シーゲル銘柄は、米国株の運用成績ランキングトップ20

スポンサーリンク

シーゲル銘柄とは、米国株の運用成績ランキングトップ20

ジェレミー・シーゲル著株式投資の未来には、1957年~2003年迄のリターン上位20銘柄が記載されています。

黄金銘柄とよばれる企業。

とても参考になります。

 

ただし2003年迄のデータです。

なので株式投資の未来では、リーマンショックを含んだリターンはわかりません。

 

一方の英語版では続編のStocks for the Long Run 5/Eが発売されています。

その投資本では、2012年迄の米国株運用成績ランキングが言及されているのです。

 

これら1957年~の米国株・運用成績ランキングベスト20の企業をシーゲル銘柄と私はよんでいます。

 

本記事では1957年~2012年までのシーゲル銘柄リストを紹介します。

スポンサーリンク

シーゲル銘柄・米国株リターンランキング【2012年版】

1957~2012年の運用リターン上位はこちら。

No社名ティッカー年率増配年
1フィリップモリスPM19.4746
1アルトリアMO19.4746
2アッヴィABBV15.1844
2アボット・ラボラトリーズABT15.1844
3コカコーラKO14.6853
4コルゲート・パーモリーブCL14.6453
5ブリストル・マイヤーズスクイブBMY14.407
6ペプシコPEP14.1344
7メルクMRK13.955
8ハインツHNZ13.805
9CVSヘルスCVS13.6513
10トッツィローTR13.5750
11クレインCR13.5711
12ハーシー・フーズHSY13.536
13ファイザーPFE13.386
14EQTEQT13.16
15ゼネラルミルズGIS13.1213
16ワンオークOKE13.0413
17プロクター&ギャンブルPG13.0060
18ディアDE12.8612
19クローガーKR12.7010
20マグロウヒルMHP12.58

 

シーゲル銘柄は過去リターンが優れていた米国株を指します。

いずれもブルーチップといわれる優良銘柄が並んでいます。

 

もし現在時点で、米国株のトータルリターンを知りたいのなら、モーニングスター社サイトが便利ですよ。

 

スポンサーリンク

セクター別の米国株過去リターンランキング【2003年版】

  1. ヘルスケア 14.19%
  2. 生活必需品 13.36%
  3. 情報技術 11.39%
  4. エネルギー 11.32%
  5. 一般消費財 11.09%
  6. 金融 10.58%
  7. 資本財 10.22%
  8. 電気通信 9.63%
  9. 公益事業 9.52%
  10. 素材 8.18%
  11. S&P500平均 10.85%

 

1957年~2003年における米国株のセクター別トータルリターンです。

生活必需品とヘルスケアセクターが強かったとわかります。

シーゲル銘柄も両セクターの株が多いですね。

 

この2つのセクターETFは、2008年~2017年の10年リターンも優れていた事も注目に値します。

セクター戦略をとる際には、ETFが便利です。

 

とくに

は、低コストでおすすめETFですね。

 

「株式投資の未来」のまとめ、シーゲル教授からの6つの学び
ジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」 米国株投資だけでなくインデックス投資ブロガーからもおすすめ投資本No.1の呼び声高い。 株式投資に少しでも興味を持ったならば、ぜひ手に取って欲しい投資本です。 「株式投資の...
スポンサーリンク

シーゲル銘柄・米国株運用成績ランキング上位の理由

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすには、以下の記載があります。

  1. 長期投資
  2. 米国株を基本
  3. 配当重視
  4. バリュエーションはいつも大事

 

名著:株式投資の未来では、シーゲル銘柄の選び方だけではなく、株式投資の基本を教えてくれています。

200年にわたる米国株市場の過去データからの考察。

こうした教えは、普遍的なものと考えていいでしょう。

 

つまりこれら4つの背景を参考にした上で、セクター選定や銘柄選択をすれば今後のリターンに繋がるといえます。

>>> 米国株は11セクター、業種別の代表銘柄リスト

スポンサーリンク

シーゲル銘柄・米国株リターンランキング上位銘柄を知ってどうするか?

過去の運用成績上位ランキングはすでに明らかとなっています。

また、インターネットサイト上ではバックテストが容易にできる環境です。

 

時間軸を考えれば、過去→現在→未来を一つのつながりとして捉えた上で、未来を想像するのが一般的。

ただしシーゲル銘柄の安定感が未来永劫続くとは限りません。

過去の実績が必ずしも未来を保証するわけではないのです。

 

たとえばシーゲル銘柄が公開された後の5年リターン(2018年版)を見ると、必ずしも米国株式市場平均を上回っているわけではありませんでした。

常に優れたリターンを得ることがいかに難しいのかが分かります。

 

いずれにせよ、様々なデータが容易に取得できるところにアメリカ市場の強みを感じます。

アメリカ株(米国株)の6つのメリット
米国株投資には日本株にはないメリットがたくさんあります。 米国株投資のメリット 米国株価の力強い上昇 人口が増えている 時価総額上位に新規企業があり、イノベーションが絶えず起きている 株で運用が当た...
スポンサーリンク

米国株におすすめの証券会社は?

インターネット証券で米国株取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

おすすめ証券会社コメント
No.1マネックス証券米国株取引に最適
No.2SBI証券為替手数料Good
No.3楽天証券見やすさ抜群

 

>>>米国株投資、おすすめの証券会社を比較

>>>米国株の買い方(マネックス証券編)

 

私は3社に証券口座を保有していますが、3つの観点からアメリカ株取引は主にマネックス証券を使っています。

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

 

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。

米国株投資の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

公式サイトはこちら→マネックス証券

 

関連記事の紹介

シーゲル銘柄の増配率まとめはこちら

米国株、シーゲル銘柄の配当利回りと5年増配率
シーゲル銘柄の配当利回りと5年増配率 Name Ticker % Div Growth 5 Year %Divi Yield TTM CVS Health Corp CVS 25.21 2.77 ...

 

シーゲル銘柄公表後のリターンは、必ずしも優れているとはいいきれません

シーゲル銘柄:公表後の5年トータルリターン(2018年版)
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすは、ジェレミー・シーゲル教授の名著。 日本でも個人投資家に影響力が強く、シーゲル派やシーゲル流ポートフォリオといった言葉がうまれています。 ところがこの投資本は2005年...

 

「株式投資の未来」以外にも、米国株投資の関連本では良著が多数あります

アメリカ株の投資本、おすすめ12冊を選んでみた
米国株関連の本は、数多く存在します。 その中でどの投資本を読んでいいのか迷ってしまいますね。 私は米国株投資歴が4年程度ですが、数十冊のアメリカ株投資本を読んだでしょうか。 その中で、印象に残っている投資本ランキン...