アルトリア・グループ【MO】は、高配当+株価上昇のシーゲル銘柄

MO,アルトリアグループとはアメリカのたばこ企業です。

たばこ業界世界ランキングでは6位。

米国たばこ業界では第1位。

 

2008年にフィリップスPMがスピンオフ・分社化しました。

その結果、アルトリアMOは販売市場をアメリカに特化したタバコ企業となったのです。

 

フィリップモリス分社化後

 

本記事は米国株高配当銘柄シリーズの一環です。

フィリップモリスはシーゲル銘柄No.1

銘柄分析とは言えませんが、アメリカ株のひとつMOアルトリアグループの企業紹介をしていきます。

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】は世界6位、米国1位のたばこ会社

タバコメーカーのマーケットシェアランキング

タバコメーカーのマーケットシェアランキング

 

上図はタバコ業界の企業別マーケットシェアを示しています。

アルトリアMOは、たばこ業界ランキング世界6位。

 

ブリティッシュアメリカンタバコはレイノルズアメリカンを買収しシェアを伸ばします。

それでもアルトリアグループが米国No.1のたばこメーカーであることには変わりありません。

 

かつてアルトリアグループ【MO】とは

  • クラフトフーズ(食品メーカー)
  • SABミラー(ビールメーカー)

などの親会社でした。

 

しかしいまではクラフトフーズを2007年にスピンオフしました。

さらにSABミラーをABインベブに売却しているのです。

米国企業は吸収・合併を通して生き残りをはかっています。

 

たばこマーケットに視点を移しましょう。

世界のタバコ売上高はいまだに右肩上がりに上昇を続けています。

タバコ市場は広がっているのです。

 

ところが販売本数の推移をみると、この数年では顕著な減少がみられます。

ここからは健康志向の広まりにより喫煙率が下がっていることがうかがえます。

規制産業であるがゆえに、販売本数減少を価格に転嫁できるのです。

 

アルトリアMOの強さが垣間見えますね。

 

たばこメーカーの世界ランキング・マーケットシェア
たばこ業界での売上高世界ランキング・マーケットシェアを調べてみました。 タバコというのは常習性があります。 継続せざるを得ない状況であるから、たばこを売る側は儲かるわけです。 その依存性は販売側には甘い蜜、...

 

スポンサーリンク

【MO】アルトリアはトータルリターンに優れるシーゲル銘柄

アルトリアMOの1年間トータルリターン(2016年)

MOとS&P500の株主リターン比較、出典:MO IR

 

 

アルトリアMOの5年間トータルリターン(2012年末~2017年末)

 

アルトリアグループMOはトータルリターンに優れた銘柄です。

ジェレミー・シーゲル教授著、「株式投資の未来」では黄金銘柄と呼ばれています。

いわゆるシーゲル銘柄、しかもそのランキングNo.1なのです。

 

アルトリアは

  • 株価上昇(キャピタルゲイン)
  • 高配当利回り(インカムゲイン)

の最強コンボを実現させているハイパフォーマー企業です。

 

2017年の決算プレゼンテーション資料をみると、株主リターンが強調されています。

5年トータルリターンの比較

  • アルトリアMO:181%
  • S&P500:108%
  • S&P Food beverage tobacco:98%

 

アメリカ株投資において、たばこセクターはいつも株主からのあつい注目を集めます。

その中でもとくにアルトリアグループMOは鉄板銘柄の代表なのです。

 

シーゲル銘柄は、米国株の運用成績ランキングトップ20
シーゲル銘柄とは、米国株の運用成績ランキングトップ20 ジェレミー・シーゲル著株式投資の未来には、1957年~2003年迄のリターン上位20銘柄が記載されています。 黄金銘柄とよばれる企業。 とても参考になります。 ...

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】のバランスシートは強固であり、格付けもAランク

MOの格付け、出典:MO IR

 

アルトリアグループ【MO】はブルーチップでありバランスシートは強固。

その結果、格付けは非常に良いです。

  • S&P:A-
  • ムーディーズ:A3
  • フィッチレーティング:A-

 

しかしながらこの格付けというのは深く信用しなくてよいと思います。

リーマンショック時に住宅ローン担保証券は最高格付けAAAを獲得していたのですから。

アルトリアMOへの投資の際には、決算と株価、配当金に注目しておきたいです。

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】が抱えるリスクと主力商品

たばこに関するリスク、出典:MO IR

 

たばこには健康へのリスクが存在します。

たとえば、たばこ製品や喫煙習慣によって有害レベルは4つに分けられます。

  • 従来の火をつけて吸うタバコ
  • 無煙たばこ製品
  • ニコレットやチャンピックスのような禁煙補助剤
  • 禁煙

 

タバコ銘柄は鉄板ではありますが、健康に悪影響があることは確かです。

 

ここでアルトリアMOの主要製品を振り返りましょうか。

世界一のマルボロを筆頭に、日本でもお馴染みなブランドが並んでいます。

 

アルトリアMOの主力商品

  • マルボロ(正式名:マールボロ)
  • ラーク
  • パーラメント
  • バージニア・スリム

 

電子タバコは有害物質規制を乗越え、タバコ株にリターンをもたらすか
米食品医薬品局(FDA)はたばこのニコチン含有量を「中毒性のない」水準まで減らすよう義務付ける規制を提案したと報道された。 このニュースにより、アメリカのタバコ市場シェアが高いアルトリアグループMOやブリティッシュ・アメリカン...

