VIG バンガード米国増配株式ETFの特徴、分配金と増配率

スポンサーリンク

VIG 米国増配株式ETFとは、10年連続増配実績のある銘柄に投資ができる

 

VIGとは、NASDAQ USディビデンド・アチーバーズ・セレクト・インデックスの パフォーマンスへの連動を目指しているETFです。

注目すべきは10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されていること。

大型株の中でも前年比増配の実績を持つ銘柄に重点を置いているのです。

 

増配ETFであるVIGは米国でも人気が高いです。
日本で人気ETFであるVTよりも、運用残高は大きいほど。

バンガード社の商品の中でも、売れ筋の米国株ETFです。

スポンサーリンク

VIG バンガード米国増配株式ETFの株価と分配金推移

VIGの株価チャート(直近10カ月)

finviz dynamic chart for  VIG

VIGの分配金推移

VIGの年次別支払い分配金

VIGの年次別支払い分配金

米国株マイポートフォリオにおける、VIGの保有株数と受取分配金推移

マイポートフォリオの中でも、NISA口座でVIGを保有しています。
分配金生活に向けて:【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの受取分配金を公開
本記事では、【VIG】バンガード・米国増配株式ETFからの受取分配金推移を記録していく。 分配金生活や配当金生活を目指す上では、【VIG】は補助的な役割に過ぎない。 投資元本が限定される投資家にとっては、高配当株を選好しやすいからだ...
スポンサーリンク

VIG バンガード米国増配株式ETFの構成セクターと保有銘柄の比率

VIGの構成セクターは、資本財と消費財セクターで50%

VIGのセクター別構成比率_2018年12月

VIGのセクター別構成比率_2018年12月

 

VIGは、資本財・消費財の2セクターで50%ちかくを占めています。

コン・エジソン【ED】やサザン【SO】などの公益セクターはシェア2%をきっており、意外と少ないです。

そしてエクソンモービルやシェブロンといった配当貴族のオイルメジャー比率がない事は覚えておきたいですね。

VIG,米国増配ETFの構成銘柄ランキング

VIGの保有上位銘柄 2018年12月

VIGの保有上位銘柄 2018年12月

VIGは増配ETFです。

ETFなので銘柄入れ替えがされています。

 

VIGの構成銘柄(2018年末時点)

  1. マイクロソフト 4.5%
  2. ウォルマート 4.3%
  3. ジョンソン・エンド・ジョンソン 4.1%
  4. ペプシコ 3.6%
  5. マクドナルド 3.3%
  6. アボットラボラトリーズ 2.9%
  7. メドトロニック 2.9%
  8. スリーエム 2.6%
  9. ユニオンパシフィック 2.5%
  10. ナイキ 2.2%

 

VIGの構成銘柄(2017年末時点)

  1. マイクロソフト 4.7%
  2. ジョンソン・エンド・ジョンソン 4.0%
  3. ペプシコ 3.8%
  4. スリーエム 3.6%
  5. メドトロニック 2.8%
  6. ユニオンパシフィック 2.8%
  7. テキサス・インストルメンツ 2.7%
  8. ユナイテッドテクノロジーズ 2.6%
  9. アクセンチュア 2.6%
  10. アボットラボラトリーズ 2.5%

 

VIGの構成銘柄(2016年時点)

  1. マイクロソフト
  2. ジョンソン・エンド・ジョンソン
  3. ペプシコ
  4. コカ・コーラ
  5. マクドナルド
  6. スリーエム
  7. メドトロニック

 

いずれにせよ、配当成長投資であろうがなかろうが、ポートフォリオのコアに据えてよいおすすめETFといえるでしょう。

スポンサーリンク

VIG バンガード米国増配株式ETF3つの特徴

VIGの特徴を3つ挙げると

  1. トータルリターンはS&P500同様に良好
  2. 大型増配株で構成されており、株価下落時にも安心感あり
  3. 分配利回りはやや物足りない

株価も分配金も両方右肩上がりで非常に魅力的なETFです。

 

コメント