ナイキ【NKE】の株価・配当金・決算・業績のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スウッシュで有名なNIKEはグロース銘柄として名高い。

1980年代にはNBA(バスケット)のマイケルジョーダンと契約して、「エア・ジョーダン」シリーズを発売した。

商品力というよりはブランド力に定評のあるスポーツ用品世界首位メーカーだ。

 

本記事はダウ平均株価構成銘柄シリーズの一環である。

銘柄分析とまではいかないのだがアメリカ市場を代表するブルーチップNKE ナイキの企業紹介をしたい。

スポンサーリンク

ナイキ【NKE】の概要

  • 創業:1964年
  • 上場:1990年10月
  • 決算:5月

 

スポーツ用品世界首位。

エアマックスなど、クッション性の高いスポーツ靴が有名。

コンバースを傘下にもつ。

オリンピックやサッカーワールドカップのスポンサーを務めるなどブランド力に磨きをかける。

 

2017年にはアマゾンと連携しネットの販路拡大をすると報道された。

ナイキ【NKE】の株価チャート 直近10カ月

finviz dynamic chart for  nke

 

グロース株にもカテゴライズされるナイキ株。

ここ最近の株価は軟調である。

柱の北米のフットウェア不信が響いているのであろう。

 

ナイキ【NKE】の株価指標・バリュエーション

2017年10月15日
ティッカーNKE
株価50.98
PER21.78
EPS2.34
配当1.41%
配当性向30.0%
配当月1・4・7・10月
増配年15年
増配率(3年)15.1%
増配率(5年)15.6%
β0.6

 

配当利回りは2%以下であり低配当株だ。

ところがナイキ株は連続増配銘柄なのである。

利益の伸びが鈍化してはいるが、配当性向から計算するとまだまだ増配余力は残されている。

これからも配当金を増やしてくれるであろう。

 

ナイキ【NKE】の売上高推移

ナイキNKEの売上高

 

青色の売上高を見てみよう。

リーマンショックやサブプライム問題のあった2008年以降、右肩上がりの推移である。

黄色の営業利益率は10%前後を堅持している。

 

ネット販売のてこ入れで今後の収益性がどのようにかわるのか、四半期決算を注目しておきたい。

 

ナイキ【NKE】のキャッシュフロー

ナイキNKEのキャッシュフロー

 

大きな投資キャッシュフローを必要としないビジネスモデルなのだ。

営業CFとフリーCFの差が小さい。

 

ナイキ【NKE】の配当金・配当性向

ナイキ株 NKEの配当金推移

 

ブルーのEPS(一株当たりの利益)は順調な右肩上がりを示している。

連続増配銘柄であるナイキ株は、オレンジ色の配当金もEPS同様に増えている。

配当性向は一貫して30%前後で推移している。

 

ナイキ株 NKEの3大ネット証券での取引可否

NKE
マネックス証券
SBI証券
楽天証券

 

参考アメリカ株投資の6つの魅力

 

ナイキ 【NKE】に投資する際のリスク

ナイキ株には為替リスクが付きまとう。

売上高の50%以上が米国外からの稼ぎであるからだ。

さらに競合他社との闘いによるシェア低下リスクもある。

アディダスやアンダーアーマーなどが一部の国でナイキのシェアを侵食している。

 

ナイキ【NKE】への一言コメント

2017年にはいり、ナイキはアマゾンを通じて一部商品を販売する方針を打ち出した。

最強のブランド力を誇るナイキ製品を、アマゾンを通じて購入できることになる日は近い。

今後のアマゾンとの提携に期待大。

株主としてはNKEの収益性低下に要注意だ。

 

著者はNKE株を保有していません。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にNKE株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

 

NYダウに注目した記事

 

米国株におすすめの証券会社は?

インターネット証券で米国株取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

 

おすすめ証券会社コメント
No.1マネックス証券米国株取引に最適
No.2SBI証券為替手数料Good
No.3楽天証券見やすさ抜群

 

私は3社に証券口座を保有していますが、3つの観点からアメリカ株取引は主にマネックス証券を使っています。

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

 

【詳細:米国株投資、おすすめの証券会社を比較

【詳細:米国株の買い方(マネックス証券編)

 

配当金に注目の米国株マイポートフォリオ

私は配当金を狙った米国株投資をしています。インカムゲインを対象とした投資が自分の性格に合っていると思うからです。

 

【参考:米国株 注目の51銘柄

 

米国株で配当金について注目している銘柄

 

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

 

【参考:米国株マイポートフォリオ

 

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています

 

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

NYダウ銘柄
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント