スポンサーリンク

【ABBV】アッヴィの株価・配当金・業績まとめ

ABBV、アッヴィとはバイオ製薬が得意なヘルスケア企業である。アブビーとも表記されることがあり、日本語での発音が難しい製薬会社だ。

マイナーな医薬品企業かと思えばそうではない。ヒュミラという世界最大の売上高を誇る薬剤をもっている世界第9位の大手会社。

さらにヒュミラで得たキャッシュを利用しM&Aを実施している。そしてインブルビカという血液がん治療薬を手に入れた。

歴史を振り返れば、2013年にアボットラボラトリーズ(ABT)から新医薬品開発事業に特化した形で分社化した企業である。

ABTといえば20世紀後半のトータルリターン第2位のシーゲル銘柄。さらには連続増配株でもあるブルーチップ。株価上昇と高配当利回りの両方が味わえる。

本記事は米国高配当株シリーズの一環である。銘柄分析とまではいかないのだがアメリカ株ABBV アッヴィの企業紹介をしたい。

スポンサーリンク

ABBVとは、医薬品売上高ランキング第9位の大手製薬

製薬会社、世界売上高ランキング上位10社

製薬会社ランキングでベスト10に入る大手医薬品企業である。日本では馴染みのない社名かもしれないが、武田薬品工業や第一三共、アステラス製薬よりも大きなバイオファーマである。

  1. ファイザー:米国
  2. ロシュ:スイス
  3. ノバルティス:スイス
  4. メルク:米国
  5. GSK:イギリス
  6. サノフィ:フランス
  7. J&J:アメリカ
  8. ギリアド:アメリカ
  9. アッヴィ:アメリカ
  10. アストラゼネカ:イギリス

2013年にアボットから分離したのがアッヴィである。

  • アボットABT :エスタブリッシュ医薬品
  • アッヴィABBV:新医薬品

ABT、アボットラボラトリーズとは歴史と伝統を有するアメリカのヘルスケア総合大手企業である。 2013年にバイオ新薬をアッヴィ ABBVとして分社化した。つまり製薬企業というよりはその他のヘルスケア部門で成り立っている会社である。 ...

アッヴィ(ABBV)の開発戦略は5疾患領域にフォーカス

アッヴィの開発戦略、出典:ABBV IR

アブビーABBVの疾患戦略の特徴は、5つに集中していることだ。

  1. 悪性腫瘍・がん領域(オンコロジー)
  2. 自己免疫疾患
  3. ウィルス性疾患
  4. 神経変性疾患
  5. その他

ヒット商品ヒュミラの適応症である自己免疫疾患領域には継続して力を注ぐと宣言されている。さらにはリウマチなどの免疫疾患ではなく、抗がん剤により注力することが見てとれる。

アッヴィ(ABBV)最大の課題はヒュミラの特許切れ

アッヴィの売上高構成、出典:ABBV2016年決算

アッヴィは製薬企業世界ランキング第9位の大手医薬品企業である。その売上内訳をみると、なんとヒュミラが9割を占めている。

つまりヒュミラの特許が切れてしまえば、そこでABBVの利益は激減すると容易に予想できる。尚、最大売上国の米国では2016年に特許失効している。

とはいえ、バイオ大手のアムジェンは2023年までヒュミラ(アダリムマブ)のバイオシミラーを発売しないと発表した。

ABBV株主にとって嬉しいニュースである。

アッヴィはヒュミラパテント切れリスクを最小化する計画

ABBVによるヒュミラリスク最小化計画、出典:ABBV IR

ABBVの売上構成比をみると、リウマチ薬のヒュミラに偏っている。ヒュミラ(アダリムマブ)の特許・パテント切れはABBVへの投資の最大のリスクとなる。

そのヒュミラの売上をカバーするのが、新製品群である。2020年には250億~300億ドルをヒュミラ以外の製品で稼ぐ予定にしている。

  • インブルビカ(抗がん剤)
  • ベネトクラクス(多発性骨髄腫など)
  • ZINBRYTA
  • C型慢性肝炎
  • Rova-T(小細胞性肺がん)
  • Elalgolix
  • ABT494
  • Risankizumab

アッヴィ(ABBV)は血液がんへのフォーカスする予定

ABBVの血液がんへの考え方、出典:ABBV IR

アッヴィは血液がん治療薬のパイプラインが豊富である。血液がんと一言で表しても、多くの疾患を含んでいる。そのうちの65%をアブビーはカバーする予定である。

尚、血液がん市場は大きく増大すると見込まれている。これは患者数が増えることより画期的新薬が発売されて治療薬が広くいきわたることに由来する

  • 2015年:290億ドル
  • 2020年:500億ドル

このように既存治療薬ではまだまだ満足できない領域はある。その疾患への治療方法や新薬開発を行い、人類をより豊かにすることをサポートすることはヘルスケアセクターの使命だ。

