アーリーリタイアには資金がいくら必要なのか?

セミリタイアだとかアーリーリタイアだとかには、いったいいくらのお金が必要なのでしょうか?

 

生活費、年間支出の金額によって異なります。

あとは年齢ですね。

つまり人生があとどの位の期間残っているのか。

 

アーリーリタイアにはいくら必要なのかを考える際に重要な項目です。

 

ということで、家計の消費支出額をベースにしてアーリーリタイアに必要な資金額を計算してみました。

 

参考アーリーリタイアとは何?

スポンサーリンク

アーリーリタイアに資金はいくら必要なのか? 1億円~2億円位かかりそう

結論から書いてしまいましょう。

退職年齢

(歳)

必要金額

(万円)

2026,384
3023,246
4020,109
5016,321
6012,205

 

これは

  • 残りの人生でいくら必要なのか?

を算出した結果です。

 

生涯で必要な金額を計算したわけ。

つまりアーリーリタイアに必要な貯金・お金を直接示しているわけではありません。

それでもアーリーリタイアにいくら必要なのかを考える際には参考になる金額。

 

どういった計算式に基づいているのか、一緒にみていきましょう。

参考配当金生活には資金がいくら必要なのか考えてみた

 

スポンサーリンク

必要な資金額はいくら? アーリーリタイアを二人以上の世帯で実施する場合

世帯属性別の家計収支(二人以上の世帯)

出典:世帯属性別の家計収支(二人以上の世帯)

 

上図は二人以上の世帯年齢別の消費支出を示しています。

月額平均28万円ちょっと使っているのですね。

年代支出額(円)
平均282,188
40歳未満261,490
40-49歳315,661
50-59歳342,952
60-69歳277,283
70歳以上238,650

 

この金額を生涯使い続けるという想定で、アーリーリタイアに必要な金額を計算したわけです。

米国のリタイアでは、年収の10倍の資金が必要だとされている

Savings factors to help you on your journey to retirement. By age 30, have 1x your salary, age 50, 4x and age 60, 8x.

引用:Fidelity

 

米国では67歳の定年退職を標準としています。

安心して老後を迎えるためには、年収の10倍の貯金があるといいとされています。

 

退職までに必要な資金額

  • 30歳:1倍
  • 35歳:年収の2倍
  • 40歳:年収の3倍
  • 45歳:年収の4倍
  • 50歳:年収の6倍
  • 55歳:年収の7倍
  • 60歳:年収の8倍
  • 67歳:年収の10倍

 

早期退職をする際には、一つの目安となりますね。

スポンサーリンク

アーリーリタイア後、残りの人生にお金はいくらかかるのか?

今の年齢と死亡する年齢によって、計算式が変わってきます。

今回はとりあえず100歳まで生きるとして算出しました。

 

たとえば50歳でアーリーリタイアした場合には、これら金額を全て足したのです。

  • 50~59歳:342,952円×12か月×10年
  • 60~69歳:277,283円×12か月×10年
  • 70~100歳:238,650円×12か月×30年

 

50歳でアーリーリタイアしたときには残りの人生で1億6,321万円が必要なわけ。

この数値、リタイアしようがしまいが変わらないのですけどね。

 

注意点としてはあくまでも二人以上の世帯支出をベースとして計算した値ということ。

つまり生涯独身を貫く人はここまでの金額は不要となるのです。

アーリーリタイアの際、家族持ちなのか、独身なのかは必要な金額に大きな差異が生まれます。

 

ちなみに子どもが2人以上の人はこの数値よりもちょっと多めの資金が必要ですね。

 

 

スポンサーリンク

アーリーリタイアに必要なお金はいくらか?

アーリーリタイアにはいくら必要なのか、今度は5歳刻みで再掲。

退職年齢

(歳)

必要資金

(万円)

2026,384
2524,815
3023,246
3521,677
4020,109
4518,215
5016,321
5514,263
6012,205

 

予想以上に大きな金額ではないでしょうか?

というか、私にはもう高い壁にしかみえませんよ。

ただし給与所得からの貯金だけの場合に限りますけどね。

 

アーリーリタイアとは自分が働かない状態です。

だったらお金に働いてもらうことを考えていきましょうか。

不労所得が得られると尚いいですね。

 

参考お金の為に働く世界から、お金が自分の為に働いてくれる世界へ

スポンサーリンク

アーリーリタイア到達には貯金だけでは難しい、資産運用を心掛けたい

アーリーリタイアに必要な金額、生涯いくら使う予定なのか、だいたいわかりましたね。

給料以外で1-2億円程度を賄う必要があるわけです。

だからこその資産運用。

 

こうしてみると、アーリーリタイアやセミリタイアには運用の知識と実行が大切なファクターとなるとわかります。

 

1億円だって少し頑張ればきっと届くはず。

憧れて願っても、自ら行動しない限りは到達できないでしょうけどね。

だからこそ私は米国株を中心に資産運用をしているわけです。

 

アメリカ株投資なら→マネックス証券

 

関連記事の紹介

そもそも貯金だけではアーリーリタイア達成はかなり難しいですね。

貯金か株式投資か、どっちがお金持ちへの近道?
貯金と株式投資を比べた場合、どちらが資産形成・お金持ちに近道なのか気になりませんか? 資産形成にはお金を貯められるのが大前提ですが運用も必要です。 本記事では、お金を増やすのには株式投資か貯金かどっちが適切なのか比較をし...

 

経済的自由や配当金生活にはいくら必要なのでしょうか?

配当金生活には資金がいくら必要なのか考えてみた結果は?
配当金生活には元手がいくら必要なのか? 個人投資家ならば一度は夢見る配当金生活。 資金がどの位必要となるのか気になりませんか? もちろん金融資産の取り崩し有無によってもとめられる金額が変わってきますよね。 ...

 

一億円以上の金融資産をもっている世帯は2.3%あるのですよ。

資産1億円と年収1,000万円はどちらが難しいか、割合を比較した
億り人という言葉が投資界隈には存在します。 憧れませんか? 億り人とは投資によって金融資産1億円を達成した人を指します。 ただ、この言葉には明確な定義がないのですよね。 お金に関しては一千万プレイヤー...