スポンサーリンク

「株式投資の未来」のまとめ、シーゲル教授からの6つの学び

米国株投資だけでなくインデックスブロガーからもおススメNo.1の呼び声高い投資本、それがジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」である。

株式投資に少しでも興味を持ったならば、ぜひ手に取って欲しい。

シーゲル本、赤本・緑本・青本などと呼称されている。

私はアメリカ株投資を始めた後に、この名著の存在を知った。

株式投資の未来を読んだときの衝撃を忘れることができない。

  • 分かりやすい構成
  • それを補完する圧倒的なデータ量
  • 過去のFACTから導き出される将来展望

いまでも事あるごとに読み返している。

日本語版は2005年発刊である。

その頃「株式投資の未来」を知っていた投資家は10年を経て大きな成長と共に株式投資からのリターンを得ていることだろう。

また英語版は1994年初版である。

米国においては既に当たり前な内容とされているかもしれない。

それでも日本では株式投資指南書の一級品である。

このおススメ投資本の結びには「投資を成功させる指針」が記載されている。

それを参考にジェレミー・シーゲル教授からの学びを6つにまとめておきたい。

スポンサーリンク

株式の実質リターンは6~7%

「株式投資の未来」によれば、過去200年にわたるデータを検証した結果、配当再投資をした場合の株式投資の実質リターンは約6.5%であった。

これは10年前後で倍になる数値である。

過去200年間での金融書品のトータルリターン

またアメリカではインフレが当たり前のように存在する。

2-3%/年のインフレ率を加味した株式リターンは9%前後となる。

この場合、資産額が8年で倍になる計算だ。

6~7%の実質リターンが一般的でありこれを逆算するとP/Eが15となる。

適正株価の指標としてPERが必ずしも正しいわけではない。

それでもPER 15倍というのはある程度の目安となるわけだ。

参考貯金と株式投資、お金持ちへの近道はどっち?

長期投資の収益率は、短期投資に比して安定している

株式投資は損をするリスクを秘めている。

価格変動幅が債券や預貯金よりも大きいためだ。

ところがこの株式投資は長期間保有することでその収益率が一定幅に収束している。

保有期間と複利利回りの関係性、出典:シーゲル本

20年というスパンでみると、インフレ率よりも債券よりも良好なリターンを提供していた。

つまり投資の期間を長く見積れば見積もるほど、資産のより大きな部分を株式に配置するのが良い。

参考?長期投資とは何年なのか?

低コストのインデックスファンドを中核に据える

プロが運営するアクティブファンドはインデックスに対して勝率が悪い。

取引コストや税金を考慮すると、簡単には株価指数を上回るパフォーマンスを示せない。

したがって「株式投資の未来」では、ポートフォリオの大部分を低コストインデックスファンドとするのが良い。

そもそも長期間にわたって株式市場に存在し続けられるファンドは少ない。

これは個人投資家にも当てはまるだろう。

一発退場を防ぎ、市場に長い間居続けることが長期リターンを生む。

シーゲル本では高配当株などのシーゲル銘柄を推奨しているように認知されている。

ところがふたを開けてみるとシーゲル先生はインデックス投資を強く薦めているのだ。

参考投資家が株式市場に生き残れる確率

米国株以外にも目を向ける

「株式投資の未来」はアメリカのデータを用いて、アメリカ人投資家向けに書かれている。

シーゲル博士は米国企業以外の国際銘柄投資も推奨している。

その割合は株式ポートフォリオの約3割だ。

また高成長国の株式は高値になる事が多いために警鐘を鳴らしている。

これを日本人投資家に当てはめるとどうか?

いくつかの考え方ができる。

  • 米国企業はグローバル進出しているので対応不要とする
  • 欧州企業へも投資をしてみる
  • 日本企業にも投資をしてみる
  • 高成長国にも分散投資をしてみる

更に言えば、株式ポートフォリオの7割はアメリカ株でよいとなる。

まずはこの数値を目指す。

バリュエーションはいつも大事

歴史的にみると低P/Eや高配当利回り銘柄は市場平均リターンを凌駕してきた。

高配当利回り銘柄を選択する方法として

  • ダウの犬
  • S&P10種

といった有名なものがある。

成長株と比較し優れたリターン・低リスクを狙えることが過去の実績から証明されている。

バリュー株にて加重平均された低コストパッシブインデックスファンドは、ポートフォリオ

価値を最大化してくれるだろう。

参考ダウの犬銘柄 2017年版

ルールは守れ

長期運用で成功するためには、自ら定めた資産配分比率とポートフォリオを常に維持することが重要である。

厳しいルールを儲けそれを順守しなくてはならない。

株価が上昇し、皆が喜んで買い進むときには注意しよう。

それは株価下落局面でも同様である。

皆が売っているからといって悲観的になり売却してはいけない。

ルールと感情を切り離して考えることが投資家には必要なのだ。

参考長期運用成功者だけが知っている、投資家が避けるべき8つのリスク

終わりに、

おススメ投資本No.1の称号を獲得することが多い「株式投資の未来」何時読んでも学びを得ることが出来る。

しかし忘れてはならない。

本書は「アメリカ人の、アメリカ人による、アメリカ人の為の投資本」なのだと。

すると他国の株式投資にこれらの内容を応用することは難しいと気づく。したがってジェレミー・シーゲル著作を読むと、アメリカ株へ投資をしたくなる。

それほどまでに説得力があるのだ。

とにかく株式投資の指南書として優れた逸品である。株式投資に少しでも興味を持った人は、世界観を広げる意味でもぜひ一度手に取ってみてほしい。

以上、「株式投資の未来のまとめ、シーゲル教授からの6つの学び」でした。

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク