バフェットの現金比率、バークシャーハサウェイからの3つの学び

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バークシャーハサウェイの現金比率について、一緒に考えてみましょう。

 

オマハの賢人ウォーレン・バフェットのポートフォリオの現金比率が気になりませんか?ウォーレン・バフェット率いる、バークシャー・ハサウェイのポートフォリオから学べることは多いですから。

 

本記事ではバークシャーの現金保有額と現金比率の推移、そして最後にバフェット率いるバークシャーの現金比率からの3つの学びを考察する。キャッシュはいつでも力なんだ。

 

スポンサーリンク

バフェット率いるバークシャーハサウェイの現金保有額

 

バークシャーの現金保有状況をみると、年々増加していることがわかる。

2017年第2四半期(4-6月)時点で、なんと1,000億ドルものキャッシュを保持している。

1,000億ドルを円換算すれば11兆円なり。(1ドル=110円換算)

 

もう一度言う。

 

11兆円なり

 

1兆円とか10兆円とか100兆円とか、もうどれも一緒に見えるほど大きな金額である。

どれほど凄いかというと、日本企業の時価総額ランキングを見れば把握しやすい。

 

日本の時価総額ランキング上位5社

  1. トヨタ自動車:20兆円
  2. NTT    :11.3兆円
  3. NTTドコモ :10兆円
  4. 三菱UFJ   :9.8兆円
  5. ソフトバンク:9.6兆円

(17年8月10日時点)

 

バークシャーは日本第二位の企業を、現金一括で購入できるほどのキャッシュを保有していることになる。

バフェットの一挙手一投足に注目が集まる理由が分かる。

 

次に現金比率状況を見てみましょう。

 

バークシャー・ハサウェイの現金比率推移

Morningstarより

 

バランスシートにおける、現金・短期投資比率を2007年12月から示したグラフである。

 

 年月現金・短期投資比率(%)
2007年12月16.23
2008年12月9.55
2009年12月10.28
2010年12月10.27
2011年12月9.5
2012年12月10.99
2013年12月9.94
2014年12月12.02
2015年12月12.99
2016年12月13.91
2017年6月14.99

 

ここで気になる点は2つ。

 

1つ目はバフェットの現金比率が高まってきていること。

2013年末から徐々のその傾向が見られ、その比率は2007年12月時点に迫っている。

つまりリーマンショック前夜と同程度の現金比率となっている。

キャッシュをどんどん積み上げている。

 

2つ目は現金・短期投資比率がそれでも20%以下であること。

バークシャーほどの大企業であれば、多くの資産を保有している。

そのうちの現金比率がどの程度が適切であるのかは分かりかねる。

それでも意外と少ないと感じた。

 

参考投資の総リターンの90%は、資産配分比率で決まる

バフェット(バークシャーハサウェイ)の現金比率からの3つの学び

バフェット率いるバークシャーの現金保有状況から学んだことは3つ。

  1. 現金保有額は過去最高の11兆円。トヨタ以外の日本企業なら現金一括で購入できる。
  2. 現金比率は約15%。リーマンショック前と同水準である。
  3. それでも現金比率は高くしすぎず、投資先をたえず探している。

背景として、良質な投資先が少ない、いまの株価はやや割高であると言える。

 

これらの事から一個人投資家として考えることを残しておく。

 

1.バークシャーの現金保有額は過去最高の11兆円

バフェットは次なる投資先を探している。

そのために過去最高額の現金を手元に残している。

個人投資家も同様に、一定額のキャッシュを保持しておく。

 

2.バークシャーの現金比率は約15%。リーマンショック前と同水準

リーマンショック級の暴落がくる可能性は少ないと思う。

それでも個人投資家としては、バフェットが金融危機以前と同水準にまで現金比率を高めていることは知っておこう。

つまりは現金比率をいつもより高くすることを検討する。

キャッシュさえあれば買い向かえる。

 

3.バークシャーは現金比率は高くしすぎず、投資先を探している

稲妻輝く瞬間」に市場に居合わせなければならない とは、チャールズ・エリスが敗者のゲームで記した言葉。

現金比率を高めるのは良いが、機会損失についても頭に入れておく必要がある。

この場合、いつもより少しだけ現金比率を高めるというのが適切だ。

 

 

やはり世界一の投資家からパクれることは多くある。

 

以上、【バフェット率いるバークシャーの現金保有状況からの3つの学び】でした。

>>現金比率の目安について考えてみた結果は?

 

バークシャーと現金比率について関連記事の紹介です。

バフェット率いるバークシャー株と、バフェット銘柄のトータルリターンを比較したらどちらが優れているのかを比較した記事。BRK.B株への投資は良い選択肢だというはなし。

バフェット銘柄とバークシャーハサウェイでトータルリターンを比較
バークシャー・ハサウェイの投資リターンは優れていることが証明されている。 だったらバークシャー株に投資をすれば最適であるはずだ。 ところが個人投資家は必ずしもその行動をとらない。 むしろバフェットポートフォリオにあ...

 

バークシャーは保険事業がメインである。ちなみにバフェットは配当金を出さないことを宣言している。配当が欲しいならば、バークシャー株を一部売却すればよいでしょうとコメントしている。

バークシャー・ハサウェイ BRK.B銘柄分析とリスク
ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイ。 更にバフェットの右腕+左脳であるチャーリー・マンガ―が副会長として君臨している。 投資リターンは比類なき結果をもたらしている。 今回はそのバークシャー・ハサ...

 

個人投資家は現金比率をどの程度にしたらよいのか? 便利な計算式が世の中にはありますね。

おすすめアセットアロケーション 株式比率は「100-年齢」
資産配分比率(アセットアロケーション)によって、投資リターンの9割が決まるとされています。 投資においてはそのくらい資産配分比率が大切だということですね。 それではおすすめアセットアロケーション(資産配分比率)とはどのようなもの...

 

 

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

アセットアロケーション
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント

  1. […] バフェットの現金比率、バークシャーのキャッシュからの3つの学び […]