シーゲル銘柄は、米国株の運用成績ランキングトップ20

スポンサーリンク

シーゲル銘柄とは、米国株の運用成績ランキングトップ20

ジェレミー・シーゲル著株式投資の未来には、1957年~2003年迄のリターン上位20銘柄が記載されています。

黄金銘柄とよばれる企業。

とても参考になります。

ただし2003年迄のデータ。

なので株式投資の未来では、リーマンショックを含んだリターンはわかりません。

一方の英語版では続編のStocks for the Long Run 5/Eが発売されています。

その投資本では、2012年迄の米国株運用成績ランキングが言及されているのです。

これら1957年~の米国株・運用成績ランキングベスト20の企業をシーゲル銘柄と私はよんでいます。

本記事では1957年~2012年までのシーゲル銘柄リストを紹介します。

スポンサーリンク

シーゲル銘柄・米国株リターンランキング【2012年版】

1957~2012年の運用リターン上位はこちら。

No 社名 ティッカー 年率 増配年
1 フィリップモリス PM 19.47 46
1 アルトリア MO 19.47 46
2 アッヴィ ABBV 15.18 44
2 アボット・ラボラトリーズ ABT 15.18 44
3 コカコーラ KO 14.68 53
4 コルゲート・パーモリーブ CL 14.64 53
5 ブリストル・マイヤーズスクイブ BMY 14.40 7
6 ペプシコ PEP 14.13 44
7 メルク MRK 13.95 5
8 ハインツ HNZ 13.80 5
9 CVSヘルス CVS 13.65 13
10 トッツィロー TR 13.57 50
11 クレイン CR 13.57 11
12 ハーシー・フーズ HSY 13.53 6
13 ファイザー PFE 13.38 6
14 EQT EQT 13.16
15 ゼネラルミルズ GIS 13.12 13
16 ワンオーク OKE 13.04 13
17 プロクター&ギャンブル PG 13.00 60
18 ディア DE 12.86 12
19 クローガー KR 12.70 10
20 マグロウヒル MHP 12.58

>>>米国株のトータルリターンを知る方法

ティッカーシンボルのリンクからは、個別銘柄分析記事へ

シーゲル銘柄は、過去リターンが優れていた米国株を指します。

いずれもブルーチップといわれる優良銘柄が並んでいます。

セクター別の米国株過去リターンランキング【2003年版】

  1. ヘルスケア 14.19%
  2. 生活必需品 13.36%
  3. 情報技術 11.39%
  4. エネルギー 11.32%
  5. 一般消費財 11.09%
  6. 金融 10.58%
  7. 資本財 10.22%
  8. 電気通信 9.63%
  9. 公益事業 9.52%
  10. 素材 8.18%
  11. S&P500平均 10.85%

1957年~2003年における米国株のセクター別トータルリターンです。

生活必需品とヘルスケアセクターが強かったとわかります。

シーゲル銘柄も両セクターの株が多いですね。

この2つのセクターETFは、2008年~2017年の10年リターンも優れていた事も注目に値します。

>>>VDCは生活必需品ETF

>>>ヘルスケアセクターETF【VHT】

1957~2002年をみると、S&P500の年率リターンが10%を上回っていたことも興味深い。

米国株市場の成長スピードを想像できます。

金融商品のなかで、株式投資が最も資産形成に寄与することを思い起こさせます。

おすすめ投資本>>>「株式投資の未来」のまとめ、シーゲル教授からの6つの学び

シーゲル銘柄・米国株運用成績ランキング上位の理由

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすには、以下の記載があります。

  1. 長期投資
  2. 米国株を基本
  3. 配当重視
  4. バリュエーションはいつも大事

シーゲル銘柄の選び方だけではなく、株式投資の基本を教えてくれています。

200年にわたる過去データからの考察。

普遍的なものと考えていいでしょう。

つまりこれら4つの背景を参考にした上で、セクター選定や銘柄選択をすれば今後のリターンに繋がるといえます。

>>> 米国株は11セクター、業種別の代表銘柄リスト

シーゲル銘柄・米国株リターンランキング上位銘柄を知ってどうするか?

過去の運用成績上位ランキングはすでに明らかとなっています。

また、インターネットサイト上ではバックテストが容易にできる環境です。

過去→現在→未来を一つのつながりとして考え、未来を想像するのが一般的。

ただしシーゲル銘柄の安定感が未来永劫続くとは限らない。

過去の実績が必ずしも未来を保証するわけではないから。

>>>シーゲル銘柄:公表後の5年トータルリターン(2018年版)

しかしながら今後もある程度良好な運用成績をもたらしてくれる可能性は十二分にあると考えます。

いずれにせよ、様々なデータが容易に取得できるところにアメリカ市場の強みを感じます。

>>>アメリカ株投資の6つの魅力

米国株におすすめの証券会社は?

インターネット証券で米国株取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

おすすめ 証券会社 コメント
No.1 マネックス証券 米国株取引に最適
No.2 SBI証券 為替手数料Good
No.3 楽天証券 見やすさ抜群

>>>米国株投資、おすすめの証券会社を比較

>>>米国株の買い方(マネックス証券編)

私は3社に証券口座を保有していますが、3つの観点からアメリカ株取引は主にマネックス証券を使っています。

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。

米国株投資の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

公式サイトはこちら→マネックス証券

コメント

  1. […] よると、過去55年間(1957年~2012年)配当再投資したときのリターンが年率14.64%でした。シーゲル銘柄の第4位に位置しています。日本人には馴染みのない企業かも知れませんが、歯磨き粉 […]