スポンサーリンク

サラリーマンによる米国株 配当成長投資の5ステップ

サラリーマンである私は米国株 連続増配銘柄を中心に投資を実施中。

いわゆる配当成長投資戦略をとっている。

2014年から開始したので、2年程経過した。

自分の経験から、配当成長投資に必要な事をピックアップしてみた。

スポンサーリンク

1.配当を意識する

配当再投資は下落相場のプロテクター、上昇相場のアクセルとなる。
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすには次のような記載がある。

S&%500の1957年当初からの構成銘柄で、運用成績が上位の銘柄は、

ほぼ例外なく配当を支払い続け、

大半は配当利回りが市場平均を上回っている。

配当って素晴らしい。

国内においては、株主優待について言及されている雑誌等をよく見かけるが、やっぱり現金でしょ!

優待で何か貰うくらいなら、配当金で好きなものを買った方が良い。

2.配当に関する投資戦略を思い出す

配当を意識した場合、それに付随する投資戦略を思い出してほしい。

例えば

・高配当戦略 (ダウの犬など)

・配当成長投資

ちなみに、25年以上連続増配をしている配当貴族 (Dividend Aristocrats)は、S&P500のリターンをアウトパフォームしている。

高配当銘柄に投資する事も、配当成長銘柄に投資する事も、正しく実施すればしっかりとしたリターンをもたらしてくれる。

そのことは歴史が証明しているのだ。

160409 DGI

株式投資が旺盛で研究も進んでいるアメリカにおいては、様々な投資方法が検証されている。 そのひとつが、「ダウの犬」。 ダウの犬とは? ①ダウ構成30銘柄を配当利回りの高い順に並べる ②配当利回りが高い10銘柄をピックア...

3.とりあえずやってみる

考えるだけでは仕方がない。

投資においてはまず経験してみる事が重要であると思う。

やってみよう。

高配当銘柄にする? 増配銘柄にする? 何を買う?

悩むのは仕方がない。

だったら両方合わせた、高配当+増配銘柄にすれば良いのではないか。

米国株には、25年以上連続増配している企業は100以上ある。

国内株とは違うのだ。

私はMonthlyでこのサイトにアップされる情報をいつも楽しみにしている。

The DRiP Investing Resource Center

アメリカ株の連続増配25年以上の銘柄をピックアップした。 実は、前ブログでも同様なリストを公開したが、ワードプレスにしたらエクセルからコピペが可能になったので試してみただけ。 105銘柄の平均増配年は40.7年、利回り2...

4.本格的に継続してみる

ステップ3の”とりあえずやってみる”のPhaseに達したら、あとは継続するかどうかを考える。

自分の考え方にマッチしていないならば、早々に異なる戦略を選択すればよい。

自分に合っているようならば or よくわからない ならば、どうやったら継続していけるかを検討する。

私の経験から申し上げると、配当金を記録する事が自身のモチベーションになっている。

配当金の記録は、どんどんと積みあがっていく金額が可視化され、楽しい。

もっと投資して、配当金を増やしたい と思うようになってくる。

さらに、受取配当金を予測しそれを上回るように投資を継続したくなる。

今現在の私は、”連続増配銘柄を早く購入したい病” 

良いか悪いかは別として、継続する という視点で見ると有意義な方法である。

米国株の連続増配銘柄中心のポートフォリオ構成銘柄における配当金一覧を作成してみた。 これはよく拝読している、適当なる投資家K.の米国株式投資録? や Roadmap2Retireのパクリ。 ちなみに、私は3つの証券口座を有し...

5.配当成長投資の虜になる

この境地に到達する為には、投資における成功体験がKeyとなる。

いま、”連続増配銘柄を早く購入したい病” を患っている私だが、投資の成功という段階には至っていない。

私の目標は、47歳でのアーリーリタイアメント。

その背中が見えるまで、いや、達成するまでは、配当成長投資をする。

夢中になる という事がやっぱり大事だし、夢中になるためには楽しく継続していくのが重要。

配当成長投資の楽しさをみなさんと分かち合いながら、経済的に苦労しない将来を形成していきたい。

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク