スポンサーリンク

アーリーリタイアには資金がいくら必要なのか?

セミリタイアだとかアーリーリタイアだとかには、いったいいくらのお金が必要なのでしょうか?

生活費としてどれだけ支出しているのかによります。あとは年齢ですね。

つまり人生があとどの位の期間残っているのか。

ということで、家計の消費支出額をベースにしてアーリーリタイアに必要な資金額を計算してみました。

参考アーリーリタイアとは何?

スポンサーリンク

アーリーリタイアに資金はいくら必要なのか?

結論から書いてしまいましょう。

退職年齢

(歳)

必要金額

(万円)

20 26,384
30 23,246
40 20,109
50 16,321
60 12,205

これはアーリーリタイアに必要な貯金・お金というよりは、残りの人生でいくら必要なのか?を算出した結果です。

生涯で必要な金額を計算したわけです。

どういった計算式に基づいているのか、一緒にみていきましょう。

参考配当金生活には資金がいくら必要なのか考えてみた

二人以上の世帯に必要な金額はいくらか?

世帯属性別の家計収支(二人以上の世帯)

出典:世帯属性別の家計収支(二人以上の世帯)

上図は二人以上の世帯年齢別の消費支出を示しています。

月額平均28万円ちょっと使っているのですね。

年代 支出額(円)
平均 282,188
40歳未満 261,490
40-49歳 315,661
50-59歳 342,952
60-69歳 277,283
70歳以上 238,650

この金額を生涯使い続けるという想定で、アーリーリタイアに必要な金額を計算したわけです。

残りの人生にお金はいくらかかるのか?

今の年齢と死亡する年齢によって、計算式が変わってきます。

今回はとりあえず100歳まで生きるとして算出しました。

たとえば50歳でアーリーリタイアした場合には、これら金額を全て足したのですよ。

  • 50~59歳:342,952円×12か月×10年
  • 60~69歳:277,283円×12か月×10年
  • 70~100歳:238,650円×12か月×30年

50歳でアーリーリタイアしたときには残りの人生で1億6,321万円が必要なわけです。

この数値、リタイアしようがしまいが変わらないのですけどね。

注意点としてはあくまでも二人以上の世帯支出をベースとして計算した値なわけです。

つまり生涯独身を貫く人はここまでの金額は不要となるのです。

また、子どもが2人以上の人はこの数値よりもちょっと多めの資金が必要ですね。

アーリーリタイアに必要なお金はいくらか?

今度は5歳刻みで再掲。

退職年齢

(歳)

必要資金

(万円)

20 26,384
25 24,815
30 23,246
35 21,677
40 20,109
45 18,215
50 16,321
55 14,263
60 12,205

予想以上に大きな金額ではないでしょうか?

というか、私にはもう高い壁にしかみえませんよ。

ただし給与所得からの貯金だけの場合に限りますけどね。

アーリーリタイアとは自分が働かない状態です。

だったらお金に働いてもらうことを考えていきましょうか。

参考お金の為に働く世界から、お金が自分の為に働いてくれる世界へ

貯金だけではアーリーリタイア到達は困難、資産運用を心掛けたい

アーリーリタイアに必要な金額、生涯いくら使う予定なのか、だいたいわかりましたね。

給料以外で1-2億円程度を賄う必要があるわけです。

だからこその資産運用。

こうしてみると、アーリーリタイアやセミリタイアには運用の知識と実行が大切なファクターとなるとわかります。

あーぁ、竹やぶに一億円落ちてないかな。

でもそんなことは考えずに、一歩ずつ前に進んでいかないといけないな。

こんな風に私は考えています。

See you!

参考貯金と株式投資、お金持ちへの近道はどっち?

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする