米国株・海外ETF取引で、手数料負けしない売買金額とは?

スポンサーリンク

アメリカ株や海外ETFの取引手数料は、日本株よりも高いです。

米国株と日本株の売買手数料の差は、インターネット証券であっても同様です。

先日2,000ドル単位での米国株取引を実施しました。

この時に「手数料負け」という概念について気になったのです。

そこで主要インターネット証券における米国株取引額がいくらなら手数料負けしないのかを計算してみました。

米国株取引が可能なインターネット証券会社

米国株・海外ETFで手数料負けしない取引金額

米国株・ETFで手数料負けしない取引金額

米国株・ETFで手数料負けしない取引金額

インターネット証券会社でアメリカ株取引をする場合、1,111ドル以上の売買金額ならば手数料負けはしないことになります。

さらに約4,444ドル以上の取引額だと、手数料率がどんどん下がります。

これはいずれの証券会社も、米国株売買手数料の上限・下限を設けているからです。

インターネット証券会社の、米国株取引手数料

  • 下限金額:5.4ドル(税込)
  • 上限金額:21.6ドル(税込)

本場米国の証券会社をつかえば、アメリカ株投資の手数料がもっとリーズナブルに可能です。

しかしながら海外証券口座には特定口座対応していないというデメリットもあります。

SBI証券・楽天証券・マネックス証券においては、

  • 手数料負けしない取引金額:1,111ドル以上
  • 手数料率が下がる取引金額:4,444ドル以上

となります。

スポンサーリンク

米国株・海外ETFの売買金額毎の手数料・率

米国株で手数料負けしない取引金額

米国株で手数料負けしない取引金額

売買金額($) 売買手数料($) 手数料率(%)
1 5.4 540%
10 5.4 54%
100 5.4 5.4%
1,000 5.4 0.54%
1,111 5.4 0.49%
2,000 9.72 0.49%
4,444 21.6 0.49%
5,000 21.6 0.43%
6,000 21.6 0.36%
8,000 21.6 0.27%
10,000 21.6 0.22%
20,000 21.6 0.11%
100,000 21.6 0.02%

米国株の売買手数料では、上限・下限金額が定められています。

この場合、このふたつの取引金額がポイントとなります。

  • 1,111ドル
  • 4,444ドル

最低でも1,111ドル以上で売買をしましょう。

さらに4,444ドル以上の取引を目指せば、手数料の面でお得感が増します。

手数料率として自分がいくらまで許容できるのかを知っておけば、自ずと一回の取引金額がきまります。

米国株・海外ETFの売買手数料(インターネット証券)

証券会社 売買手数料
SBI証券 約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
マネックス証券 約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
楽天証券 約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)

米国株取引が可能なインターネット証券会社は3社のみです。

かつてはマネックス証券が米国株売買手数料の面で最安でした。

いまは為替手数を除けば、売買手数料は3社横並びです。

日本のインターネット証券会社を通して米国株などの外国株に投資をする際は、一回取引金額にも目を向けてみるとよさそうです。

  • 1,111ドル
  • 4,444ドル

手数料負けしない売買金額を知りどうするか?

私はアメリカ株の運用方針を定めています。

50万円単位で入金投資をすることにしています。

一回の取引金額は、最低でも1,111ドル以上、あわよくば4,444ドルを狙います。

株高でも株安でも、手数料負けしない取引金額で米国株投資を継続していきます。

米国株投資におすすめな証券会社

米国株取引におすすめの証券会社ランキング

おすすめ 証券会社 コメント
No.1 マネックス証券 米国株取引に 最適
No.2 SBI証券 為替手数料Good
No.3 楽天証券 見やすさ抜群

私は3社に証券口座を保有していますが、3つの観点からアメリカ株取引は主にマネックス証券を使っています。

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

【詳細:米国株の買い方(マネックス証券編)

参考:米国株投資におすすめな証券会社の比較ランキング

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。

米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

手数料負けせずにアメリカ株投資をしていきたいですね。

公式サイトはこちら→マネックス証券

スポンサーリンク

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