アッヴィABBVの業績

株価指標:アッヴィは2017年に入り株価堅調

2017年9月22日
ティッカー ABBV
株価 87.48
PER 21.36
EPS 4.09
配当 2.93%
配当性向 62.44%
配当月 2/5/8/11月
増配年 5
増配率(5年) NA
増配率(10年) NA
β 1.5

2017年前半までは、ABBVの配当利回りは4%前後で高配当株であった。それが夏からの株価上昇によって利回り3%を下回るにまで至っている。インカムゲイン投資家には物足りなく感じる配当金水準だ。

さらに四半期配当金支払い額はこの5年間で60%上昇している。配当性向をみるとまだ増配余地は残されているように思う。しかしながらヒュミラ次第であることは肝に銘じておきたい。

直近10か月のABBVの株価チャートはこちら。

finviz dynamic chart for  ABBV

売上高と利益率:アッヴィの業績は順調に伸びている

ABBVの売上高推移

青色の売上高をみると、アッヴィが順調にヒュミラを伸ばしていることが見て取れる。ヒュミラで稼いだキャッシュをどのように活用するのか、決算毎に注目しておきたい。

キャッシュフロー

ABBVのフリーキャッシュフロー推移

2015年にファーマサイクリック社を210億ドルで買収したことの影響だろうか。2014年のキャッシュフローにへこみが見える。

しかしそれ以外の決算ではしっかりとお金を稼いでいる企業であるとわかる。ヒュミラがある限りはディフェンシブ銘柄だ。

配当金状況:アッヴィは米国配当貴族銘柄

ABBVの配当金推移

アボットラボラトリーズ時代まで歴史をさかのぼれば、40年を超える連続増配記録をもつ。そして2013年の分社化以降もABBVは増配を毎年実施している。

ABBVに投資する際のリスク

製薬会社への投資リスクと同様だ。

  • 新薬開発の失敗
  • 保険償還の見直し
  • 薬価引き下げ

ここに追加してヒュミラの特許切れ後リスクがある。世界一の売上をほこる薬剤をもっているということは、逆にそれを失ったときのリスクもまた大きい。

アッヴィ【ABBV】に対する私見

アッヴィは注目しておきたいアメリカ株だ。

  • ディフェンシブなヘルスケアセクター
  • 大手で安定業績
  • 高配当株
  • 連続増配銘柄
  • シーゲル銘柄

だが2017年9月時点でのABBV株価は少し高いように思う。長期投資ということでのんびりと買い場が来るのを待ちたい。

以上、アッヴィ・アブビーの紹介でした。

See you!

著者はABBV株を保有しています。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にABBV株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

関連記事の紹介

ヘルスケアセクターは投資妙味のある企業が多い。

ヘルスケアセクターへの投資は良好な結果 20世紀後半において、ヘルスケアセクターへの投資リターンは良好であった。 ジェレミー・シーゲル著の株式投資の未来によれば、1957年~2003年のセクター別リターンのトップがヘルスケア...

ファイザーPFEはダウ構成銘柄でもあるし、高配当株なので注目度は高い。

ファイザーの株価がさえない。PFEといえばヘルスケアセクターのトップメーカーですね。 同時にファイザー株はダウ構成銘柄でありシーゲル銘柄であり高配当株であり、個人投資家にも人気のある銘柄なのはご存知の通り。 つまり過去のリターン...

優れたトータルリターンの歴史をもつシーゲル銘柄はこちら。

私は株式投資リターンにおける再現性を重要視している。 集積されたデータの中から再現性が高そうな方法を選択する。 最近はとくにダウの犬銘柄、シーゲル銘柄、配当貴族にばかり注目している。 今回は20世紀後半~21世紀初...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. R より:

    こんにちは。
    私もABBV持ってます。
    配当目的なのであまり株価は気にしないのですが
    今月75ドルから89ドルと10ドル以上上がったのは
    アトピー性皮膚炎の新薬の試験の結果が良かったことが原因のようですね。
    http://www.abbvie.co.jp/press-release/japan-news/2017-news-archive/press-release-20170920-001.html

    リリースには承認予定の記載はないですが、来年次の試験に進みたいとのことです。