VTIは米国全体に投資できるETF:株価チャートと配当金推移

VTIは株価よし・配当金よし・リターンよしの3拍子揃ったETF。

米国株ETFを代表する【VTI】は、アメリカ市場にまとめて投資が出来る商品です。

【VTI】は、米国市場のほぼ全てをカバーしているETFですから。

 

本記事では大人気ETF、VTIについて紹介していきます。

 

VTIとはどんなETFか?

  1. アメリカ市場を丸ごと買うコンセプト
  2. コストがめちゃめちゃ低い
  3. 米国株投資のコアとなれるETF

 

スポンサーリンク

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの特徴

VTIとは全米株式市場に投資ができるアメリカ株ETF

注:2017年5月にバンガード社が信託報酬を引き下げ。0.05%→0.04%

 

【VTI】とは米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーしているETFです。

【VTI】のベンチマークは、USトータル・マーケット・インデックス。

米国株投資といえばS&P500か、VTIといえます。

 

【VTI】は、資産運用残高が世界ランキング第3位の超人気アメリカ株ETF

ETF資産運用残高ランキングの第3位に位置付けています。

世界中で大人気の米国株ETF。

S&P500連動商品を除けば、【VTI】が世界一のETFであるといえるわけです。

 

日本でも、【VTI】の人気っぷりが観察できます。

2017年末から楽天・全米株式インデックス・ファンドを通してVTIの購入ができるようになったのです。

米国株ETFだけではなく、日本円で投資信託を通じて【VTI】に投資をすることが可能になりました。

VTIと楽天・全米株式インデックス・ファンドのコスト比較
楽天VTIという投資信託が熱いです。 米国ETFで超絶おすすめと言われるのがVTIですね。 モーニングスター社や各種金融機関、さらには個人投資家からの注目度が高いETFです。 バンガード社の売れ筋商品であるトータル...

 

VTIとS&P500の違いは、小型株が入っているかどうか

VTIVOO
大型株77%91%
中型株18%9%
小型株6%0%

S&P500に連動する米国株ETF【VOO】と比較すると、【VTI】は小型株を含んでいることが特徴です。

 

VTIとVOOの米国株式市場のカバー率

  • VTI:100%
  • VOO:80%

 

小型株効果を信じるならば、S&P500よりも【VTI】を持っておきたい。

そして米国個別大型株を保有している場合には、S&P500よりは【VTI】の方が好ましいと思います。

 

あえて使い分けるならこんな感じでしょうか。

  • インデックス一本で勝負  :S&P500
  • 他にも米国株投資をしている:VTI
VTIとVOOの比較、米国株代表ETFの構成比率の違いとは?
VTIとVOOの違いは何でしょうか? VTIの方が小型株を多く含んでいることが大きな違いです。 VTI(USトータルマーケット)の特徴 アメリカ市場全体に投資ができる S&P500よりも小型株が多くリター...

 

VTIの組入れセクター

バンガード社HPより

 

VTIの組入れ上位をみると、3セクターで50%を占めています。

 

VTIのセクター別構成比率(2017年12月末時点)

  • 金融    :20.5%
  • テクノロジー:18.5%
  • 資本財   :13.3%

 

ところがこの比率は時間とともに変化するのです。

本記事はリライトなので、過去記載分も残しておきます。

 

VTIのセクター別構成比率(2017年5月時点)

  1. テクノロジー :20.37%
  2. 金融     :18.69%
  3. 消費者サービス:13.13%

 

これがインデックスETFの妙味。

時価総額に応じて、自動的にリバランスがされているのです。

 

VTIは米国市場全体をカバーするETF。

したがってVTIの上位セクターは、アメリカで最も旬な業種というわけです。

米国株は11セクター、業種別の代表銘柄リスト
アメリカ株のセクター分類はどうにもわかりにくいないですか? 米国株は各社によってセクターや業種の記載方法が少しずつ違うからですね。 アメリカでは厳密にセクター分けをしなくてもよいのかもしれません。 そうは言っても株...

VTIの構成銘柄

バンガード社より

 

VTIの構成銘柄上位8銘柄(2017年末)

  1. アップル:2.8%
  2. マイクロソフト:2.4%
  3. アルファベット:2.3%
  4. アマゾン:1.7%
  5. フェイスブック:1.5%
  6. バークシャーハサウェイ:1.4%
  7. ジョンソン・エンド・ジョンソン:1.4%
  8. JPモルガンチェース:1.3%

 

VTIの構成銘柄上位8銘柄(2017年5月時点)

  1. アップル【AAPL
  2. アルファベット
  3. マイクロソフト
  4. アマゾン
  5. エクソンモービル
  6. ジョンソン・エンド・ジョンソン
  7. フェイスブック

 

