NISAや年金

NISAや年金

つみたてNISA移行 3つの楽しみ方

個人投資家の方なら、つみたてNISAと一般(現行)NISAのどちらにしようか悩んでいたりしませんか? もしまだNISAを始めていないとか、株式投資をしていないという方ならさっさと初めて見た方が良いですね。 私は一般NIS...
NISAや年金

つみたてNISAの始め方7ステップで紹介

つみたてNISA制度(積立NISA)が2018年から設定されています。 長期・分散・積立投資を前提とし、20年の間、評価益に対し非課税となる制度です。 年間の上限投資枠は40万円。 月3万円ちょっとの積立投資がおす...
NISAや年金

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ商品を選ぶ方法

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄は何があるでしょうか。 つみたてNISAの対象商品は100以上あります。 金融庁のお墨付き投資信託ばかりです。 どれもおすすめファンドといえるでしょう。 ...
NISAや年金

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ情報源、投資信託の選び方

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ情報源:投資信託を選ぶ方法 つみたてNISAのおすすめ商品って何があるのか気になります。 「投資信託を買おう」と思ってもどれが良いのか迷ったりしませんか? なにせ商品数が5,0...
NISAや年金

長期投資における配当金の重要性~年金運用からの学び~

長期投資において、配当金・インカムゲインの重要性は高いです。 長期運用を前提としているGPIFの年金運用から、配当金の意義がわかります。 2001(平成 13)年度から2016(平成 28)年度までの年金積立金の運用状況...
NISAや年金

株のやり方、初心者はつみたてNISAがおすすめな3つの理由

金融庁がつみたてNISAを通して株初心者に資産運用をおすすめしています。 つまり日本国民全員に対して株式投資をすすめているわけです。 つみたてNISAという新しい非課税口座制度をつくり、株式投資初心者に投資信託の積立投資を推奨しているの...
NISAや年金

投資信託の現状:日本の家計に株式投資が普及していない3つの理由

家計が保有する投資信託残高、資金循環統計が改訂された 日本銀行が資金循環統計を改定しました。 これまで、信金中央金庫、信用金庫、ゆうちょ銀行等が購入している投資信託を家計部門が保有しているものとして捉えていた...
NISAや年金

NISAの結果、損益状況は8割の顧客がプラスに

NISAの損益状況が公開されました。 結果は8割の投資家がプラスリターンとなっています。 2014年買付分のNISA口座の結果です。 回転売買のできないNISAでは、バイアンドホールドが功を奏した形となりました。 ...
つみたてNISA、積立投資

つみたてNISAでおすすめの4商品を比較することにした

つみたてNISAで、おすすめファンドを4つ積立設定しました つみたてNISAで比較する商品 ひふみプラス iFree S&P500インデックス eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)...
注目銘柄

ひふみプラスをつみたてNISA口座で積立投資を始めた理由とは?

ひふみプラスをつみたてNISAで投資することにしました。 もちろん、ひふみプラスだけではなく、つみたてNISAで4つのファンドを積立しています。 つみたてNISAで積立している商品 ひふみプラス iFre...