スポンサーリンク

アマゾン AMZNの株価・配当金・業績まとめを、リスク分析と共に

アマゾンが米国スーパーマーケット第十位の、ホール・フーズ・マーケット【WFM】を買収すると発表した。

店舗型スーパーマーケット参入とは、これまでのアマゾンの戦略とは趣が異なる。

AMZNはグロース株の筆頭である。アメリカ株に興味をもったならば必ず注目する銘柄だ。

Eコマースの巨人、小売業界に殴り込みをかけているAmazonへ投資する際のリスクを分析しておく。

銘柄分析というよりAmazonがスーパーマーケットへ参入でいま思うままに綴る。

スポンサーリンク

AMZN(Amazon)は小売企業ランキング第10位

小売企業の売上高ランキング、アマゾンは第10位、出典:Source

小売業界の売上ランキングを見ると、Amazonは10位にランクインしている。

アマゾン以外は基本的に店舗型スーパーマーケットであるものが多い。

よくみると2010年~2015年において2桁成長を成し遂げている小売企業は、アマゾンのみである。

それが故にAMZN株価は飛躍的に伸びているわけだ。

一方それ以外の小売銘柄はほどほどの株価にとどまっている。

それでは今回アマゾンが買収したスーパーマーケットのホール・フーズ・マーケット【WFM】とはどのような企業なのであろうか?

参考生活必需品企業売上高ランキングトップ10

AMZN(アマゾン)の買収対象は、ロハス志向のスーパーマーケット

ホール・フーズ・マーケットは、ロハス志向のスーパーマーケットである。

日本でいえば、成城石井と思えばわかりやすい。

プレゼン資料を見ても、そのブランドを意識している企業姿勢が読み取れる。

WFMホームページより

  • 2016年売上高 :157億ドル
  • ユニーク顧客数 :3,000万人
  • 週間来客数     :800万人
  • SNSフォロワー :1,300万人
  • 会員数     :8.7万人
  • 店舗数       :464店(3か国)

生鮮食品に強く、オーガニックや自然食品に強みをもつ高級スーパーマーケットである。

AMZN(Amazon)は売上高を11%増やす計画

2016年の売上高を見てみよう。

  • アマゾン:135,987(百万$)
  • WFM  :15,724(百万$)

ホール・フーズ・マーケットの買収により、アマゾンは売上高を単純に11%上昇させる。

もちろん、実店舗型のスーパーマーケットを追加しただけではなく、それ以外の分野でも成長著しいのがアマゾンだ。

AMZN(アマゾン)はいまでも急成長中

Amazonの売上高推移

全米第十位の高級スーパーマーケットよりも大きい売上を、アマゾンは1年間で伸ばしている。

それでも今回の買収のインパクトは大きい。

実店舗へ進出したからだ。

Amazonの急成長にはeコマースが背景にあった。

今回、リアル店舗とのコラボという新たな展開がみられ、株主ならずとも夢が膨らむ。

AMZN(Amazon)の業績・決算情報

AMZNの株価指標・バリュエーション

2017年10月9日
ティッカー AMZN
株価 990.99
PER 250.05
EPS 3.96
配当 なし
配当性向 N/A
配当月 N/A
連続増配年 N/A
増配率(5年) N/A
増配率(10年) N/A
β 1.47

Amazonは利益を出さずに設備投資に振り向ける。

そのためにEPSが低くなる。

さらに株主からの期待が大きい。

したがってPERは高くなる。

3桁のPER銘柄への投資は避けた方が良いというのが通説だ。

アマゾン株に限っては、これまでの常識が通じないのではないかと思われている。

直近10か月のAMZNの株価チャートはこちら。

finviz dynamic chart for  AMZN

売上高:AMZNは順調な右肩上がり

青色のAMZN売上高をみよう。

インターネットの普及によりE-コマースが急成長であるとわかる。

この成長率はしばらく続きそうである。

一方で営業利益率は一桁%である。

成長フェーズでは利益を出さない方針というメッセージが読み取れる。

キャッシュフロー:AMZNはグロース銘柄

営業キャッシュフローが美しい推移を示している。

フリーCFは2015・16年と大きく伸びている。

これらの資金を今後はどこに振り向けるのか、決算に注目が集まる。

配当金:AMZNは無配銘柄

Amazonはグロース銘柄であり、配当金は出さない。

投資に多くの金額を振り向けておりEPSがマイナスとなることもある。

一方で他社を寄せ付けないだけの成長率を誇っている。

AMZN(アマゾン)への投資のリスク

Amazonが今後しばらくの間成長することは間違いないだろう。

あえてリスクを挙げてみたい。

AMZNといえども、過渡な価格競争に直面

Amazonは顧客の利便性向上に寄与している。

小売に関しては利便性を武器に他社から売上を奪い取っており、オンラインコンテンツも提供している。

高価格というよりはリーズナブル路線である。

低価格の為にファンダメンタルズへ悪影響がある、かもしれない。

AMZNに課せられるだろう、オンライン販売税

ネット通販への税金が課される可能性がある。

米国でオンライン販売税が導入されたならば、他国も追随することが予想される。

その場合、アマゾンは各国で対応を変えなければならない。

政治リスクはビジネスにつきものであり、目立っているアマゾンはこの標的にされてもおかしくはない。

AMZNの急成長は魅力だが、人がアマゾンの成長に追いつかない

アマゾンCEOのジェフ・ベゾスが天才すぎて、人間がアマゾンに追いついていけないかもしれない。

従業員なのか顧客なのかはわからない。

それほどまでにアマゾンの成長っぷりは凄まじいものを感じる。

個人的にはAmazonから誤った配送メールを受信したことがある。

しばらくして訂正メールも受信した。

多くの事をこなす上で、ヒトだけではなくシステムが追いつかないリスクもあるかもしれないと感じた。

AMZN(アマゾン)スーパーマーケット参入で思うこと

Amazonの高級スーパーマーケット買収は衝撃的ニュースであった。

これまでの路線と異なることから、多角化リスクと成長鈍化への影がちらつく。

一方でさらなる飛躍を夢見ることが出来る。

現在小売第10位のAmazonは、近い将来でトップ5にランクインするだろう。

小売の独占を狙っている。

その次にはさらにアマゾンがこれまで実施していなかった分野への参入もあるかもしれない。

Amazonの成長を空想するのは楽しい。

最後に、アマゾンの使命で締めたい。

地球上で最もお客様を大切にする企業であること

次なるアマゾンのお客様は誰なのか、今後が楽しみだ。

See you!

■関連記事の紹介

アマゾンといえば人工知能・AI銘柄としても名高い

AI関連銘柄に注目が集まっている。 人工知能という言葉を聞かない日はもはや無い。そのくらい身近になっている。先日、将棋の電王戦において佐藤名人がAIに敗北した。 私は将棋についてはほとんど知らない。数多くの指し手...

AIの分野では、Amazonとマイクロソフトはライバル関係になる

マイクロソフト MSFTとは世界的なソフトウェアメーカーである。 互換性の高さによって業界覇者として君臨している。PC用OSのWindiowやOfficeは世界トップ。 さらにはゲーム機のXbox、小型PCのSurfac...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク