NYダウ銘柄入れ替えを見ると、最強のアクティブファンドだと思う

NYダウは世界で最もメジャーな株価指数のひとつです。

たとえば日本の経済ニュースでは「ダウ工業株30種平均(ダウ平均)」と呼ばれ、毎日放送されています。

株式投資をしていない人でも、ダウ平均の言葉は知っているでしょう。

 

広く普及しているNYダウ。

じつは構成銘柄が頻繁に入れ替わっているのです。

インデックス・株価指数といえども、その中身は同じではないのですね。

 

本記事では2000年以降のNYダウ銘柄の入れ替え状況を紹介していきます。

私は「NYダウは最強のアクティブファンドのようだ」と感じましたよ。

 

スポンサーリンク

NYダウの銘柄入れ替え状況(2000年~)

2018年のNYダウ構成銘柄

黄色背景は2000年時点でもNYダウ銘柄であった企業です。

つまり白背景は、2000年~2017年の間に新たに加わった銘柄ということ。

 

社名/ティッカー/セクター
アップル【AAPL】情報技術
アメリカン・エクスプレス【AXP】金融
ボーイング【BA】資本財
キャタピラー【CAT】資本財
シスコ【CSCO】情報技術
シェブロン【CVX】エネルギー
デュポン【DD】素材
ディズニー【DIS】一般消費財
ゼネラル・エレクトリック【GE】資本財
ゴールドマン・サックス【GS】金融
ホーム・デポ【HD】一般消費財
アイ・ビー・エム【IBM】情報技術
インテル【INTC】情報技術
ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】ヘルスケア
JPモルガン【JPM】金融
コカ・コーラ【KO】生活需品
マクドナルド【MCD】一般消費財
スリーエム【MMM】資本財
メルク【MRK】ヘルスケア
マイクロソフト【MSFT】情報技術
ナイキ【NKE】一般消費財
ファイザー【PFE】ヘルスケア
プロクター・アンド・ギャンブル【PG】生活需品
トラベラーズ【TRV】金融
ユナイテッド・ヘルス【UNH】ヘルスケア
ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】資本財
ビザ【V】情報技術
ベライゾン【VZ】電気通信
ウォルマート【WMT】生活需品
エクソン・モービル【XOM】エネルギー

 

2018年時点でのNYダウ構成30銘柄のうち、2000年時点でも同様であったのは20銘柄です。

つまりいまのNYダウのうち10銘柄は2000年以降に新たに加わったということです。

21世紀になってNYダウの1/3は入れ替わっていることになります。

 

2000年時点ではNYダウ銘柄だった10企業

  1. アルコア
  2. アライドシグナル
  3. AT&T
  4. シティグループ
  5. イーストマン・コダック
  6. ゼネラルモーターズ
  7. ヒューレットパッカード
  8. インターナショナル・ペーパー
  9. フィリップモリス
  10. SBCコミュニケーションズ

 

ここからはNYダウの入れ替えの歴史を追っていきます。

 

NYダウの銘柄入れ替え 2004年2月

追加

アメリカン インターナショナル グループ
ファイザー
ベライゾン コミュニケーションズ

除外

AT&T
イーストマン コダック
インターナショナル ペーパー

 

NYダウの銘柄入れ替え 2005年11月

追加

AT&T

(旧SBC、買収後に社名変更)

除外

SBC コミュニケーションズ

 

NYダウの銘柄入れ替え 2008年2月

追加

バンク オブ アメリカ
シェブロン

除外

アルトリア グループ
ハネウェル インターナショナル

NYダウの銘柄入れ替え 2008年9月

追加

クラフトフーズ グループ

除外

アメリカン インターナショナル グループ

 

NYダウの銘柄入れ替え 2009年6月

追加

シスコシステムズ
トラベラーズ カンパニーズ

除外

シティグループ
ゼネラル モーターズ

 

NYダウの銘柄入れ替え 2012年9月

追加

ユナイテッドヘルス グループ

除外

クラフトフーズ グループ

NYダウの銘柄入れ替え 2013年9月

追加

ビザ
ゴールドマン サックス グループ
ナイキ

除外

アルコア
バンク オブ アメリカ
ヒューレット パッカード

 

NYダウの銘柄入れ替え 2015年3月

追加

アップル

削除

AT&T

 

参考>>>ダウ平均株価 構成銘柄入れ替えの歴史

 

スポンサーリンク

NYダウ平均とS&P500の株価チャート比較(2000年~)

緑:NYダウ 青:S&P500

 

上図は2000年始~2017年末におけるNYダウ平均とS&P500の株価チャートです。

ご覧のようにS&P500よりもNYダウの株価上昇の方が優れています。

 

株価上昇率の比較(2000年 vs 2017年末)

  • NYダウ30:+125.94%
  • S&P500  :+85.25%
スポンサーリンク

NYダウの銘柄入れ替えをみて思うこと

 

インデックスとして君臨しているNYダウ平均。

パッシブ投資の対象商品にもなります。

とはいえNYダウ30はアクティブファンドと似た雰囲気を感じます。

 

NYダウの銘柄入れ替えをみて思ったこと

  • 21世紀で1/3の銘柄が入れ替わっている
  • 2000年以降の成績はS&P500より優れている
  • まるで最強のアクティブファンドのようだ

 

アクティブかパッシブのどっちが勝ちやすいか?

スポンサーリンク

NYダウに連動する、おすすめ商品

区分名称
投資信託iFreeNYダウ・インデックス
投資信託たわらノーロードNYダウ
ETFSPDR ダウ工業株平均ETF 【DIA】

 

信託報酬が安いものを選ぶとこの3つがおすすめといえるでしょう。

NYダウはつみたてNISA対象商品には選ばれていませんが、最強のアクティブファンドに投資をしたいならダウ平均連動ファンドがよさそうです。

 

投資信託の積立におすすめな証券会社

 

海外ETFへの投資におすすめの証券会社

 

関連記事の紹介です

ダウ平均株価指数は単純平均と除数で算出されます。

ダウ平均株価の算出方法は、小学生でもわかる
本記事では小学生でも分かるダウ平均の算出方法を紹介します。 株式投資に興味のある人はもちろん、投資した事のない人でも聞いた事ありますよね? 「ダウ平均株価」 という言葉。 例えば 「ダウ平均...

 

ダウ構成銘柄のうち、高配当株に投資をするのがダウの犬です。

ダウの犬、高配当おすすめ米国株10銘柄【2018年版】
おすすめ高配当アメリカ株を知りたいと思う事はありませんか? そんな時にはダウの犬銘柄がまず思い浮かびます。米国でもおすすめされている投資手法のひとつですね。 本記事はダウ30構成銘柄の高配当利回り株の紹介。ダウの犬戦略です。 ...

 

DIAはダウ連動のETF

NYダウ30平均連動ETF【DIA】の紹介
ダウ平均のETFは魅力的です。 NYダウ工業平均株価に連動するETFは日本国内でもいくつか上場されています。 ただし国内外ETFの運用残高をみれば海外ETFに分があります。 SPDR® ダウ工業株平均ETF...

コメント