ゼネラル・エレクトリック【GE】はダウ平均算出当時からの米国株

スポンサーリンク

ゼネラル・エレクトリック【GE】の概要

  • 創業:1892年
  • 上場:1892年6月
  • 決算:12月

ゼネラルエレクトリック【GE】は発明王エジソンの電気照明会社から派生した会社です。コングロマリットの代表格といっていいでしょう。

ダウ平均株価指数の算出当時から唯一残り続けているアメリカを代表する米国株です。

米国売上高は43パーセントであり、事業だけではなく地域分散された活動を展開中。

スポンサーリンク

ゼネラル・エレクトリック【GE】の事業内容

ゼネラルエレクトリック【GE】はコングロマリットです。多岐にわたる事業を展開しています。

  • GEエナジー・マネジメント
  • GEオイル&ガス
  • GEパワー&ウォーター
  • GEアビエーション
  • GEヘルスケア
  • GEトランスポーテーション・システム
  • GEキャピタル事業部門

「電力」「航空機エンジン」「医療機器」の3分野を中核事業と位置づけています。

ゼネラルエレクトリック【GE】の株価推移(直近10カ月)

finviz dynamic chart for  ge

いまでこそ株価低迷していますが、20年前は世界時価総額ランキング第一位の会社でした。

>>>世界の時価総額ランキング、過去からの推移

ゼネラルエレクトリック【GE】の株価指標

2018年1月2日 GE
株価 17.91
PER 29.26
EPS 0.81
配当 2.7%
配当性向 61.1%
増配年 n/a
増配率(3年) n/a
増配率(5年) n/a
β 0.91

ゼネラルエレクトリック【GE】は2017年に減配発表をしたことが記憶に新しいです。

2009年の金融危機以来の配当金切り下げとなっています。

したがって連続増配年数はゼロです。

減配に至った理由は業績不振にあるのですが、どの程度であったのかを見てみましょう。

ゼネラルエレクトリック【GE】の売上と利益の推移

ゼネラルエレクトリック【GE】は巨大なコングロマリットです。

しかし複数の事業部門からなる総売上高は減少の一途をたどっています。

今後、電力、航空機、ヘスルケア以外の事業については、売却などが進められる予定です。

ゼネラルエレクトリック【GE】のキャッシュフロー

営業キャッシュフローは年々減少しています。減配に至ったのもうなずけます。

しかし十分に高収益でるように思えます。

尚、フリーキャッシュフローをみると2016年はマイナスとなっています。

ゼネラルエレクトリック【GE】の配当金推移

オレンジ色の配当金は残念ながら2017年以降は切り下げられます。

3大ネット証券での取引可否

GE
マネックス証券
SBI証券
楽天証券

参考アメリカ株投資の6つの魅力

ゼネラル・エレクトリック【GE】への一言コメント

伝説の経営者、ジャックウェルチのイメージが強いゼネラルエレクトリック【GE】

正直いってヘルスケア以外の事業内容はよく理解できません。

コングロマリットへの投資をするのなら、配当王銘柄である【EMR】でも良いのでは?と思ったりします。

2018年、ゼネラルエレクトリック【GE】はダウの犬としても名前を連ねました。

株価がさらにさがり減配後でも配当利回り3%をこえるようならば注目したくなるかもしれません。

優良企業ではあるものの、正直いって個別株で【GE】をいまは購入しなくても良い気がしました。

著者はGE株を保有していません。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にGE株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

NYダウに注目した記事

米国株におすすめの証券会社は?

インターネット証券で米国株取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

おすすめ 証券会社 コメント
No.1 マネックス証券 米国株取引に最適
No.2 SBI証券 為替手数料Good
No.3 楽天証券 見やすさ抜群

私は3社に証券口座を保有していますが、3つの観点からアメリカ株取引は主にマネックス証券を使っています。

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

【詳細:米国株投資、おすすめの証券会社を比較

【詳細:米国株の買い方(マネックス証券編)

配当金に注目の米国株マイポートフォリオ

私は配当金を狙った米国株投資をしています。インカムゲインを対象とした投資が自分の性格に合っていると思うからです。

【参考:米国株 注目の51銘柄

米国株で配当金について注目している銘柄

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。