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】の株価指標

2017年9月20日
ティッカーMO
株価61.22
PER8.07
EPS7.58
配当4.31%
配当性向34.8%
配当月1/4/7//10月
増配年48年
増配率(5年)8.3%
増配率(10年)11.6%
β0.63

 

2017年2月28日
ティッカーMO
株価62.95
PER11.81
EPS5.33
配当利回り4.19%
配当性向49.53%
配当支払い月1/4/7//10月
増配年49年
増配率(5年)8.3%
増配率(10年)11.8&
β

 

アルトリアMOは4%をこえる配当利回りであり高配当株です。

しかも連続増配年数は49年と申し分ありません。

配当王銘柄への仲間入りがカウントダウン。

 

アルトリアMOの株価チャート(直近10カ月)

finviz dynamic chart for  MO

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】の売上高と利益率

 

アルトリアグループはPM(フィリップモリス)と2008年に分社しています。

したがってアルトリアMOは米国内だけで商売をしているのです。

喫煙率が下がる傾向のある先進国アメリカ市場を対象としても、しっかりと売り上げを伸ばしています。

 

喫煙者数の減少を、価格をあげることで売上を増加させているのです。

ここにワイドモート、規制産業の強さがあります。

 

生活必需品セクターETFの記事はこちら

>>>VDCは生活必需品ETF、株価上昇や配当利回りも魅力的

スポンサーリンク

アルトリア【MO】のキャッシュフロー

 

アルトリアグループのキャッシュフローは鉄壁の安定感。

タバコ銘柄がディフェンシブといわれる理由がここにあります。

大きな設備投資がいらず、高利益のタバコを売るというビジネスモデルなのです。

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】の配当金推移

 

アルトリアMOは連続増配銘柄です。

オレンジ色の配当金推移は綺麗な右肩上がりとなっています。

 

さらに青色のEPSをみても配当金と同様に上昇していることがみてとれます。

2016年のEPSボーナスは、SABミラー売却の影響が大きいと思われます。

 

参考>>>たばこ銘柄の配当金・増配率を比較 JT・MO・PM・BTI

 

アルトリア【MO】の増配記録

MO IR

 

アルトリアグループは49年連続増配継続中。

その間に52回の増配をしています。

通常は年1回の増配なのですが、稀に2回増配をすることがあります。

 

例年8月に増配発表をしますが、2018年は3月にも増配アナウンスをしました。

インカム投資家には嬉しいニュースです。

 

アルトリアMOの増配時期

  • 増配発表時期:8月末
  • 配当金支払い:10月分から

 

参考>>>アルトリア MOの配当金:増配時期はいつ?

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】へ投資する際のリスク

MO(アルトリアグループ)へ投資する際のリスクはまず規制当局の動向があげられます。

たばこ産業に対してアメリカのFDAがどのような動きをするのかは注目しておきたいです。

 

たとえば当局はメンソール禁止法を検討している様子。

マルボロメンソールといえば日本でもお馴染み商品ですよね。

ライバル会社のBATが買収したレイノルズアメリカンと比較して、アルトリアMOへの影響は大きいと思われます。

 

このようにたばこセクターは規制産業です。

新規参入企業の脅威はすくないので価格競争力は強いといえます。

しかしながらお上の意向に大きく左右されるリスクを背負っているのです。

 

さらにタバコというのは健康被害をもたらすことは明らかです。

そのためにアルトリアMOは有能な弁護士グループを抱えています。

つまり訴訟リスクは頭に入れておいた方が良いということです。

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】への投資のまとめ

アルトリアグループ MOとは、投資するのに多くのメリットを有しています。

  • ディフェンシブな生活必需品セクター
  • 超大手で安定したキャッシュフロー
  • 連続増配銘柄
  • 高配当利回り
  • シーゲル銘柄

 

ジェレミー・シーゲル教授の研究により、フィリップモリスが20世紀後半における最高リターン株であったことは有名です。

フィリップモリスの米国版がアルトリアグループ。

今なおリターンが優れているMOとは株価上昇+配当金が狙える超おすすめ米国株といえます。

 

インカムゲイン投資家のみならず、このたばこ銘柄にはいつも注目があつまっています。

株価が下がった際には適宜拾っていきたい銘柄ですね。

以上、アルトリアグループの紹介でした。

 

著者はMO株を保有しています。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者に株のMO投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

 

■関連記事の紹介

タバコセクターといえばフィリップモリスでしょう

【PM】フィリップモリスの株価と配当金は、電子タバコ次第か?
PM,フィリップモリスとはアメリカのたばこ企業である。 たばこ業界ランキングでは2位。 2008年にフィリップスPMはスピンオフ・分社化した。 アメリカを市場とするタバコ会社:アルトリアグループ MO アメリカ以...

 

レイノルズアメリカンを買収したブリティッシュアメリカンタバコも見ておきたい。

ブリティッシュアメリカンタバコBTIは配当・株価に注目したい銘柄
BTI、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ とはイギリスのたばこメーカーである。タバコ売上高ランキング世界第2位とも3位ともいわれる巨大企業だ。BATともいわれる。 BTIはイギリス銘柄なのでADRとして購入する必要がある株だ。 ...

 

タバコ業界ランキングの上位は、どれも優良企業ばかり。

たばこメーカーの世界ランキング・マーケットシェア
たばこ業界での売上高世界ランキング・マーケットシェアを調べてみました。 タバコというのは常習性があります。 継続せざるを得ない状況であるから、たばこを売る側は儲かるわけです。 その依存性は販売側には甘い蜜、...

 

コメント