つみたてNISA、ひふみ・iFreeS&P500等の利回り公開

つみたてNISAで、ひふみやiFreeS&P500など、対象商品4つを積立投資しています。

本記事では、積立投資をしている投信の利回りがどうなっているのか、赤裸々に公開していきますよ。

 

つみたてNISAの利回り公開

  • 3か月経過:2018年4月3日時点
  • 6か月経過:2018年6月26日時点
  • 9カ月経過:2018年9月24日時点
NISAの結果、損益状況は8割の顧客がプラスに
NISAの損益状況が公開されました。 結果は8割の投資家がプラスリターンとなっています。 2014年買付分のNISA口座の結果です。 回転売買のできないNISAでは、バイアンドホールドが功を奏した形となりました。 ...
スポンサーリンク

つみたてNISAで、ひふみ、iFreeS&P500など4商品で利回りを比較中

つみたてNISAで積立投資をしている商品

退屈になりがちな積立投資に、スパイスを加えているのです。

 

つまり、

  • 米国株式 vs 全世界株式
  • インデックスファンド vs アクティブファンド

の比較をして一人で楽しんでいるわけですね。

 

ちょっと暗いかな。

 

インデックス投資の始め方、7つのステップがおすすめ
投資信託をつかったインデックス積立投資の始め方を、おすすめな7つの方法で紹介していきます。 日本政府は「貯蓄から投資へ」の号令をしており、2018年に金融庁は、つみたてNISA制度を設定しました。 つみたてNISAは、日...
つみたてNISAでおすすめの4商品を比較することにした
つみたてNISAで、おすすめファンドを4つ積立設定しました つみたてNISAで比較する商品 ひふみプラス iFree S&P500インデックス eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)...
米国株の投資信託、おすすめ人気ランキング上位3銘柄とは?
米国株の投資信託を3つ選ぶ際、ETFの運用残高が参考になる 米国株式の投資信託が上市されています。 アメリカ市場の株価指数を対象とする投資信託です。 いうなれば、米国株インデックスファンド。 その米国株の投資信託...
スポンサーリンク

つみたてNISA、ひふみやiFreeS&P500の積立金額と評価額、利回りを公開

つみたてNISAの利回り:2018年4月編

2018年4月3日時点

 

積立合計額:112,000円 (28,000円×4ファンド)

評価額:105,567円 (-6,433円)

 

2018年2月~3月にかけての株価調整により、つみたてNISAでの投資信託評価額もマイナスとなっています。

とくに米国株式・全世界株式のマイナス幅が大きいですね。

円高となった為替の影響もあるでしょう。

 

積立開始からいきなりの評価損。

やってられないですね。貯金しておいた方が良かったわけですから。

とはいえここは黙って積立て継続。

 

評価損でも続けることが大切だと、金融庁でのセミナーで習いましたからね。

積立投資とは、いまではなく、未来の結果を重視するということです。

 

あなたの積立状況はいかがですか?

つみたてNISA、株価下落で評価損となった時の対応方法は?
つみたてNISAを始めたけど、株価下落で評価損に陥った【2018年2月】 つみたてNISA マイパフォーマンス 2018年2月末 ひふみプラス:-5.9% 楽天全世界(楽天VT):-7.16% eMA...
インデックスファンドvsアクティブファンドの勝率を比較する方法
インデックスファンド(パッシブファンド)とアクティブファンドの比較は議論が絶えません。 よく言われるのは、 市場平均に勝てるアクティブ運用は少ない ということ。 たとえば世界のエリート投資家は何を...

つみたてNISAの利回り:2018年6月編

つみたてNISAの利回り、2018年6月26日時点

つみたてNISAの利回り、2018年6月26日時点

2018年4月上旬よりはリターンが向上しています。

とはいえ、つみたてNISAの積立投資6か月ではマイナスリターンが続いている。

20年の内の1/40の結果ですから、もう少し長い目でみましょうか。

 

積立NISAの6か月目での主な出来事を記録しておきます。

  • ワールドカップで日本がコロンビアに勝利、セネガルに引き分けという状況
  • トランプ大統領の演出で、米中貿易戦争リスクを多くの人が嫌気している
  • ひふみ投信が、米国株投資に舵を切っている
つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ情報源、投資信託の選び方
つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ情報源:投資信託を選ぶ方法 つみたてNISAのおすすめ商品って何があるのか気になります。 「投資信託を買おう」と思ってもどれが良いのか迷ったりしませんか? なにせ商品数が5,0...
つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ商品を選ぶ方法
つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄は何があるでしょうか。 つみたてNISAの対象商品は100以上あります。 金融庁のお墨付き投資信託ばかりです。 どれもおすすめファンドといえるでしょう。 ...

