配当金生活には資金がいくら必要なのか考えてみた結果は?

スポンサーリンク

配当金生活には元手がいくら必要なのか?

個人投資家ならば一度は夢見る配当金生活。

資金がどの位必要となるのか気になりませんか?

もちろん金融資産の取り崩し有無によってもとめられる金額が変わってきますよね。

配当金生活にはいくら必要なのかを考える2パターン

  • 資産取り崩し:資産額が生活費の25年分
  • 取り崩しなし:配当金額が生活費を上回る

それぞれの場合で配当金生活にはいったいいくら必要なのかを試算してみましょう。

といっても我が家の場合を例にですけどね。

  • 都内在住
  • 4人家族

参考配当金生活、それは憧れから目標へ

スポンサーリンク

配当金生活にはいくら必要?【資産取り崩しの場合】

資産取り崩しについて参考になるのが4%ルール。

「保有資産の4%を毎年引き出して生活しましょう」という概念です。

アメリカのアーリーリタイアブログではお馴染みのルールなんですよね。

配当金生活にいくら必要なのかをシュミレーションする際にも参考となります。

Savvyに生きるのMMさんが米国早期リタイア界の常識「4%ルール」という分かりやすい記事を投稿されていらっしゃる。

  こんにちは、サラリーマンのMMです。   サラリーマンとして日々労働をして給料を貰う一…

4%を逆算すると、生活費25年分の金融資産が必要になります。

ここに手取の配当金を加えて生活していくというイメージですね。

配当金+資産取り崩しということです。

ちなみに都内在住、4人家族の我が家は年間約500万円の支出を計上しています。

節約しているつもりですが、結構な金額。

この数値を用いて計算してみました。

その結果は?

1億2,500万円

我が家では配当金生活をするためには1億2,500万円が必要になるのです。

しかもこの数字は25年後には投資掛け金がなくなってしまう想定です。

怖っ

参考家計簿公開 4人家族で都内在住サラリーマンの年間支出はいくら?

配当金生活にはいくら必要【配当金だけで生活費を賄う場合】

配当金だけで生活していく場合にはいくら必要なのでしょうか?

生活費と配当利回りによって必要となる投資資金が計算できます。

  • 配当金生活に必要な元手=生活費 ÷ 配当利回り

たとえば税引き後 配当利回り2.5%のポートフォリオを構築したとしましょう。

年間支出は500万円。

我が家の場合で、必要な元手は?

2億円

配当金生活には2億円の金融資産が必要となります。

500万円÷2.5% = 2億円という大きな金額が必要となるとわかりました。

参考3000万円から1億円の作り方

配当金生活には、連続増配銘柄への投資が適する

配当金生活というからには、収入の多くを配当金に頼っている状態を想像しますよね。

もしそうだとすれば、減配は大きなダメージです。

配当金という収入が減ってしまうからです。

したがって減配リスクをなるべく少なくすることが配当金生活には必要です。

そんなときには連続増配銘柄がいいですね。

生活に必要な収入が減ってしまっては困りますから。

さらに配当成長が期待できるために、将来のキャッシュフローが増える可能性が高いです。

ただここでもう一度配当金生活について考えてみましょう。

配当金以外の収入もあった方が心強くないですか?

収入が配当金だけである状態よりは、収入源が複数ある方が安心です。

参考配当王リスト、50年連続増配銘柄【2017年版】

配当金生活達成には、収入を複数もっていることが必要

配当金は自らがコントロールしきれるものではないです。

いくら株主が配当金を要求しても、企業業績とCEOの最終判断によって決まりますから。

自分のコントロール外である配当金だけに収入源を頼るのは心もとないです。

だからこそ収入源の複線化が重要なわけです。

私は複数の収入源を持つことこそ、配当金生活には必須であると感じています。

あなたはどう思いますか?

参考>>>30代は老後不安への備えでお金を貯める、しかし収入源を複数もとう

参考>>>2018年から太陽光発電投資を始めます

まとめ:配当金生活には元手がいくら必要か?

年間支出が500万円の場合、配当金生活には1~2億円といったレベルが必要になる計算をしました。

  • 資産取り崩しあり:1.25億円
  • 資産取り崩しなし:2億円

そして配当金生活をする場合には

  • 減配リスクが少ないポートフォリオ
  • 配当金以外の収入源の確保

といったリスク分散が必要となります。

しかしこれらの計算は、私が30代であり子どもが小学生であることをベースとしています。

子ども達の教育資金が必要になった際には、こんな簡単にはいかないかもしれないですね。

結局は年間支出と家族構成によって、配当金生活の達成に必要な元手は変わるわけです。

あまり細かく計算しても仕方ないのですね。

なので私はゆるくながく米国株による配当成長投資を継続していきます。

配当金生活、はやく達成したいです。

参考配当金 年50万円を達成して思う3つのこと

【参考:米国株 注目の51銘柄

米国株で配当金について注目している銘柄

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

 関連記事です

配当金生活というのは自分の代わりに、株が働いてくれると言える。

お金のために働いているのは、高収入の人もおなじ 世の中にはお金に不自由せず、世のため人の為、社会貢献を目的に仕事をしている人もいるでしょう

サラリーマンでも株式投資を続けていれば配当金生活だって実現可能である。

サラリーマンは知っておきたい「お金持ちとは、資産をいくら保有しているのか?」 「富裕層」という文字が使用されるカテゴリーは

アーリーリタイア、経済的自由にはいくら必要なのだろうか?

セミリタイアだとかアーリーリタイアだとかには、いったいいくらのお金が必要なのでしょうか? 生活費、年間支出の金額によって異なり