スポンサーリンク

50代は会社にしがみつくか、仕事を早く辞めるか決めておこう

50代のサラリーマンは、そのまま会社にしがみつきたいと思っているのだろうか?それともさっさと仕事を辞めてリタイアしたいと考えているのだろうか?

早期退職制度があればアーリーリタイアも視野にはいってくる。

そんな優遇制度がない場合には肩たたきにだってあうかもしれない。

いずれにせよ会社に残る方法とやめる場合の対処法は考えておきたい。

なぜこんなことを思ったのか?

私は50代になる前にリタイアしたいと考えているからだ。

会社にしがみつくのならば心を決めてしっかりとしがみついた方が良いと思う。

スポンサーリンク

50代のサラリーマンの年収は高い

勤続年数別の平均給与~50代の年収は高い~、出典:民間給与実態統計調査

民間給与実態統計調査によると勤続年数が長くなるほど、平均給与・年収があがることが分かっている。勤続年数 30~34 年の階層に年収のピークがある。

つまり、日本のサラリーマンは50代の平均給与が最も高いのである。(男性 754 万円、女性 404 万円) 

サラリーマンで最もおいしいのがこの50代であるといえる。

これは何としても会社にしがみつかないと損だ。

きっと20代・30代の若者世代さらには40代社員からも、やれ役立たずだとか、やれ高収入で会社の無駄だとか陰口をたたかれかねない。

その20~40代社員だって50代になれば下の世代から文句を言われる立場になるだろう。

なぜなら、50代が一番年収が高いからだ。

参考サラリーマンの強みと弱みを知れば、早期退職は不利だとわかる

国は50代に長く働いてほしいと思っている

はっきり言って、年金の状況はヤバいでしょう。

だからこそ国は社員に長く働いてほしいと思っている。

とくに今の50代は定年延長してもらって、せっせと働いてほしいはずだ。

若者が少ないのだから、自分の食い扶持は自分で稼いでもらわないとこまるのだよ。

50代は会社にしがみつくことが求められるけど、国もそれを後押ししている。

働きたい50代はぜひ長く勤めてほしい

でも年収はあまり高いと困る

40代以下の社員はそう思っているはずだ。

参考公的年金は退職前の年収の何%貰えるのか? 年金の海外比較をした

50代はリストラにあったときの心構えを常にしておこう

会社にとっては社員への給与は固定費となる。

日本企業はリストラを控え気味であるが、アメリカ企業ではそうではない。

無駄だと思ったら、株主に不利だと思ったらがんがんリストラだってする。

会社は株主のものであるのだから。

でも日本企業にはかつての余力はないのが現状である。

つまり50代といわず全てのサラリーマンはリストラのリスクを常に抱えている。

もちろん働き手がどんどん減っている人口減少社会という追い風はある。しかし一方で、AI・人工知能や外注を導入することで、社員数を減らすことは経営者なら考える。

年齢3区分別人口割合の推移 昭和22~平成25年

年齢3区分人口割合の推移 昭和22年~平成25年

リストラに会ったとき、心を立て直す方法

50代ならばマズローの法則くらい知っているでしょう。

リストラにあった際に、マズローの理論を使って自分の心を立て直してみよう。

  1. 生理的欲求   (食事・睡眠・排泄など)
  2. 安全の欲求   (良い暮らし、良い健康、安全性)
  3. 所属と愛の欲求 (自分が必要とされている)
  4. 承認・尊重の欲求(自分が価値ある存在と思われる)
  5. 自己実現の欲求 (自分の能力や思う事を最大限具現化する)

働く、会社にしがみつくという欲求はマズローの理論ではどこに該当するのであろうか?

凝り固まった頭の50代であれば、2とか3なのかもしれない。

自分の居場所が会社にしかないって寂しいかもしれない。

でもそれだけ頑張ってきた50代を無下にはしたくないという気持ちはある。

それでも会社を辞めるのであるから、自分の心は自分で責任をもって整えるのがよい。

きっと会社でもある程度の責任ある立場だったのだから、自分の人生・心くらいはマネージメントしてほしい。

50代必見!60歳以降も会社に残れる・使える人とは?

ただ単純に年収が高い50代はリストラ対象だと思ったら大間違いだ。

世の中にはとても有能な50代サラリーマンだって多く存在するはずだからだ。

  • 60歳以降も雇用延長が導入されていると把握している
  • 会社側は雇いたい高齢者とそうではない高齢者がいると知っている
  • キャリアアンチエイジング対策をして60歳以降も会社に残れるよう対策を打っている
  • そのために仕事に対する興味・関心を持ったり、社外でつながりを持ったりして、キャリアを劣化させないようにしている

このように考えている50代は、60歳以降も会社に残ってしっかりと高い年収を貰うのだろう。

いずれにせよ、50代は会社にしがみつくか、仕事を早く辞めるか決めておこう。

こんなことを書いてしまったから、私はなんとしても40代のうちにアーリーリタイアを達成するよ。

参考40代でアーリーリタイアを達成する為に必要な6つのこと

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク