRIPも可能なようです。
あとは特定口座に対応しさえすれば、文句なしのNo.1証券会社となるでしょう。

DMM株
DMM株

2018年11月9日から、DMM株がアメリカ株取引を開始しました。
売買手数料は、大手インターネット証券3社と同額です。
取扱い銘柄数が少ないものの、証券口座を複数持ちたい場合にはDMM株が選択肢のひとつとなります。

スポンサーリンク

アメリカ株取引(米国株投資)でおすすめな証券会社は、特定口座対応済

米国株投資をする際、特定口座での取引がおすすめ。

海外株取引における税金対応は手間がかかるからです。

特定口座でアメリカ株取引をすれば、確定申告に要する時間が大幅に削減されます。

 

なので米国株取引は、特定口座対応済の証券会社で実施した方が良いです。

最近では外国株投資へ特定口座対応している証券会社が増えています。

アメリカ株取引;特定口座開始年の比較

 

インターネット証券では4社が米国株の特定口座対応済です。

アメリカ株投資をしたい場合、この4社の中から証券口座を作れば問題ありません。

 

特定口座の対応以降、日本でも米国株投資が身近になってきました。

選択肢が広がると、証券会社間の競争が進みます。

すると、ユーザーの投資環境がさらに向上することでしょう。

 

参考:米国株取引の特定口座対応の歴史

スポンサーリンク

米国株の買い方;手数料負けしない取引金額は1,111ドル

米国株・ETFで手数料負けしない取引金額

 

SBI証券楽天証券マネックス証券 においては、1,111ドル以上で米国株取引するのがおすすめです。

  • 手数料負けしない取引金額:1,111ドル以上
  • 手数料率が下がる取引金額:4,444ドル以上

 

手数料負けを避けるため取引金額は覚えておきましょう。

無駄な手数料を支払う必要はありません。

 

参考:米国株投資で手数料負けしない取引金額とは?

 

いずれにしても、インターネット証券は米国株への投資環境が整っているのでおすすめです。

ちなみに私は注文方法の多彩さと、24時間いつでも注文可能である点から、マネックス証券 で米国株投資をしています。

 

公式サイト→マネックス証券

 

関連記事の紹介

アメリカ株の買い方は、思っている以上に簡単です。

米国株(アメリカ株)の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説
アメリカ株の買い方を覚えておこう 米国株の買い方を覚えておきたいです。 アメリカ株への投資は日本においてどんどん加速していくと思うからです。 なにせ米国株投資の環境が整備されてきています。 株式投資をするなら、世...

 

取引手数料負けしない売買金額で注文しましょう。

米国株・海外ETF取引で、手数料負けしない売買金額とは?
アメリカ株や海外ETFの取引手数料は、日本株よりも高いです。 以外のインターネット証券で米国株取引をするする際には、 1,111ドル以上 で売買しないと、手数料負けします。 この取引手数料は、アメリカ個別株で...

 

サクソバンク証券は、米国株投資における黒船的存在となりそうです。

サクソバンク証券が外国株取引を開始、メリット・デメリットを取材
サクソバンク証券が2018年9月18日から、海外株式取引を開始しました。 米国株・中国株・欧州株をあわせて12,000銘柄以上。 米国株式銘柄数が6,000銘柄以上と、国内証券会社で最多です。 しかも取引手数料が最...

コメント