FANGとFAANGとFAAMG株の違いとは?

スポンサーリンク

米国市場におけるグロース株の代表銘柄がある。

成長銘柄はNASDAQに上場しているものばかり。

いくつかの企業を合わせて呼称することがある

  • FANG
  • FAANG
  • FAAMG

これらグロース株の名称が、それぞれどの銘柄を含んでいるのかまとめてみた。

FANGとFAANGとFAAMG株とは?

一覧をみたら、本記事の役目は既に終わり。

米国を代表するハイテク株6つを、どのように組み合わせるのかで呼称が変わるだけだ。

  1. FB:フェイスブック
  2. AMZN:アマゾン
  3. NFLX:ネットフリックス
  4. GOOG:アルファベット(グーグル)
  5. AAPL:アップル
  6. MSFT:マイクロソフト
NASDAQ100に連動するETF、それがQQQです。 ナスダックとは新興企業向けの世界最大の市場。 そのNASDAQには金融銘
スポンサーリンク

FANGの名称:生みの親はジム・クレイマー

2017年に入りうまれた造語、FANGとは4つのハイテク株の頭文字をとった総称である。

  • FB:フェイスブック
  • AMZN:アマゾン
  • NFLX:ネットフリックス
  • GOOG:アルファベット(グーグル)

ただしこの中に仲間外れが一つある。

NFLX:ネットフリックスである。

時価総額が他銘柄に比較して少ないのだ。

さらに2017年に入りアップル:AAPLやマイクロソフト:MSFTの株価が堅調となってきた。

そんな背景もあり、FANGから派生してFAANGやFAAMGという名称が生まれたのであった。

AAPL アップルとは、大人気のスマホiPhoneのメーカーです。 カリスマ経営者のS.ジョブズがパソコン開発で起業してできた

FANGとFAANGとFAAMG株の時価総額は大きい

いずれも超人気のハイテク株である。

なので株価上昇率が素晴らしい。

したがって時価総額も大きい

例えばFAAMGの時価総額をS&P500と比べてみる。

  • FB:フェイスブック
  • AMZN:アマゾン
  • GOOG:アルファベット(グーグル)
  • AAPL:アップル
  • MSFT:マイクロソフト

S&P500インデックスの構成銘柄500社のうちFAAMG5社で、時価総額の37%を占める。

1%の企業が、時価総額の37%を積み上げているのだ。

さらに2017年6月時点で、FAAMG5社だけでNASDAQの年初来リターン(YTD)の55%を稼いでいる。

グロース株がどれだけ素晴らしいのかを示すデータだ。

FAANGとFAAMG,そしてFANG株価が堅調な2017年

FANGとは「牙」という意味であり、人気のある成長株はパフォーマンスに優れている。

上述のようにNASDAQの株価上昇率よりも、圧倒的にFANGの方が良いリターンをたたき出している。

最後にそれぞれの直近10カ月の株価チャートを見ておこう。

FB:フェイスブック

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のトップ企業。

実名登録にてネット上で交流するという特徴がある。

ハーバード大学時代にFacebookを設立したマーク・ザッカ―バーグは超有名人。

finviz dynamic chart for  FB

AMZN:アマゾン

世界最大のネット小売り企業。

Eコマースの覇者。

創業者ジェフ・ベゾスの天才的な戦略で、この世界をどこまで変えられるのか楽しみ。

finviz dynamic chart for  AMZN

NFLX:ネットフリックス

ネット配信サービスで有名。

もともとはDVD宅配レンタルサービスをしていた。

コンテンツが豊富で、サービス地域を2016年以降急拡大している。

finviz dynamic chart for  NFLX

GOOG:アルファベット

インターネット検索の世界トップ企業

グーグルの検索エンジンなくして、ネットサーフィンなし。

グーグル先生とまで言われる存在に急成長。

finviz dynamic chart for  GOOG

AAPL:アップル

デジタル機器のパイオニア。

スティーブ・ジョブズのカリスマ性に率いられていた。

ジョブズ亡き後も、スマホiPhoneのドル箱を生かしたキャッシュフローと株主還元に注目が集まる。

finviz dynamic chart for  AAPL

MSFT:マイクロソフト

世界的なソフトウェア開発会社。

ウィンドウズで有名になった。

創業者のビルゲイツは、世界有数のお金持ち。

finviz dynamic chart for  MSFT

FANGとFAANGとFAAMGは魅力的な米国グロース株

株式投資初心者でも投資をしたくなるような企業。

さらにリターンが優れている。

いまの株価が高くても、将来さらに伸びる可能性を見せてくれるのが米国グロース銘柄だ。

私はまだこれらの個別株には投資をしていないけど、いつだって注目している。

グロース株でもバリュー株でも、アクティブ投資もパッシブ投資も、米国株投資って素敵。

See you!

■米国株グロース銘柄の紹介記事

米国株の買い方はこちら

アメリカ株への投資は日本においてどんどん加速していくと思います。 米国株投資の環境が整備されてきているからです。 例えば

マイクロソフトMSFTは、グロース株といいつつバリュー株でもランクインしてくる

マイクロソフト株といえば株価上昇も配当成長も狙える米国株。 おすすめ米国株として名前がよくあがります。 ではマイクロソフトとはど

アマゾンAMZNは、もはや生活必需品セクター化しているのでは?

アマゾンが米国スーパーマーケット第十位のホール・フーズ・マーケット【WFM】を買収すると2017年に発表しました。 店舗型スーパーマー