入金投資法は、サラリーマン・OLの強みをいかした投資方法

入金投資法とは投資元本を一定間隔で追加していく方法。

株式投資などで投資元本が少ないうちには有効です。

 

とくにサラリーマン投資家が株式取引をする場合、入金投資法が強みとなります。

サラリーマンの最大の強みは安定した給料。

給与収入が毎月入ってきますし支出額を減らせば毎月の家計は黒字となりやすいからです。

 

家計で黒字になった現金を株式や投資商品にまわすと、入金投資法を継続することができます。

 

投資信託の積立投資も入金投資法の一種。

 

とにかく、

  • 収入>支出となる家計をつくる

これがサラリーマン投資家の強みを産み出す第一歩となります。

 

サラリーマン投資家が入金投資をするために必要なこと

  • 月々の家計を黒字にする

 

入金投資をする際には手数料が安いインターネット証券が必須。

私は以下のように使い分けています。

 

証券会社の使い分け方法

  1. マネックス証券:米国株投資
  2. SBI証券    :インデックスファンド積立
  3. 楽天証券   :つみたてNISA口座
米国株投資の特定口座・手数料を比較
米国株投資(アメリカ株)は、特定口座対応が当たり前の時代に 米国株の投資環境が整ってきています。 インターネット証券の3社(マネックス証券、SBI証券、楽天証券)において、サービスが横一線になってきているのです。 ...
スポンサーリンク

入金投資法とは、サラリーマンの強みをいかした投資手法

入金投資法でサラリーマンの強みをいかす

入金投資法でサラリーマンの強みをいかす

 

入金投資法とはどのような投資方法なのでしょうか?

もう少し詳しくみていきましょう。

 

口座で運用出来るお金を増やすことを重視する方法

入金投資法 の極意

入金投資法 により毎月の給料を証券口座に入金していけば、証券口座の残高はふえていき、それを20%で回す事ができればお金は着実に増えていきます。

入金で残高を増やして、安定した利回りを出していくのが入金投資法の極意になります。

金融経済用語集より

 

入金投資法は原則的に毎月の給料を証券口座に入金していきます。

そして証券口座に入金したキャッシュを、安定した利回りの投資商品に投下するのです。

 

安定した給料をもつサラリーマンのメリットを最大限にいかした投資法。

 

とはいえ会社員は社畜とも揶揄されたりします。

  • 会社員・サラリーマンとなってしまった
  • サラリーマン・OLになる選択をした

というあなた。

 

ともに入金投資法を試みていきましょう。

 

資本主義社会にいきる我々は、投資をすることでその恩恵をうけることができるのです。

 

サラリーマン・OLの入金投資法

  • 月々の家計を黒字にする
  • 残った現金を証券口座に入金する
  • 入金したら安定した投資商品に資金投下する
スポンサーリンク

入金投資方法を続けるためにサラリーマン・OLがするべきこと

 

会社員が株式取引をするときは、強みをいかす方法を選択したいです。

サラリーマンの強みにフォーカスしましょう。

外部環境がどうなろうが、まずは自分のできることに集中していきます。

 

つまりは、自己投資により給料を上げ節約をして支出を減らす。

 

投資元本は大きければ大きいほど資産形成で有利に働きます。

そしてr>gの通り、給料の上昇率より投資による資産上昇率の方が大きいことは歴史が証明しています。

>>インデックス投資を始めて気づいた「稼ぐ力の重要性」

 

ですからコツコツ積立投資・入金投資ができる体制を整えましょう。

 

入金投資の枠組みを自分のものとする。

そうすればサラリーマン・OL投資家は株式投資を継続しやすくなります。

サラリーマン投資家の強みと弱み
株式投資による資産運用方針を基本から見直しすることにした。 考え方とその方法を残しておく。 第三弾はサラリーマン投資家のおかれている状況と自らの強みを把握したい。 シンプルに考えたいのでSWOTを使...
スポンサーリンク

入金投資法をするサラリーマンはまず1000万円を目指そう

入金投資法をする際、給料というフローだけでは物足りなくなってきます。

 

そんなときにはどうしましょうか?

  • 給料を上げる
  • 節約する
  • 副収入を得る

>>資産形成層の30代サラリーマンに総合力が必要だと思う3つの理由

 

入金投資できる金額を増やす方法を考え実行していきましょう。

 

どうにかして1,000万円まで入金投資を頑張りたい。

投資元本が1,000万円だと、数%の利回りであっても給料・月収レベルになるからです。

 

1,000万円を元本とした場合

  • 利回り2%:20万円
  • 利回り4%:40万円
  • 利回り6%:60万円

 

入金投資を1,000万円までできると、お金がお金を生むことを体感できます。

1か月の給料分程度は、一年で年リターンが得られる計算となるのです。

 

もちろん株価は上下するので、均してみればという前提ですよ。

>>3,000万円の運用方法 実際に投資をして感じる3つの原則

>>5,000万円を運用して気づく3つの悩み

スポンサーリンク

まとめ:サラリーマンの入金投資法

サラリーマンの入金投資法

  • 月々の家計を黒字に
  • 黒字となった現金を証券口座に入金
  • 安定した投資商品を購入
  • 入金投資法が苦にならない体制を整える
  • 1000万円まで入金投資をがんばってみる

 

資本主義社会にいきるサラリーマンは、入金投資法を自分のものとしたいですね。

>>サラリーマン投資家が感じる3つのメリット

 

水瀬ケンイチさんは、入金投資を長く続けているサラリーマン投資家。

入金投資法に興味がある方は著作を読んでみるといいですよ。

 

関連記事の紹介

個人投資家の運用パフォーマンスがどの位なのか調べてみた結果です。

個人投資家の運用成績を調べた(2017・2012・2008年)
個人投資家のパフォーマンスが気になったのでまとめてみた 他人の運用成績は気になりませんか? えっ、気にならない? いやいやそんなことはおっしゃらずに。 機関投資家ではなく個人投資家のパフォーマンスですよ。 ...

 

入金投資法をつづけるために、サラリーマン投資家の強みと弱みを考えてみました。

サラリーマン投資家の強みと弱み
株式投資による資産運用方針を基本から見直しすることにした。 考え方とその方法を残しておく。 第三弾はサラリーマン投資家のおかれている状況と自らの強みを把握したい。 シンプルに考えたいのでSWOTを使...

 

サラリーマン投資家は、株価暴落時でも入金投資法が続けられると、将来のリターンが大きくなりそうです。

株価暴落時の個人投資家の対応は? リーマンショックを忘れない
株価暴落の怖さとは? 個人投資家は知っておきたい 株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うことだと想定している。 しかし私が米国株投資を開始したのは2015年からである。 百年に一度の経済危...

コメント