BA ボーイングの株価・配当金・業績のまとめ

スポンサーリンク

ボーイング【BA】とは世界最大の航空機メーカー

  • 創業:1916年
  • 上場:1934年9月
  • 決算:12月

世界最大の航空機メーカー。

民間機はエアバスと市場を二分する。

軍用機は2位。

軍需産業、防衛銘柄としての側面も持つ。

日本企業で例えれば、三菱重工業や川崎重工業が同業種だ。

スポンサーリンク

ボーイング【BA】の株価と業績

BAの株価とバリュエーション

2017年10月13日 BA
株価 261.91
PER 22.93
EPS 11.42
配当 2.17%
配当性向 69.6%
配当月 3/6/9/12月
増配年 6年
増配率(3年) 31.0%
増配率(5年) 21.0%
β 1.12

BAの10年株価チャートはこちら。

finviz dynamic chart for  ba

BAの売上高と利益率の10年推移

ボーイング社の売上高(青色)はリーマンショック以降右肩上がりを続けている。

これが世界最大の飛行機メーカーの実力だ。

BA ボーイング社のフリーキャッシュフロー

防衛宇宙銘柄としても名高いボーイング社は、キャッシュフローを潤沢にもっている。

そしてその額を拡大している。

世界平和につながっていると考えればよいのであるが、軍需産業が儲かっているというのは複雑な気分にもなる。

BA ボーイング社の配当金

オレンジ色の配当金は2010年代に入って増配を続けている。

リーマンショック時でも減配はせずに配当据え置きというのは株主として心強い。

青色のEPSは順調に伸びている。

米国政府が主な顧客であり、実はディフェンシブ株といってもよいのかもしれない。

BA ボーイング株:3大ネット証券での取引可否

BA
マネックス証券
SBI証券
楽天証券

参考アメリカ株投資の6つの魅力

ボーイング【BA】への一言コメント

大型ジャンボのボーイング777から撤退し、小型機へシフトを強化中。

軍用や防衛宇宙は微減であるものの、民間機でカバー。

S&P格付は「A」の優良株。

外部要因を強く受け、ややクセのある銘柄という認識。

北朝鮮のきな臭いニュース時などに注目される銘柄であろう。

著者はBA株を保有していません。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にBA株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

米国株におすすめの証券会社は?

インターネット証券で米国株取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

おすすめ 証券会社 コメント
No.1 マネックス証券 米国株取引に最適
No.2 SBI証券 為替手数料Good
No.3 楽天証券 見やすさ抜群

私は3社に証券口座を保有していますが、3つの観点からアメリカ株取引は主にマネックス証券を使っています。

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

【詳細:米国株投資、おすすめの証券会社を比較

【詳細:米国株の買い方(マネックス証券編)

配当金に注目の米国株マイポートフォリオ

私は配当金を狙った米国株投資をしています。インカムゲインを対象とした投資が自分の性格に合っていると思うからです。

【参考:米国株 注目の51銘柄

米国株で配当金について注目している銘柄

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています.