スポンサーリンク

AT&T【T】の配当金:増配はいつ?いくら?

高配当株かつ連続増配銘柄として名高いAT&T【T】の配当金がアナウンスされました。

予定通りの1セントの増配。

良い意味でも悪い意味でも安定感ありますね。

参考AT&T【T】の配当金をゲット、増配率をインフレ率と比較してみた

スポンサーリンク

AT&T【T】の配当金アナウンスメント

米国株の増配情報は、インターネットから入手できます。

Seeking alphaであったり、海外ブログやツイッターが主な情報源となります。

今回はSeeking alphaサイトを参考にしてみましょう。

  • 18年2月1日支払い分から
  • 配当金が0.50ドル/四半期
  • 配当利回り5.24%へ
  • 増配率は2%

AT&T declares $0.50 dividend

|About: AT&T Inc. (T)
AT&T (NYSE:T) declares $0.50/share quarterly dividend2% increase from prior dividend of $0.49.
Forward yield 5.24%
Payable Feb. 1; for shareholders of record Jan. 10; ex-div Jan. 9.

連続増配銘柄は、意地でも増配を維持しますよ!という意気込みがつたわってきます。

ここからは私がなぜ「意地でも増配」だと感じているのかをシェアしていきます。

参考米国株の連続増配年数を調べ方

AT&T【T】:四半期毎の配当金推移

Dividend.comより

上図はAT&Tのクオーター毎の配当金推移を表しています。

AT&T【T】は30年をこえる連続増配記録を保持しているとわかりますね。

さらにブレイクダウンしましょうか。

AT&T【T】:増配される時期と金額

米国株の連続増配年数を調べ方の記事にかきましたが、Dividend.comというサイトは便利ですよ。

Dividend.comにある配当金支払い状況を下記に転記をします。

Payout Amount Declared Date Pay Date 
$0.50 2017/12/15 2018/2/1
$0.49 2017/9/29 2017/11/1
$0.49 2017/6/30 2017/8/1
$0.49 2017/3/31 2017/5/1
$0.49 2016/10/22 2017/2/1
$0.48 2016/9/30 2016/11/1
$0.48 2016/6/24 2016/8/1
$0.48 2016/3/25 2016/5/2
$0.48 2015/12/18 2016/2/1
$0.47 2015/9/25 2015/11/2
$0.47 2015/6/26 2015/8/3
$0.47 2015/3/27 2015/5/1
$0.47 2014/12/19 2015/2/2
$0.46 2014/9/26 2014/11/3
$0.46 2014/6/27 2014/8/1
$0.46 2014/3/28 2014/5/1
$0.46 2013/12/13 2014/2/3
$0.45 2013/9/27 2013/11/1
$0.45 2013/6/28 2013/8/1
$0.45 2013/3/29 2013/5/1
$0.45 2012/11/7 2013/2/1
$0.44 2012/9/28 2012/11/1
$0.44 2012/6/29 2012/8/1
$0.44 2012/3/30 2012/5/1
$0.44 2011/12/16 2012/2/1
$0.43 2011/9/30 2011/11/1
$0.43 2011/6/24 2011/8/1
$0.43 2011/3/25 2011/5/2
$0.43 2010/12/17 2011/2/1
$0.42 2010/9/24 2010/11/1
$0.42 2010/6/25 2010/8/2
$0.42 2010/3/26 2010/5/3
$0.42 2009/12/18 2010/2/1
$0.41 2009/9/25 2009/11/2
$0.41 2009/6/26 2009/8/3
$0.41 2009/3/27 2009/5/1
$0.41 2008/12/12 2009/2/2
$0.40 2008/9/26 2008/11/3
$0.40 2008/6/27 2008/8/1
$0.40 2008/3/28 2008/5/1
$0.40 2007/12/11 2008/2/1

直近10年の四半期毎配当金を示しています。

赤字は増配したときです。

ここから気づくことといえば

  • 増配額 :直近10年の増配は1セントずつ
  • 増配時期:毎年2月支払い分
  • 公表時期:第4四半期

この事実は株主にとっては非常に重要であると感じます。

参考米国株式の配当金は、いつ振り込まれるか確認できるサイト

AT&T【T】が、「意地でも増配」していると思う理由

連続増配年の定義を振り返ると、四半期毎に配当金を増額しなくても連続増配であることは満たせます。

しかしながらAT&Tは、毎年第4四半期に増配のアナウンスをしているのです。

しかも1ペニー。

ここにCEOや経営陣の意気込みを感じるわけです。

一定時期に配当金増額をしなくても良いにもかかわらず、AT&Tは安定感を株主に示しているのです。

わざわざね。

このような企業は地味だけど手堅くて、私は好きですね。

参考連続増配年の定義 実は毎年増配しなくても良い

まとめ:AT&T【T】配当金の調べ方

  • 増配情報は、Seeking alphaや海外ブログ・ツイッターから得るのが便利
  • AT&Tは例年通り、4Qに増配アナウンスをした
  • 増配額も安定の1ペニー

米国を代表する通信高配当株は株主還元への意欲は高いわけです。

株主になるならばやっぱり還元率が高い企業に投資をするのが良いですよね。

そんなわけで、私は米国株投資を続けていきますよ。

参考米国株の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説

【参考:米国株 注目の51銘柄

米国株で配当金について注目している銘柄

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする