スポンサーリンク

サラリーマンが12年で経済的自由を獲得する方法を考えてみた

経済的自由、ファイナンシャルフリー、アーリーリタイア、セミリタイア、いずれもサラリーマンなら一度は憧れたことはありませんか?

当ブログは

「アメリカ株でアーリーリタイアを目指す」

それはアーリーリタイアメントへの道程を綴ることを一つの目的としています。目標到達時期は2027年です。

具体的には、

  • 2015年(当時35歳)でブログを開始
  • 2027年(47歳)でアーリーリタイア達成

サラリーマンが12年間で経済的自由&アーリーリタイアを達成する具体的な方法を考えてみました。

とはいえ収入のUPは見込みにくいのがいまの日本社会です。

あの経団連所属企業ですら、

なのです。

ですから収入増というよりは、支出抑制、節約と運用にフォーカスしていきます。

お金を増やす方法ための方程式を用いて↓

将来の金融資産=(収入-支出)+資産×運用利回り

サラリーマンならば一度は考えたことがあるはず。早く辞めたいなぁと。 早期退職といえば肩たたきの意味を強く感じるが、セミリタイアとかアー

スポンサーリンク

経済的自由達成のためには、「支出を収入の半分に抑える」

支出抑制はアーリーリタイアへの近道です。経済的自由達成も同様です。

サラリーマン時代から、給与収入が途絶えても暮らしていけるだけの支出額にしておけばよいのです。

つまり生活水準を上げないということが大事なわけですね。

たとえば収入の50%にまで支出抑制する事が出来ればどうでしょか?

今回の想定ケースを設定しましょう。

  • 年間手取年収:400万円/年
  • 年間実質支出:200万円/年

このモデルでは、12年の間に2400万円を貯める事ができます。

手取年収をXとすると

  • X=手取り年収
  • 1/2X = 年間支出 = 年間投資追加額

節約はやりすぎると苦痛になります。しかしながら支出を収入の半分にまで抑えるというのはひとつの目安としておきたいです。

サラリーマンが経済的自由を達成するためには「余剰資金を継続投資する」

アーリーリタイアメントや経済的自由を成し遂げるために必要なことはなんでしょうか?

投資・資産運用がカギとなります。

上述したように収入の半分の支出で生活することが出来れば余剰資金がうまれます。その余剰資金を投資に振り向けていきましょう。これが経済的自由への第一歩です。

12年間投資を継続すると、ドルコスト平均法がつかえます。積立投資のようなイメージです。

年間運用リターンは仮想ケースなので欲張りに設定してみましょうか。年率8%の運用利回りと想定しましょう。

毎年200万円の資金投下を年率8%のリターンで12年間継続した場合、

  • 投資元本:2400万円
  • 評価額 :約4100万円

となります。

160410 early retirement

手取年収をXとすると

  • X = 手取り年収
  • 1/2X=年間支出 = 年間投資追加額
  • 6X = 12年後の投資元本
  • 10.25X = 12年後の評価額

節約と運用の重要性が理解できてきました。これは経済的自由を目指す場合でなくても有用です。

配当金生活には元手がいくら必要なのか? 個人投資家ならば一度は夢見る配当金生活。 資金がどの位必要となるのか気になりませんか?

サラリーマンが経済的自由を成し遂げるためには「配当金を重視する」

支出の抑制と資産運用を12年間つづけた結果はどうなるでしょうか?

  • 13年目に達成した評価額:4100万円の金融資産

ここで成し遂げた金融資産を利回りが5%の高配当株へ投資したとすると

4100万×5% = 205万/年

【PFF】や【T】などの高配当銘柄が思い浮かびます。

すると配当金額が支出を上回るという経済的自由を獲得となります。

  •  支出:200万円/年
  • 配当金:205万円/年

  • X = 手取り年収
  • 1/2X=年間支出 = 年間投資追加額 = 配当金額
  • 6X = 12年後の投資元本
  • 10.25X = 12年後の評価額

これで配当金生活が可能ですね。実現できそうな気がしませんか?

配当金生活は憧れではなく、達成可能な目標へとパラダイムシフトが起きてきます。

経済的自由とは遠い存在ではないのです。時間をかければサラリーマンでも十分に成し遂げることができるはずです。

https://america-kabu.com/2017/01/10/dividend_life/

まとめ:サラリーマンが12年で経済的自由獲得する方法

今回のケースでは、年収が12年間変わらないという設定でした。おまけに物価上昇を考慮していません。

しかしながら支出を抑え投資を継続すれば、経済的自由やアーリーリタイアメント達成は十分に可能だとわかりました。

この他の方法として、

  • 収入そのものを増やす
  • 収入源を増やす(副業など)

も有用となります。収入源の複線化とは経済的自由への近道となるのです。とくにサラリーマンにとっては給与所得以外の収入は必須といえるでしょう。

副業をしているサラリーマンの割合はどの程度か? 「平成24年就業構造基本調査(総務省)」によれば、全就業者の3.6%が副業

経済的自由達成にむけて何をするのか?

今回のケーススタディでは、12年間という長きにわたり目標にむけてベクトルをブラさないようする自己管理が求められました。

人間というのは意思が弱い生き物です。長期間、一つの目的に向かって行動するというのは予想以上に難しいのです。

まず対策として「定期的に状況を記録する」のが良いでしょう。

その意味ではアーリーリタイアへの道程をブログに綴るというのは理にかなっていると思います。

また資産運用については方針をシンプルにするのがよいです。私の場合には配当貴族ダウの犬銘柄シーゲル銘柄 を対象にした投資継続をしています。

経済的自由は2027年までにかならず成し遂げます。

千里の道も一歩から。

その言葉を胸に。

See you!

米国株投資にはインターネット証券がおすすめです。

アメリカ株の取引でおすすめの証券会社はどこなのか?比較してえらぶポイントをまとめてみました。 おすすめの証券会社はどこなのか、

配当金だけではなく、複数の不労所得を作り上げていきたいです。

不労所得を増やしたい。 そう望む人は多いはず。 不労所得を獲得するにはいくつかの方法がある。 今回は給与所得以外の

経済的自由もアーリーリタイアも、お金がかかる事にはかわりありません。

セミリタイアだとかアーリーリタイアだとかには、いったいいくらのお金が必要なのでしょうか? 生活費としてどれだけ支出しているのか

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. tomo より:

    こんにちは。時々拝見させていただいております。

    Yield On Costは投資資金に対する配当利回りを意味しますので、記事の内容はちょっと違うような?

    累積2400万円投資して、配当再投資や増配により年間の額面配当金が205万円になっている時点では、Yield On Costは約8.5%になります。

    また株式保有額が時価4100万円の時点で、配当205万円というのは税引き前にしてもあまりにも高配当に偏重しているので、少し非現実的ではないでしょうか?

    • はちどうきゅうどう より:

      tomoさん
      コメントありがとうございます。 確かにYOCの記載が誤っていましたね。YOCではなく”配当利回り”でした。
      訂正しておきました。ありがとうございます。