【VT】世界分散投資ができるETF 株価・配当金・増配率のまとめ

スポンサーリンク

【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETFとは世界に分散投資できる商品です。

VTの特徴は、一本で地域・通貨に分散投資が可能となる特徴をもっています。

  • 地域(国内/海外、先進国/新興国など)
  • 通貨(米ドル/日本円/人民元/ユーロなど)
  • 資産(株式/債券/不動産/預貯金など)
  • 時間(春/夏/秋/冬など)

つまりVTとは投資商品を増やしたくはないがしっかりと地域分散の効いた株式ポートフォリオを構築したい人には最適なETFといえます。

おまけにバンガード社の商品なので信託報酬が安いです。

【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

編集
ティッカー VT
名称 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
ベンチマーク FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
特色 世界47か国の株式8,000銘柄で構成される指数に連動する。米国52%、日本8%
信託報酬 0.11%
設定日 2008年
純資産総額 8.97億米ドル
5年トータルリターン 10.95%/年
分配金支払 年4回(3・6・9・12月)
分配利回り 2.16%
5年合計増配率 43%

VTは世界ETF運用残高ランキング第81位のETFです。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】は日本で大人気ですがが、金融大国アメリカでは普通のETFと同じあつかいです。

ちなみにETF運用残高ランクの頂点に立つのはS&P500に連動する商品でSPYです。

そして上位にはVOOやIVVといったS&P500連動ETFおよび全米に投資できるVTIが上位ランカーです。

つまりアメリカで人気があるのは米国市場を対象にしたETFだといえます。

VTのような世界分散ETFは、米国外の地域で人気があるのでしょう。

米国外を対象としたETFはVT以外に何があるのでしょうか?

ETFの資産運用残高Top.10をみると

  • EFA(米国およびカナダを除く先進国)
  • VWO(新興国市場)
  • VEA(米国を除く先進国市場)

このことからアメリカ人は、北米とそれ以外の構成国で考えていると推測されます。

  • 米国市場
  • それ以外

VTのように一本で世界分散投資をするという考え方は一般的ではないように思えます。

一方日本人の場合には、日米+それ以外という概念が固定しています。

この日米を先進国とみなす考え方が普及している日本には、VTのような商品に人気がでるわけです。

  • 日本市場
  • アメリカ市場
  • それ以外

参考米国株、S&P500はおすすめインデックス、ETF比較の結果は?

スポンサーリンク

VTの地域分散割合

VTには一つの商品で全世界に分散投資できるメリットがあります。

ところが全世界といっても半分以上が北米なのです。

つまり株式投資をする上ではアメリカ市場への資金投下は避けて通れないといえます。

VTの地域分散比率をみても、55%以上が北米となっています。

  • 北米 56.45%
  • ヨーロッパ 22.57%
  • 日本 8.33%
  • アジア(除く日本) 8.79%
  • オセアニア 2.42%
  • ラテンアメリカ 1.40%
  • その他 0.00%
世界一の証券取引所といえばニューヨーク証券取引所(NYSE)である。金融の中心はイギリス・ロンドンと言われるが、株式市場のランキングでは圧倒

VTの組入れセクタートップは金融

VTは地域分散だけではなく、もちろんセクター分散もできるETFです。

VTのセクター比率をみると、金融がトップとなっています。

世界の潮流を表しているといえます。

  • 金融:22%
  • 情報技術:16%
  • 一般消費財:12.3%
  • 資本財:12%
  • ヘルスケア:10.7%
  • 生活必需品:8.6%
  • エネルギー:6%
  • 素材:5.4%
  • 公益:3.2%
  • 電気通信:3%

VTの組入れ構成銘柄上位はFANGが並ぶ

VTの組入れ構成銘柄上位には時価総額がおおきなアメリカ企業が並んでいます。

VTは世界分散するETFですが、組入れ上位10銘柄をみれば全てがアメリカ企業だということは覚えておきたいですね。

FANGを中心に超メジャー銘柄が並んでいます。

VTの株価チャート(リーマンショック以降)

  • 青:VT
  • 水色:SPY(S&P500)

VTのETF設定以来のパフォーマンスをS&P500と比較してみました。

100年に一度の大暴落以降、VTよりもS&P500のリターンの方が優れていました。

VTが発売されたのは2008年です。この年はまさにサブプライムローン問題が発覚していたころです。

そして2009年のリーマンショックがVTの株価を直撃したわけです。

100年に一度の金融危機以降の株価回復は、VTよりもS&P500の米国市場が早かったのです。

北米市場の回復ぶりが目立った結果です。

VTの株価チャート(直近10カ月)

finviz dynamic chart for  VT

VTの配当金は上昇傾向だが減配したこともある

2008年の発売以来、VTの分配金は順調に増配していました。

しかしながら2016年にVTの連続増配はストップしています。

参考VIG バンガード米国増配株式ETFの特徴、分配金と増配率

VTの増配率:今後の増配が読めないETF

VTとは世界分散するETFです。

世界経済が順調に右肩上がりならば、VTの分配金も同じく増配されることが多いです。

ところが世界全体の経済がこれからどうなっていくのかは誰にもわかりません。

2016年に減配している事実をみると、VTに連続増配の期待を大きくもたない方がよさそうです。

したがってVTとはインカムゲイン狙いというよりは、株価上昇のキャピタルゲインを目的に投資した方がよいといえるでしょう。

VTの3つの特徴

VTとは優れたETFの一つだと思います。

  • 一本で全世界に投資ができる
  • 低コスト
  • でも北米が過半数以上

投資商品を多く保有したくない個人投資家にはおすすめのETFですね。

See you!

参考米国ETFの選び方、大事な3つのポイント

■ETFや配当金に関する関連記事の紹介

モーニングスター社からのお墨付きETFです

米国市場の売買取引の多くは、ETFで占められている。 海外ETFは日本市場とは比較にならないほど運用残高が大きい。 地域分散、セ

全世界もいいですが、成熟した市場であるアメリカに注目したくなります。VTIは覇権国アメリカ全体に投資ができるおすすめETFですね

アメリカ市場にまとめて一気に投資をしたいと思ったら、VTIがおすすめETFでしょう。 なにせVTIは、米国市場のほぼ全てをカバーしてい

S&P500は世界で最もすぐれたインデックスです。VOO,IVV,SPYといった鉄板ETFがならんでいます。

S&P500とは、米国株式市場を代表するインデックスである。何に投資をするのか迷ったら、まずS&P500連動ETFがおススメだ。