サラリーマンを12年でアーリーリタイアメントする3つの方法

スポンサーリンク

このブログを始めた理由を振り返ってみた。

目標であるアーリーリタイアメントへの道程を綴ること。

そしてその目標を2027年に達成する予定であった。

2015年(当時35歳)でブログを開始し、2027年(47歳)でアーリーリタイア達成をする、

12年間でこれを成し遂げる方法を、経済的側面から考えてみた。

1.支出を収入の半分に抑える

支出抑制がアーリーリタイアへの最良の近道。

サラリーマンの給与収入が途絶えても、暮らしていけるだけのレベルにしておけば困らない。

収入の50%にまで支出抑制する事が出来ればどうか?

例えば、手取り収入を400万円/年とする。

その場合の支出は、200万円/年となる。

そうすると、12年の間に2400万円を貯める事が出来る。

2.余剰資金を継続投資する

アーリーリタイアメント達成を手繰り寄せるために、投資という行為が重要となる。

上述したように、収入の半分で暮らすことが出来れば、その余剰資金を投資に振り向ける事が出来る。

12年間継続すれば、ドルコスト平均法を使える。

年間リターンを、仮想ケースなので欲張りに。

8%/年リターンと仮定する。

毎年200万円の資金投下を年率8%のリターンで、12年間継続した場合は

投資元本:2400万円

評価額 :約4100万円

160410 early retirement

3.配当金を重視する

13年目に達成した評価額:4100万円の金融資産。

それのYield On Cost 配当利回りが5%であったらどうか?

4100万×5% = 205万/年

おおっっと、きたきたきた~!

このケースでの年間支出は200万円/年

そして13年目からの配当金は205万円/年

これならば経済的自由の達成、配当金生活が可能となる。

まとめ

今回のケースでは、支出を抑え、投資を継続する事がアーリーリタイアメント達成に繋がる事が分かった。

この他に、収入そのものを増やす や 収入源を増やす(副業など)も有用となろう。

12年間、目標にむけてベクトルをブラさないよう、定期的に状況を記録しておく事も必要。

その意味では、アーリーリタイアへの道程をブログに綴るというのは理にかなっている。

うん。

無理やりだが、自己肯定をしつつ今回のケーススタディを終えたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

『サラリーマンを12年でアーリーリタイアメントする3つの方法』へのコメント

  1. 名前:tomo 投稿日:2016/04/16(土) 12:18:06 ID:622664104 返信

    こんにちは。時々拝見させていただいております。

    Yield On Costは投資資金に対する配当利回りを意味しますので、記事の内容はちょっと違うような?

    累積2400万円投資して、配当再投資や増配により年間の額面配当金が205万円になっている時点では、Yield On Costは約8.5%になります。

    また株式保有額が時価4100万円の時点で、配当205万円というのは税引き前にしてもあまりにも高配当に偏重しているので、少し非現実的ではないでしょうか?

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2016/04/16(土) 17:19:24 ID:bc4be9d06 返信

      tomoさん
      コメントありがとうございます。 確かにYOCの記載が誤っていましたね。YOCではなく”配当利回り”でした。
      訂正しておきました。ありがとうございます。

Translate »