 

つみたてNISAの利回り:2018年9月編

つみたてNISAの利回り、2018年9月24日時点

米国株価が堅調のため、利回りが向上しています。

 

iFree S&P500インデックスの5つのメリット
iFree S&P500インデックスとは、その名の通り米国株インデックスのS&P500に連動する投資信託です。 アメリカ市場を代表する株価指数のS&P500。 ウォーレン・バフェットがおすすめして...
ひふみプラスをつみたてNISA口座で積立投資を始めた理由とは?
ひふみプラスをつみたてNISAで投資することにしました。 もちろん、ひふみプラスだけではなく、つみたてNISAで4つのファンドを積立しています。 つみたてNISAで積立している商品 ひふみプラス iFre...
ひふみプラスの外国株(米国株)組入れの推移
ひふみプラスの米国株状況、アップデートしました。(18年9月12日) ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金は日本を代表するアクティブファンドです。 構成銘柄も日本株ばかり。 ところがひふみ投信は外国株、とりわけ米国...

 

スポンサーリンク

つみたてNISAにおすすめ本

つみたてNISAは手間暇要らず。

投資の勉強だって多くは必要ありません。

なにせ金融庁肝いりの国策ですから。

 

とはいえ、評価損になることはあります。

 

そんなときに慌てないで対応できる知識を身につけておけばいいです。

もし、つみたてNISAとかインデックス投資について知りたいと思ったら、本を1冊読んでみるのが良いですね。

おすすめ本を3冊ピックアップしてみました。

敗者のゲーム

インデックス投資は米国からの輸入です。

ならばアメリカのインデックス投資本を読んでみるのがまずよいでしょう。

つみたてNISAやインデックス投資の基礎を手軽に学べる一冊です。

 

 お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資をするなら必読書。

著者は日本国内において投資信託をつかったインデックス積立投資で資産運用し、その理論と実践を公開しているのが本書です。

もし、「つみたてNISAで20年も積立てたらどうなるのよ?」と少しでも思うなら、手に取ってみるといいですよ。

竹川さん著作

「つみたてNISAってなに?」と思ったときには、インターネットに沢山の情報が転がっているので参照しましょう。

それで事足りるかもしれませんが、より効率的・網羅的に知識補充をするなら竹川さん著作がおすすめですね。

 

スポンサーリンク

つみたてNISAの利回りをブログで公開していきます

こんな感じで、つみたてNISAの利回り成績をブログで公開していこうと思います。

だれにでも簡単に始められるつみたてNISAの利用によって、株式投資が広く普及することを祈願しながら。

 

ちなみに私は、楽天証券でNISA口座をもっています。

>>つみたてNISAで商品を積立注文する方法【楽天証券】

 

インターネット証券に口座をもっていないなら、いますぐ作った方がよいですよ。

 

 

 

関連記事の紹介

つみたてNISA、投資信託の積立投資、企業型確定拠出型年金、ウェルスナビ、これらの投資利回りを公開しています。

積立投資のリターンを公開中
私はインカム投資を心掛けています。 投資の目的が経済的自由の獲得にあるから。 したがって米国株投資のKPIは、配当金や分配金。 ところがインデックスファンドの積立投資を併用している。 ではなぜインデッ...

 

確定拠出年金、企業型の運用方法と利回りを公開
企業型確定拠出年金、運用方法を初めて確認した 上図は、私の企業型確定拠出年金における事業主掛け金の割合です。 今回、企業型DCの運用方法と評価額をはじめて確認しました。 401kともいわれる企業型確定拠...
インデックス投資の利回りを公開:2年間の積立投資の運用成績は?
本記事ではニッセイ外国株式インデックスを積立投資した運用利回りを公開します。 直近リターンは記事最下部で適宜更新していきます。 インデックスファンドへの長期・分散・積立投資がおすすめされていますね。 金融庁...
ウェルスナビで積立投資、月額3万円を設定した運用成績を公開
2018年4月からウェルスナビで自動積立投資を開始しました。 ウェルスナビに25万円を入金し、その後は毎月3万円の積立投資です。 ウェルスナビで初めての積立投資によって購入したETFはこちら。 米国株(VTI)...

 

こちらは積立投資の参考情報です

日経平均株価がバブル最高値時に、毎月1万円積立投資を始めたら?
「株価が最高値のときに株式投資を始めてしまったら?」 そんな不安は拭いきれません。 未来はだれにも読めないですから。 いつが最高値でいつが最安値なのかは後になってから分かるわけです。 そこで本記事では...
つみたてNISAを始める前に知っておきたい「世界の株価指数に20年間積立投資した時のリターン」
本記事では、1998年~2017年の20年間、世界株式に積立投資をした場合のリターンを紹介します。つみたてNISAを始める際に参考になると思います。 結論からいうと、20年間のうち12年間は含み損となっている時期があるのです。 ...
投資信託の選び方:低コストが重要な理由
株式投資、とりわけ投資信託おいてはコストが低いことが大切です。 とはいえ年率コストが0.1%とか0.5%とか、大きな差ではないような気もします。 たしかに1年でみた絶対額ならば、気にしなくてもいいでしょう。 それで...
入金投資法は、サラリーマン・OLの強みをいかした投資方法
入金投資法とは投資元本を一定間隔で追加していく方法。 株式投資などで投資元本が少ないうちには有効です。 とくにサラリーマン投資家が株式取引をする場合、入金投資法が強みとなります。 サラリーマンの最大の強みは安定した...

コメント