生活必需品セクターの連続増配12銘柄

スポンサーリンク

米国株でおすすめできる生活必需品セクターの連続増配銘柄をピックアップしました。

生活必需品セクターは安定感がありますよね。

このリストにはポートフォリオのコアとなる銘柄がずらりと並ぶわけです。

今回はiシェアーズ グローバル生活必需品 ETFの構成銘柄Top.12を選択しています。

ちなみに上位12位までが、米国株ETF【KXI】の構成比率2%以上を占めています。

生活必需品セクターの12銘柄

ティッカー株価連続増配年株価PER配当
NSRGYネスレ20年72.59#N/A2.68
PGプロクター&ギャンブル60年82.2627.493.26
KOコカ・コーラ54年43.9326.553.19
PMフィリップモリス8年97.7122.984.18
PEPペプシコ44年101.9829.122.95
MOアルトリア46年67.0224.153.37
BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ16年119.6718.993.78
WMTウォルマート43年71.9615.922.78
ABIアンハイザー・ブッシュ14年22.98#N/A2.41
CVSCVSヘルス13年93.5420.291.82
UNAユニリーバ14年44.2423.153.09
WBAウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 40年81.7826.641.76

16年6月25日時点

>>>生活必需品セクター売上高ランキング Top.10

1957年~2012年の個別株トータルリターンTop.20に入っているシーゲル銘柄もいくつかあります。

いつの時代も必要とされる生活必需品セクターは、一般的にも名前が良く知られています。

もちろん個人投資家にとってもなじみ深いですね。

>>>シーゲル銘柄は、米国株の運用成績ランキングトップ20

>>>シーゲル銘柄:公表後の5年トータルリターン(2018年版)

スポンサーリンク

生活必需品セクターは、配当貴族銘柄で最多

25年以上連続して増配している銘柄は108ります。

その中から厳選された50企業を配当貴族と呼びます。

配当貴族は歴史的にS&P500 インデックスよりもリターンが高いことが知られいますね。

>>>米国株配当貴族インデックスとは?

その配当貴族銘柄のうち、1/4以上を生活必需品セクターが占めているのはご存知でしょうか?

このデータからも、安定感に優れることがお分かりいただけるでしょう。

>>>配当貴族リスト:25年連続増配の50銘柄【2018年版】

>>>米国株の連続増配年数・増配率を調べる2つの方法

生活必需品セクターの高配当株

配当利回り 3%あると、高配当銘柄とされます。

増配年は15年以上だと配当金への安心感がありますよね。

この場合には以下の銘柄が候補が投資対象となります。

会社名 増配年 配当
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ 16年 4.30
アルトリア 46年 3.69
プロクター&ギャンブル 60年 3.05
コカ・コーラ 54年 3.27
ユニリーバ 14年 2.77

17年12月8日時点

過去リターンや経営状況、配当利回り、知名度、どれを取っても優れているブルーチップばかりです。

いっそのことすべて保有してしまいたくなります。

そんなときには生活必需品セクターETFのVDCが候補となります。

>>>VDCは生活必需品ETF、株価上昇や配当利回りも魅力的

生活必需品セクターはポートフォリオの主力になる

生活必需品セクターはポートフォリオの主力になります。

βが低く、株価変動・ボラティリティが小さいのも魅力です。

このような優良企業の株は、一度買ってしまえばあとはホールドするだけでよいので助かります。

そして配当金が四半期に一度振り込まれるのはうれしいものです。

とにかく生活必需品セクターには常に注目していきたいですね。

関連記事です

生活必需品セクターはディフェンシブだといわれます

ディフェンシブ銘柄とは? ディフェンシブ銘柄とは景気動向に業績が左右されにくい業種の株式を指す。 英語をそのまま用いて「ディフェンシ

金利や景気循環によって、セクターのリターンは変わります

セクターローテーションって聞いたことありますか? 株式投資でしばしばでくわす単語。 業種分散をしましょうよ、ということですね。

どのセクターにも、世界的な優良銘柄がならびます

アメリカ株のセクター分類はどうにもわかりにくいないですか?」 米国株は各社によってセクターや業種の記載方法が少しずつ違うからですね。