米国株の情報源

アメリカ株投資をしている中で、便利だなと思ったサイトや情報源を記録していきます。

 

スポンサーリンク

米国株の便利なおすすめサイト・情報源

 

米国株の配当金、連続増配年を調べるときに便利なサイト

アメリカ個別株だけではなく米国株ETFの年次配当金/分配金が、綺麗なグラフで表示されるのでおすすめ。

米国株ETFの連続増配年数と分配金推移を調べる方法
米国株ETFには優良商品が多いです。 低コストで分散投資が可能となるので当然です。 世界的にもETFへの資金流入が顕著であり、投資家から人気が高いことが伺えます。 ETF投資ではキャピタルゲインだけではなく、分配金...

 

米国株の高配当銘柄、S&P10種をリサーチできるサイト

30秒で米国株の高配当銘柄をリサーチする方法 S&P10種編
米国株の高配当戦略にはいくつか方法があります。 たとえば、ダウの犬戦略が有名です。 NYダウ30種の中から、高配当利回りの銘柄に投資をする方法ですね。 一方でS&P500の構成銘柄の高配当株は、S&...

 

米国株の配当金は、いつ株を購入すればよいのかがわかるサイト

米国株の配当金は、株をいつ購入すれば受け取れるのか?
アメリカ株ではいつまでに株式を約定しておけば、配当金が貰えるか?  そんな疑問をもつ、あなたにお届けします。 答えはずばり 「配当金権利落ち日(Ex-Div)の前日までに約定する」 そうすれば、米国株...

 

米国株の配当金支払い月がわかるサイト

米国株式の配当金は、いつ振り込まれるか?受取日を確認できるサイト
アメリカ株の特徴といえば配当金支払いの回数が多いということです。 たとえば多くの日本企業では半年毎に配当金が株主に振り込まれます。 一方の米国株では四半期毎、つまり3か月に1回の頻度で配当金を受け取れることが一般的です。 ...

 

配当金投資をする際の、損出しをする方法

損出しの方法:3ステップを実例で紹介【米国株の配当金投資編】
米国株で配当金投資をすると税金関連がメンドウです。 とくに二重課税(外国源泉徴収税) の問題は障壁が高い。 確定申告が必須になるからです。 とはいえ損出しや益出しの考え方は、国内株式投資と変わりありません。 ...

その他、米国株投資をする際に要チェックのサイト

投資目的・目標や、運用計画をたてたいと思ったときに便利な情報源はバンガード社HP

【投資目的の作り方】投資目標を明確にするメリット・デメリット
投資の目的があるメリットは計り知れません。 とはいえ、どうやって投資目的や投資目標を作ったらよいのか分からなくなったりします。 ということで本記事では 投資目的の作り方 投資目的をもっていない人の割合 ...

 

米国株だけではなく、世界経済からマクロの視点で情報収集ができるGuide to the market

米国株投資におすすめな情報源を紹介
株式投資をする上ではアメリカ株であろうがそうでなかろうが知っておきたい情報源があります。 とはいえ本ブログは米国株を中心に扱っているので、やっぱりアメリカ株情報源の紹介がいいですよね。 米国株投資におすすめな情報源 ...

 

10年分の決算情報を無料で入手する方法

米国株銘柄の直近10年決算情報を無料で調べる方法
米国個別株投資をしていると、企業決算発表の数字が気になってきます。 そこで本記事では モーニングスター社サイトの使い方 米国企業の10年決算情報のエクセルエクスポートをする方法 を紹介します。 アメ...

 

米国株投資の運用リターンを無料で調べることができるモーニングスターHP

米国株のトータルリターンを知る方法、モーニングスターサイトの使い方
米国株のモーニングスター社サイトは便利です。 とくにポートフォリオ情報は秀逸。 米国株投資家にとって必須サイトといえます。 本記事では、 モーニングスターのポートフォリオ情報を使い方 米国株の過去1...

 

米国株投資をする際の情報収集は、スマホアプリを活用すると効率的

アメリカ株で便利なスマホアプリ3選
スマホアプリは便利ですよね。 米国株投資にもおすすめできるアプリが多数あります。 本記事では、 株価チャートや増配率が見られるアメリカ株のおすすめアプリ3選 アプリ以外で、おすすめできる米国株サイ...

 

ウォーレン・バフェット等、著名な投資家の最新ポートフォリオを調べる方法

バフェットの最新ポートフォリオを、たった3秒で調べる方法
バフェット銘柄の最新ポートフォリオは、ibillionaireから3秒で確認することが出来ます。 米国株の有益な情報を提供してくれるさんには感謝してもしきれません。 ウォーレン・バフェットは投資の神様といわれます。 ...

 

ワイドモートな米国株を探す方法

ワイドモートな米国株40銘柄を知る2つの方法
ワイドモート・経済的な堀を有する銘柄に投資をすれば、長期的なリターンにつながります。 でもアメリカ株には多くのワイドモート企業があるのです。 選択肢が多くなると選ぶのがめんどくさかったりしませんか? そんな...

 

投資信託やETFで、パッシブ運用とアクティブ運用の結果を比較できるサイト

インデックスファンドvsアクティブファンドの勝率を比較する方法
インデックスファンド(パッシブファンド)とアクティブファンドの比較は議論が絶えません。 よく言われるのは、 市場平均に勝てるアクティブ運用は少ない ということ。 たとえば世界のエリート投資家は何を...

 

日本株とともに米国株投資ポートフォリオをGoogleスプレッドシートで管理する方法

米国株と日本株をGoogleスプレッドシートで管理するメリット・デメリット
株式投資ポートフォリオ管理に便利!グーグルスプレッドシートの使い方 Googleスプレッドシートでポートフォリオ管理する方法を、2つの条件でグーグル検索しました。 ダウンロードやコピーが可能 米国株と日本株の両方に対応して...

 

スポンサーリンク

米国株投資におすすめはインターネット証券

アメリカ株取引ができる証券会社ランキング
本記事では、米国株投資でおすすめの証券会社ランキングを紹介します。結論からいうと、アメリカ株取引ではマネックス証券がおすすめです。 私は複数社の海外株証券口座を持っており各社の使い勝手を比較しましたが、注文方法の多彩さと、24...
マネックス証券
マネックス証券

米国株投資ならマネックス証券。
注文方法の多彩さと、24時間いつでも注文可能である点はとても便利です。
深夜・早朝に発注せずに済みますからね。

SBI証券

住信SBIネット銀行との相性が抜群です。
為替手数料をふくめて考えると、米国株取引にかかるコストはSBI証券が最安値。
証券口座を作るなら、まずはSBI証券に決めておけば間違いはありません。

楽天証券

楽天銀行や楽天ポイントをフル活用できます。
米国株投資でも特定口座に対応しているので安心です。
売買手数料の引き下げにより、アメリカ株投資でも楽天証券の魅力が高まりました。

サクソバンク証券
サクソバンク証券

米国株投資をするなら、最強の証券会社です。
①業界最安水準の手数料 ②業界最多水準の銘柄数(米国株式だけでも6,000銘柄以上) ③空売り可能 ④レバレッジ取引とメリットが盛りだくさん。
配当金再投資のDRIPも可能なようです。
あとは特定口座に対応しさえすれば、文句なしのNo.1証券会社となるでしょう。

DMM株
DMM株

2018年11月9日から、DMM株がアメリカ株取引を開始しました。
売買手数料は、大手インターネット証券3社と同額です。
取扱い銘柄数が少ないものの、証券口座を複数持ちたい場合にはDMM株が選択肢のひとつとなります。