経済的自由人を目指すサラリーマンの目標設定方法

スポンサーリンク

私はサラリーマン。

経済的自由を手に入れることを目指し投資をしています。

資産運用や投資といっても、ただやみくみに動いていては無駄が発生する。

ですから経済的自由という目標に向かった投資活動をすることがよいと思います。

ところがうっかり目標を忘れてしまうことってありませんか?

私はしょっちゅう。

そこで本記事では備忘録を兼ね、

  • 経済的自由達成への目標の立て方
  • 目標をたてるメリット

をおさらいします。

経済的自由人になるには、いくら必要なのか?

ファイナンシャルフリーとは人によって定義が異なる。

一般的には生活費を不労所得で賄える状態が、経済的自由といえます。

つまり経済的自由とはお金を中心とした概念です。

経済的自由の達成するため、具体的に数値化するが好ましい。

  • いくら必要なのか?
  • いつ達成したいのか?
  • いまいくら持っているのか?
  • そのために何をするのか?

言葉を直すと

  1. 目標資産額
  2. 目標達成時期
  3. 現在資産額
  4. 毎月積立額

この4つの項目があれば、経済的自由達成のために必要な運用利回りが算出できます。

たとえばいま3,000万円持っていて、それを10年後に1億円にすることを目標としたとしましょう。

  1. 目標資産額 :1億円
  2. 目標達成時期:10年後
  3. 現在資産額 :3,000万円

今後いくら資金投下するのかによって、必要な運用利回りが異なります。

  • 毎月10万円積立:10.2%
  • 毎月20万円積立:7.9%
  • 毎月30万円積立:5.6%

>>3000万円から1億円の作り方

このように経済的自由人になるための目標を数値でもつのことが大切だと思います。

スポンサーリンク

経済的自由を目指して、投資を実施する

経済的自由人にむけたPDCA

経済的自由人にむけたPDCA

経済的自由人になるための目標設定をしたら、あとはPDCAサイクルを回すことに集中します。

  • 運用利回りは現実的か?
  • 目標利回りを実現する為の運用方法とは何か?

経済的自由達成を目指した具体的な投資方法を考え、実行していきます。

もし高い運用利回りがもとめられるなら、投資対象変更の検討をします。

>>インデックス投資だけではセミリタイアが出来ないのか考えてみた

また積立金額が不足するようなら、本業での稼ぎを増やしたり節約したり複数の収入源を確保したりします。

起業やビジネスオーナーになることも選択肢になります。

>>複数の収入源を作る方法をどう考えていくのか?:会社員編

計画通りにならない場合、その都度修正すればいい。

とにかく経済的自由人になることに向かって動くことが大切なのです。

経済的自由人を目指して目標をたてるメリット

  • 目標とする将来像を具体的に描くこと
  • いまやらなくてはいけないことは何かを考えること
  • いま必要なことを実行すること

まさに資産運用のPDCA。

経済的自由人に向けて一直線です。

もちろん寄り道しながら歩むのも人生のひとつ。

とはいえ最短距離をすすむ場合と比較すると、ゴール到達時期に大きな違いがでます。

目標へ漠然とすすむだけでは効率が悪いのです。

>> サラリーマンが12年で経済的自由を獲得する方法を考えてみた

経済的自由人を目指した目標のフレームワークは、人生のいかなる時でも応用が可能。

これは大きなメリットです。

換言すれば、目標を立て、それに向かい行動し、達成した人というのは、多くの事で成功する可能性が高い。

つまりこの方法で経済的自由人になった人は、ハッピーな人生を送れることでしょう。

そう信じ、いまを楽しく将来も楽しくをモットーに人生を歩んでいます。

目標から逆算すると、いまやらなければならないことが明確になります。

資産運用でも人生でも、目標設定の重要性に変わりありません。

サラリーマンが経済的自由人を目指すなら、目標を数値化し行動することが必要だと思っています。

もちろんすべては人生をハッピーにするためです。

>>配当金生活には資金がいくら必要なのか考えてみた結果は?

関連記事の紹介です

経済的自由を得てアーリーリタイアする生き方を、FIREといいます

FIREとは、経済的自由(独立)・早期退職する生き方 英語でfireというと、クビ・解雇といった意味となります。 ところがもっとポジ

経済的自由を獲得するために、私は法人設立をして兼業投資家となりました

サラリーマンの私は、兼業の為に法人設立した 私の本業はサラリーマンです。 そして目標はアーリーリタイアできる経済的状態になること。

正解のない時代だかこそ、人生も投資も自分で決定権をもっておきたい

投資方法に正解は無い! ではどうする? あなたも私も、「正解のない・答えのない時代」を生きています。 答えがないからこそ、知識よりも