配当金生活にむけた米国株ポートフォリオの公開【18年5月】

スポンサーリンク

配当金生活を目指したシーゲル流ポートフォリオ

シーゲル流ポートフォリオ戦略の状況、18年5月25日

シーゲル流ポートフォリオ戦略の状況、18年5月25日

 

2018年に入り、米国株配当成長ポートフォリオの組み換えをすすめています。

米国個別株を減らし、ETFの割合を増やしているのです。

ETF:個別株=75:25を目安にしています。

 

それでも

  • シーゲル流ポートフォリオであること
  • インカムをKPIとすること

に変わりはありません。

 

ですので米国株の配当金生活狙いというよりは、ETFの分配金生活を目指したポートフォリオと言えるかもしれません。

>>ETFで配当狙いのシーゲル流ポートフォリオを作ることにした理由

 

スポンサーリンク

配当金生活を目指した米国配当成長ポートフォリオ【18年5月】

シーゲル流ポートフォリオの状況、18年5月25日

シーゲル流ポートフォリオの状況、18年5月25日

 

18年2月~4月にかけて、QQQの購入をすすめました。

QQQは株価上昇はもちろんですが、高い配当成長率にも注目しています。

>>海外ETF、注目の13銘柄

 

また、多くの高配当株を売却済。

 

この高配当株売却により、米国株ポートフォリオの配当利回りが下がりました。

>>配当金生活にむけた米国株マイポートフォリオの公開【18年1月】

 

私は配当金や分配金をKPIとしています。

インカムが下がる今回の組み換えを断腸の思いでの決行。

次回以降の配当金集計の際には悲しい思いをするかもしれません。

>>米国株ポートフォリオの配当金推移【18年4月】

 

とはいえ、そのおかげでより分散されたポートフォリオになりました。

いずれまた高配当株の買戻しをする状況がくるかもしれません。

そんなときには、投資の三原則を思い出したい。

投資の三原則

  • 安全性
  • 利益
  • わかりやすさ

>>3,000万円の運用方法 実際に投資をして感じる3つの原則

スポンサーリンク

配当金生活に向けての投資方法は入金投資

>>投資方針書を公開 ~アメリカ株編~【2017年版】

 

受取配当金を増やす方法は何があるでしょうか?

 

  • 米国株やETFの増配
  • より高配当株への乗換え
  • 入金による買い増し
  • 配当金再投資

 

増配株やETFに入金投資をすることは、配当金生活を目指す上で欠かせない投資活動。

単純な話です。

 

ですので金利上昇局面とはいえ、入金による積立投資を継続します。

あまり気が進まないのですけどね。

 

これはタイミング投資を諦めている結果の行動。

毎月給料が入ってくるサラリーマン投資家のメリットを生かすということです。

>>入金投資法は、サラリーマン・OLの強みをいかした投資方法

 

ただし現金比率には気を配ります。

大きな買い物をするので、保有キャッシュとその割合には要注意。

>>太陽光発電投資のシュミレーション(購入時点の皮算用を公開)

 

現在の米国株配当成長ポートフォリオをみると、買い増しする候補は

このあたりになりそう。

 

いずれにせよインカムの積み増しをしていきたいものです。

>>配当金 年50万円を達成して思う3つのこと

 

関連記事の紹介

個別株メインからETFを中心としたポートフォリオへ移行した理由は、時間の使い方と増配率の2点でした。

ETFで配当狙いのシーゲル流ポートフォリオを作ることにした理由
海外ETFを活用して、シーゲル流ポートフォリオを再構築することにしました。 投資の評価指標は配当金ですね。 インカムを重視することには変わりありません。 本記事では米国個別銘柄から海外ETFを中心とするポートフォリ...

コメント