配当金生活に向けて;高配当米国株【ABBV】アッヴィからの受取配当金推移

本記事では、米国高配当株かつ配当成長銘柄である【ABBV】アッヴィからの受取配当金推移を記録していきます。

バイオ医薬品を得意とする米国製薬大手企業です。分配金生活や配当金生活を目指す上では、【ABBV】アッヴィはコアとなれますね。

スポンサーリンク

【ABBV】アッヴィの受取配当金の推移

ABBVからの配当金 2019.3Q

ABBVからの配当金 2019.3Q

2018年1月以降の、【ABBV】アッヴィからの受取配当金推移をグラフ化しました。

配当金生活というのはまだまだほど遠い金額です。

それでものんびりと高配当株の買い増しを続けて、配当金受け取り額を積み増していく予定。

【ABBV】アッヴィの保有株数の推移

受渡日数量単価受渡額
Aug-192401.07184.19
May-192101.07161.2
Feb-192101.07161.2
Nov-181500.96103.3
Aug-181500.96103.3
May-181500.96103.3
Feb-181500.7176.4

 

2018年には、高配当株である【ABBV】アッヴィを60株買い増ししました。

また、2019年には30株を追加投資しています。

 

配当成長率が高く、かつ買い増しをしたので受取配当金は1年前の倍以上に膨れています。

増配株の良さを感じさせてくれる高配当株ですね。

2019年8月の受け取り配当金は、ヘルスケアETFである【VHT】に再投資をしました。

スポンサーリンク

米国高配当株;【ABBV】アッヴィの株価と配当金推移

【ABBV】アッヴィの株価推移 直近10カ月

finviz dynamic chart for  ABBV

 

2018年からの【ABBV】アッヴィの株価は冴えません。

売り上げ構成割合が大きいヒュミラのパテントクリフが嫌気されているのでしょう。

抗リウマチ薬であるヒュミラは、アッヴィの中だけではなく、世界の医薬品市場で最も売上高が大きい薬剤なのですから当然です。

【ABBV】アッヴィの支払い配当金推移

ABBV アッヴィの配当金推移

ABBV アッヴィの配当金推移

配当金は綺麗な右肩上がりですね。

さすが配当貴族銘柄です。

米国株の高配当銘柄【ABBV】アッヴィの配当金は、いつ増配されるのか?

配当支払い日DPS増配率配当利回り
5/15/2019$1.07N/A5.30%
2/15/2019$1.0711.50%5.40%
11/15/2018$0.96N/A4.20%
8/15/2018$0.96N/A4%
5/15/2018$0.9635.20%4.20%
2/15/2018$0.7110.90%2.90%
11/15/2017$0.64N/A2.80%
8/15/2017$0.64N/A3.60%
5/15/2017$0.64N/A4%
2/15/2017$0.6412.30%4.20%
11/15/2016$0.57N/A3.70%
8/15/2016$0.57N/A3.50%
5/16/2016$0.57N/A3.90%
2/16/2016$0.5711.80%4.50%
11/14/2015$0.51N/A3.80%
8/14/2015$0.51N/A2.90%
5/15/2015$0.514.10%3.30%
11/17/2014$0.42N/A3.10%
8/15/2014$0.42N/A3.10%
5/15/2014$0.425%3.60%
2/14/2014$0.40N/A3.20%
11/15/2013$0.40N/A3.50%
8/15/2013$0.40N/A3.70%
5/15/2013$0.40N/A3.70%
11/30/-0001$0.40N/A4.70%

2018年2月→2019年2月の配当金は、50%も増配されています。

スポンサーリンク

【ABBV】アッヴィの配当金に思うこと

資産運用方針【2019年版】

資産運用方針【2019年版】

2019年、はちどうの運用戦略は4つあります。

  1. 給与所得 を効率よく増やす
  2. 事業所得の極大化
  3. 不動産所得 へのチャレンジ
  4. 配当所得の積み増し

 

それぞれの資産運用は、楽しみながら遂行していくことをモットーとしています。

高配当株の【ABBV】には、「4.配当所得の積み増し」を期待しています。

 

アッヴィは高配当利回り、かつ高配当成長の数少ない米国株

【ABBV】は40年以上も連続増配をしている、配当貴族銘柄です。

だからといって、これからも配当金を増やし続けることができるとは限りません。

とはいえ高配当+高配当成長を兼ね備えた、数少ない米国株。

 

そんなわけで、【ABBV】アッヴィには引き続き注目していきます。

アッヴィ【ABBV】ヒュミラ特許切れリスクをみて思う3つのこと
アッヴィ・ABBVはバイオ医薬品を得意とする世界有数の製薬会社。 米国株投資家には シーゲル銘柄 配当貴族銘柄 バイオ銘柄 として有名です。 そしてなんといっても世界一の医薬品...
配当貴族銘柄【ABBV】アッヴィが大増配:配当金推移は驚きの結果
米国配当貴族銘柄であるアッヴィ【ABBV】が株主還元プログラムを発表。 アッヴィの売上の大部分を占めるヒュミラのパテントクリフが回避できたことが大きいと思われます。 アッヴィの株主還元プログラム 35%の増配 ...

配当金生活に向けて、【ABBV】はポートフォリオに据えておく

2018年に私は米国株ポートフォリオを個別銘柄中心からETFをコアにすることにシフトチェンジしました。

 

それでも、

は、引き続きポートフォリオの中心に据えておく予定です。

 

そして【ABBV】は残しておきたいですね。

今後も株主還元を積極的に実施し、配当金を増やしていってくれることだと信じています。

 

こんな感じでこれからも、年間500万円の不労所得に向けて運用活動を続けていきます。

 

コメント