VTIの構成銘柄上位は錚々たる企業が並びます。

時価総額上位とほぼ同義ですから当然といえば当然。

 

しかしトップ10銘柄を足しても占有シェアは20%にもなりません。

VTIはそれだけ幅広く分散されたETFだという事です。

 

アメリカ市場をそのまま買える商品がVTI。

VTIがおすすめされる理由がここにあります。

アメリカ株に興味を持ったら、とりあえずVTIを購入しておけば間違いはないでしょう。

>>米国株投資の6つの魅力

スポンサーリンク

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの株価と配当金の推移

VTIの株価チャート 直近10カ月

finviz dynamic chart for  VTI

 

2018年に【VTI】株価は150ドル前後にまで上昇しました。

2018年後半~2019年にかけての株価乱高下をみると、120ドル代前半で購入できると良さそうです。

VTIの分配金・配当金の推移

VTI分配金推移 2018年

VTI分配金推移 2018年

 

10年間でVTIの分配金は70%増となっていました。

15年間でみると3.5倍にもなっています。

 

VTIは株価よし、配当金よし、ゆえにリターンよし。

 

長期投資をするならVTIは必須の米国ETFといえます。

VTIの増配率推移

 

VTIの発売以来、減配した年は3回ありました。

 

とくにVTIの分配金が大きく減配された年が2回あります。

  • 2005年:-25.8%
  • 2009年:-29.6%

 

VTIの分配金は基本的に右肩上がり。

しかしながら減配することには注意を要します。

 

一方で分配金利回りをみると、2%前後で推移しています。

同じバンガード社ETFのVYM(米国高配当ETF)とは異なり、分配利回りは高くありません。

>>VYM(米国高配当株式ETF):分配金と増配率の10年推移

 

それでも長期で見ると株価上昇だけでなく分配金上昇が狙えます。

 

VTIで10年単位の長期投資をする際には

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

の両方狙えるおすすめETF。

 

米国株式市場への投資とは、こうした右肩上がりのメリットを有しています。

スポンサーリンク

おすすめ米国株ETF【VTI】への私見

【VTI】の保有状況と受取分配金状況

VTIの保有株数と、受取分配金の状況はこちら。

分配金生活に向けて:【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの受取分配金
本記事では、【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFからの受取分配金推移を記録していきます。分配金生活や配当金生活を目指す上では、【VTI】は補助的な役割ですね。 ポートフォリオという意味では、【VTI】がコアとなる...

 

米国株ETFの代表銘柄;3つの特徴

VTIの特徴を3つ挙げると

  1. アメリカを丸ごと買うコンセプト
  2. 10年間トータルリターンはS&P500より高い
  3. コストがめちゃめちゃ低い

 

非の打ちどころがない米国株ETFです。

 

VTIは米国株投資の魅力をすべて兼ね備えた商品。

 

アメリカ株に強いマネックス証券はVTIの良さをもっと宣伝したほうがよいのではないでしょうか。

証券会社が言えない私が言います。

 

VTIは超おすすめETF!

 

スポンサーリンク

【VTI】の買い方や手数料の注意点

【VTI】の購入は、インターネット証券がおすすめです。取引手数料が安く、【VTI】以外の銘柄にも投資が可能だからです。

アメリカ株取引ができる証券会社ランキング
本記事では、米国株投資でおすすめの証券会社ランキングを紹介します。 結論からいうと、アメリカ株取引ではマネックス証券がおすすめです。 私は複数社の海外株証券口座を持っており各社の使い勝手を比較しましたが、注文方法の多彩さと、...

 

【VTI】などの米国株ETFの買い方は、それほど難しいものではありません。

米国株(アメリカ株)の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説
アメリカ株(米国株)の買い方を覚えておきたい理由 米国株の買い方を覚えておきたいです。 アメリカ株への投資は日本においてどんどん加速していくと思うからです。 特定口座対応がされ、税金対応の手間が省ける 米国株投資は世界の...

 

米国株ETFは手数料負けしないように、1,111ドル以上で取引するのがおすすめです。

米国株・海外ETF取引で、手数料負けしない売買金額とは?
アメリカ株や海外ETFの取引手数料は、日本株よりも高いです。 以外のインターネット証券で米国株取引をするする際には、 1,111ドル以上 で売買しないと、手数料負けします。 この取引手数料は、アメリカ個別株で...

 

おすすめ米国株ETFの13銘柄リスト
海外ETFおすすめ13銘柄の分配金を比較【2018年版】
おすすめ海外ETF13銘柄の手数料

【米国株ETF】おすすめ銘柄を選ぶ3つの方法
海外ETFの買い方
海外ETFで手数料負けしない取引額

コメント

  1. […] 各ETFの価格情報:Investing.com 米国株、日欧株、新興国株の分配金情報:アメリカ株でアーリーリタイアを目指す […]