VDCは生活必需品ETF、株価上昇や配当利回りも魅力的

VDCはバンガード社の人ETFです。

米国の大型・中型・小型株を含む生活必需品セクターに分散します。

本記事ではVDC、バンガード®・米国生活必需品セクターETFを紹介します。

スポンサーリンク

VDCは生活必需品セクターETF、ディフェンシブ銘柄の集まり

編集
ティッカーVDC(2017年末)
名称バンガード®・米国生活必需品セクターETF
ベンチマークMSCI USインベスタブル・マーケット・生活必需品25/50インデックス
特色食品・飲料・タバコの製造業者・流通業者のほか、非耐久家庭用品・パーソナル用品の製造業者など、傾向的にそれほど景気循環に対して敏感でない業種の企業で構成されています。
信託報酬0.10%
設定日2004年1月
純資産総額46.7億米ドル
5年トータルリターン13.3%/年
分配金支払い月3月・6月・9月・12月
分配利回り2.7%
10年増配率+213.5%

 

VDCの配当支払い月は2014年まで12月の年一回でした。

2015年9月から四半期支払いに落ち着いています。

スポンサーリンク

VDCの株価チャートをSPYと比較

VDCとSPYの株価チャート比較

VDCとSPYの株価チャート比較

 

赤:VDC 水色:SPY(S&P500)

 

上図はVDC設定後、2004年1月~2018年3月末までの株価チャートです。

生活必需品ETFのVDCとS&P500に連動するSPYは順調に株価上昇しています。

 

ディフェンシブ銘柄を多く含むVDC。

リーマンショック時の株価下落率がS&P500よりも少ないです。

参考>>>株価暴落はいつ起きる? アメリカ市場の暴落周期9回のまとめ

 

VDCの株価チャート 直近10カ月

finviz dynamic chart for  VDC
スポンサーリンク

VDCの分配金推移、配当利回りはGood

VDCの分配金推移、配当金

VDCの分配金推移

 

VDCは設定が2004年と、比較的歴史あるETFです。

配当金(分配金)の年次推移を長く見ることができます。

配当利回りは3%をやや下回る程度ですが、長期でみると分配金の上昇、増配の期待ができます。

スポンサーリンク

VDCの分配金増減率

VDCの分配金、増減配率推移、配当利回り

VDCの分配金、増減配率推移

 

上表はVDCの分配金、年次増減配率推移をしめしています。

分配金が満額支払いされた2005年を起点にし、2006年以降のデータを掲載しています。

 

リーマンショックがあったときでも減配がみられていません。

VDCは分配金にもディフェンシブな面が見られています。

 

VDCの分配金・インカム投資のメリット

  • 増えるとき:二桁以上の増配率
  • 減るとき :減配率は大きくない

インカム狙いの投資にもうってつけです。

 

VDCの分配金、増減配率の推移

西暦分配金増減配率
2004年1.094N/A
2005年0.703-35.7%
2006年0.9636.6%
2007年1.15920.7%
2008年1.1731.2%
2009年1.73848.2%
2010年1.9069.7%
2011年1.894-0.6%
2012年2.59136.8%
2013年2.428-6.3%
2014年2.417-0.5%
2015年3.29436.3%
2016年3.209-2.6%
2017年3.67814.6%
スポンサーリンク

VDCの構成銘柄

VDCの構成銘柄、生活必需品ETF

VDCの構成銘柄

 

2017年末時点でのVDCの構成銘柄数は102です。

構成上位銘柄を見るとザ・ディフェンシブ、伝統的銘柄が並びます。

  1. プロクター&ギャンブル
  2. コカ・コーラ
  3. ペプシコ
  4. フィリップモリス
  5. ウォルマート

 

VDCは配当貴族銘柄シーゲル銘柄のように、過去に優れたリターンを提供した銘柄を多く含むわけです。

参考>>>生活必需品セクターの連続増配12銘柄

スポンサーリンク

VDCへの私見:ティフェンシブETFは魅力的

 

分散投資を簡単に実現できるメリットがあるのがETF。

さらにディフェンシブな側面をもつのがVDCです。

 

リーマンショック時に

  • 減配が無かった
  • 株価下落率がS&P500より低かった

このふたつの事実はとても魅力的です。

 

あらためて振り返り、欲しくなりました。

以上、VDC:バンガード®・米国生活必需品セクターETFの紹介でした。

>>>海外ETF、注目の13銘柄リスト

 

参考>>>米国株(アメリカ株)の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説

 

関連記事です

米国株に投資したいと思ったらまずはVIT。アメリカ市場全体をカバーしているETFが選択肢となります。

VTIは米国全体に投資できるETF:株価チャートと配当金推移
VTIは株価よし・配当金よし・リターンよしの3拍子揃ったETF。 アメリカ市場にまとめて一気に投資をしたいと思ったら、VTIがおすすめ。 なにせVTIは、米国市場のほぼ全てをカバーしているETFですから。 ...

 

NYダウ連動ETFのDIAは、毎月分配金支払いです。

NYダウ30平均連動ETF【DIA】の紹介
ダウ平均のETFは魅力的です。 NYダウ工業平均株価に連動するETFは日本国内でもいくつか上場されています。 ただし国内外ETFの運用残高をみれば海外ETFに分があります。 SPDR® ダウ工業株平均ETF...

 

高配当株を集めたVYM。

VYMとは、米国高配当株のETF
アメリカ株は高配当銘柄が多い。それらにまとめて投資が出来るETFがVYMである。構成銘柄は超有名企業がずらりと並ぶ。

コメント