海外ETF、注目の13銘柄リスト

スポンサーリンク

米国株ETFは数が豊富でどれを選んだらよいのかわかりにくい。

そこで注目する米国株ETF銘柄をリストアップすることにしました。

名付けて、

「海外ETF・注目の13銘柄リスト」

それでは早速いってみましょう。

海外ETF、注目する銘柄リスト

対象地域 概要 経費率
米国 VTI:トータル・ストック・マーケットETF

米国市場全体に投資できる

0.04%
米国 IVV:S&P 500 ETF

言わずと知れたS&P500インデックス

0.04%
米国 VOO:S&P 500 ETF

バフェットもおすすめする、低コストバンガードETF

0.04%
米国 DIA:ダウ工業株平均 ETF 

泣く子も黙るダウ平均

0.17%
米国 QQQ:信託シリーズ1(NASDAQ100)

アマゾンやアップルを含むナスダック

0.20%
米国 VYM:米国高配当株式 ETF

米国でも人気の高配当利回り

0.08%
米国 HDV:米国高配当株 ETF

日本で大人気の高配当ETF

0.08%
米国 VIG:米国増配株式ETF

10年以上の連続増配株の集合体

0.08%
全世界 VT:トータル・ワールド・ストックETF

これ一本で世界分散投資が可能に

0.10%
全世界 VXUS:トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)ETF

米国を除く世界分散、だからアメリカ人には人気

0.11%
新興国 VWO:FTSE・エマージング・マーケッツETF

新興国へ低コストで投資ができる

0.14%
米国 BND:米国トータル債券市場ETF

毎月分配の超優良債券ETF

0.05%
米国 AGG:米国総合債券市場 ETF

債券ETFならAGGかBNDで十分

0.05%

米国株ETFは一本でも分散効果が得られる優れた投資商品。

さらに国や地域、そして資産を分散させると国際分散投資が可能となります。

つまり米国株ETFを複数本もつことが、より適切な分散投資へとつながるわけです。

ETFの選択で悩んだ際には、ここにある海外ETFリストが少しでも役に立つと嬉しいです。

参考>>>米国株・注目の51銘柄

スポンサーリンク

米国株/海外ETF:注目銘柄の選び方

米国株/海外ETFを選ぶ方法

米国株/海外ETFを選ぶ方法

今回は米国株ETFを13銘柄ピックアップしました。

ETFの選んだ方法は以下の通り。

海外ETF・注目の13銘柄リストの選択基準

  • Morningstar社のGold/Silver ETFから代表するベンチマークを抽出
  • ダウ平均とナスダック100ETFを追加
  • 該当ベンチマークでコストが最安値なものを選出

ETFの一般的な選び方はこちら

  1. どのベンチマーク(インデックス)のETFに投資するかを決める
  2. 運用残高の大きいETFを選ぶ
  3. 低コスト(信託報酬)のETFを選択する

>>>ETF おすすめ銘柄の選び方【アメリカ株編】

尚、投資信託と異なり、ETFは市場での時価で購入が可能です。

つまり指値注文ができるということ。

だからといってトレードでETFを活用するのは、適切とはいえないので要注意。

トレードを行わないかぎり、株式市場全体に連動するインデックス運用のETFに投資することは何も悪いことではない

インデックス投資は勝者のゲーム

米国株/海外ETFにおすすめな証券会社は?

インターネット証券で米国株/海外ETFが取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

おすすめ 証券会社 コメント
No.1 マネックス証券 米国株取引に最適
No.2 SBI証券 為替手数料Good
No.3 楽天証券 見やすさ抜群

私は3社に証券口座を保有していますが、アメリカ株取引ではマネックス証券を使っています。

  • 手数料が安い
  • 米国株取扱い銘柄数が3,000以上と多い
  • 指値90日・時間外取引が可能であり使い勝手が良い
  • 売買手数料が実質無料の「ゼロETF」がある

>>>米国株投資、おすすめの証券会社を比較

>>>米国株の買い方(マネックス証券編)