スポンサーリンク

ダウ 推奨銘柄ランキング 栄えある第一位は【IBM】?

ダウ30の中から推奨銘柄ランキングを作ってみることにした。

ダウ30のランキングで有名なのは、ダウの犬で選択されている配当利回りである。

もちろん今現在の配当利回りは大事。

これを将来的観点からみると、増配率というのも重要となってくる。

それ以外にもいくつかの指標を参考に、私は銘柄選択を実施している。

自分自身ではなんとなく選んでいたが、その銘柄選択基準は何であるのかを明確にする必要がある。

なので考えてみた。

銘柄選択に重要視する指標

・PER

・配当利回り

・配当性向

・5年増配率

・連続増配年

この5つを重視しているという事が自分自身への問いかけで再認識できた。

今現在の指標としては、PER、配当利回り、配当性向

過去から未来を予測する観点としては、5年増配率、連続増配年

である。

増配年ランキング

銘柄 P/E 5-yr Dividend CAGR Yield % Payout 増配年
PG 23.87 8.30% 3.29 78.3% 58
MMM 21.1 9.70% 2.58 54.2% 56
KO 25.51 8.30% 3.27 83.5% 53
JNJ 17.87 7.30% 3 53.7% 52
WMT 14.88 12.90% 2.7 40.1% 40
MCD 21.56 10.30% 3.54 76.4% 39
XOM 12.79 10.90% 3.43 43.8% 32
CVX 10.89 10.10% 4.3 46.8% 27
CAT 14.03 6.70% 3.52 49.4% 21
IBM 10.6 14.40% 3.11 33.0% 19
MSFT 19.15 17.50% 2.69 51.5% 11
VZ 19.85 2.90% 4.64 92.1% 10
TRV 9.64 11.80% 2.45 23.7% 6
V 30.03 33.00% 0.7 21.0% 6
NKE 30.46 14.10% 1.05 32.0% 6
INTC 13.62 10.70% 2.99 40.9% 5
UNH 20.05 89.50% 1.66 33.3% 5
CSCO 16.83 0.00% 2.89 48.6% 5
GE 240.97 11.00% 3.38 836.4% 5
PFE 23.65 6.70% 3.27 77.2% 5
JPM 12.47 60.00% 2.59 32.2% 4
DIS 24.21 22.80% 1.02 24.7% 4
MRK 15.05 3.60% 3.1 46.8% 4
DD 20.01 2.50% 2.81 56.2% 4
GS 11.23 10.00% 1.22 13.7% 3
AXP 14.06 7.60% 1.45 20.4% 3
UTX 16.25 8.90% 2.23 36.2% 3
BA 18.16 9.70% 2.76 45.6% 3
HD 22.85 16.30% 2.1 47.9% 2
AAPL 15.65 0.00% 1.64 25.7% 2

今回気づいたのは、ダウ銘柄は必ずしも連続増配企業であるとは限らないという事。

増配年ランキングでは、歴史ある企業が有利になる。

プロクター&ギャンブルがNo.1。

これは【PG】が毎年増配をする限りはだの銘柄も追いつけない。

時は万人に平等である。

では、5つの指標の複合エンドポイントでのランキングはどうか?

5指標の重みづけを変えるだけで、順位が大きく変わってしまう事が容易に想像できる。

なので5つの指標を全て平等に扱う事にした。

そこで考えたのが、各々の指標のダウ30内での順位を単純に足す という事だ。

複合5指標ランキング

銘柄 増配年 PER 5年増配率 配当性向 配当利回り 合計
IBM 10 2 7 9 10 38
XOM 7 6 12 14 5 44
CVX 8 3 15 17 2 45
TRV 14 1 10 4 21 50
WMT 5 10 9 12 17 53
JPM 22 5 2 8 19 56
INTC 17 7 13 13 13 63
CAT 9 8 24 20 4 65
MCD 6 22 14 25 3 70
UNH 16 20 1 10 24 71
MSFT 11 17 5 21 18 72
GS 25 4 16 1 27 73
JNJ 4 15 23 22 12 76
V 13 28 3 3 30 77
PG 1 25 20 27 7 80
MMM 2 21 18 23 20 84
AXP 26 9 22 2 26 85
DIS 21 26 4 5 29 85
MRK 23 11 26 16 11 87
NKE 15 29 8 7 28 87
VZ 12 18 27 29 1 87
KO 3 27 21 28 9 88
BA 28 16 17 15 16 92
UTX 27 13 19 11 22 92
CSCO 18 14 30 19 14 95
GE 20 30 11 30 6 97
HD 30 23 6 18 23 100
AAPL 29 12 29 6 25 101
PFE 19 24 25 26 8 102
DD 24 19 28 24 15 110

これは単に順位を足したものである。

しかしながら自分自身でも結構参考になると感じた。

栄えある第一位は、【IBM】が獲得。

IBMは5つ全ての指標でベスト10入りしている。

【XOM】も大健闘。

このあたりを注目しつつ、2015年下半期に突入する事に決めた。

そんなわけで、今後もアメリカ株 連続増配銘柄を中心に投資していく事にする。

そして、配当金生活・アーリーリタイヤへの道程を歩んでいこう。

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク