スポンサーリンク

BA ボーイングの株価・配当金・業績のまとめ

スポンサーリンク

ボーイング【BA】とは世界最大の航空機メーカー

  • 創業:1916年
  • 上場:1934年9月
  • 決算:12月

世界最大の航空機メーカー。

民間機はエアバスと市場を二分する。

軍用機は2位。

軍需産業、防衛銘柄としての側面も持つ。

日本企業で例えれば、三菱重工業や川崎重工業が同業種だ。

ボーイング【BA】の株価と業績

BAの株価とバリュエーション

2017年10月13日 BA
株価 261.91
PER 22.93
EPS 11.42
配当 2.17%
配当性向 69.6%
配当月 3/6/9/12月
増配年 6年
増配率(3年) 31.0%
増配率(5年) 21.0%
β 1.12

BAの10年株価チャートはこちら。

finviz dynamic chart for  ba

BAの売上高と利益率の10年推移

ボーイング社の売上高(青色)はリーマンショック以降右肩上がりを続けている。

これが世界最大の飛行機メーカーの実力だ。

BA ボーイング社のフリーキャッシュフロー

防衛宇宙銘柄としても名高いボーイング社は、キャッシュフローを潤沢にもっている。

そしてその額を拡大している。

世界平和につながっていると考えればよいのであるが、軍需産業が儲かっているというのは複雑な気分にもなる。

BA ボーイング社の配当金

オレンジ色の配当金は2010年代に入って増配を続けている。

リーマンショック時でも減配はせずに配当据え置きというのは株主として心強い。

青色のEPSは順調に伸びている。

米国政府が主な顧客であり、実はディフェンシブ株といってもよいのかもしれない。

BA ボーイング株:3大ネット証券での取引可否

参考アメリカ株投資の6つの魅力

ボーイング【BA】への一言コメント

大型ジャンボのボーイング777から撤退し、小型機へシフトを強化中。

軍用や防衛宇宙は微減であるものの、民間機でカバー。

S&P格付は「A」の優良株。

外部要因を強く受け、ややクセのある銘柄という認識。

北朝鮮のきな臭いニュース時などに注目される銘柄であろう。

以上、ボーイング株BAの紹介でした。

See you!

著者はBA株を保有していません。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にBA株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

■個別株、分析記事などの紹介

ボーイング社は民間機としても名高いが、防衛銘柄筆頭という側面をもつ

軍事関連銘柄に注目が集まっている。トランプ大統領の誕生であったり、北朝鮮の核実験であったりミサイル発射問題であったりと、戦争のリスクが高まっている。 このような状況だからこそ、アメリカ株の軍事関連銘柄が注目されている。軍需産業...

BAはダウ構成銘柄のブルーチップでもある

ダウ平均株価とは? ダウ平均株価は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出するアメリカ合衆国の代表的な株価指数のこと。現在は30銘柄で構成される。 本記事では、ダウ平均のいまの構成銘柄と変遷、ダウ平均株価の計算方法、ダ...

資本財セクターのボーイングは、米国金利の上昇局面に強いといわれている

金利と株価にはある程度の相関がみられる。一般的には金利上昇により株価下落傾向がつよい。では利上げをする場面ではどのようなセクター、個別銘柄が強いのだろうか? FOMCが利上げ、金利上昇局面がついにきた 2017年3月15日、米国...

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク