ウェルスナビで積立投資、月額3万円を設定した結果

スポンサーリンク

2018年4月からウェルスナビで自動積立投資を開始しました。

ウェルスナビに25万円を入金し、その後は毎月3万円の積立投資です。

ウェルスナビで初めての積立投資によって購入したETFはこちら。

本記事ではウェルスナビで積立投資、月額3万円を設定した結果・体験談を紹介します。

ウェルスナビ積立投資の体験談:地銀担当者と共通の話題が出来た

2018年に入り、私はウェルスナビだけではなく太陽光発電投資に踏み切りました。

信販会社から融資を受けての投資です。

より低金利の融資を受けたいので、先日、地銀担当者と面談をしました。

金融資産一覧とそのエビデンスを提出したときのことです。

  • 証券口座
  • 銀行口座
  • ウェルスナビ口座

その地銀担当者は、証券口座での株式投資を一切やっていない様子。

iDeCoやつみたてNISAも含めて。

ところがウェルスナビの積立投資を最近始めたそうです。

ウェルスナビの自動投資によるポートフォリオ構築は楽ちんでよいとコメントされていました。

ちょっと距離が縮まった気がしましたね。

ロボアドバイザーや、つみたてNISA制度により、長期・分散・積立投資が普及していく姿を目の当たりにした瞬間です。

この傾向は今後も続くと思います。

>>>ロボアドバイザーでウェルスナビを選んだ理由

スポンサーリンク

ウェルスナビの積立金額はいくら?3万円にした結果

はじめてのウェルスナビ積立投資で購入したETF

ウェルスナビの対象商品は、優良ETFだけに絞られています。

したがって新たに購入されるETFのことを安心してみていられます。

ここでふと気になることが発生。

積立投資をした結果が反映されるのが遅い。

放置しておけないのでウェルスナビのQ&Aで調べてみました。

自動積立で銀行口座から引き落とされた後、WealthNaviにいつ反映されますか?

①2018年4月26日以前に、引き落とし日の選択をせずに自動積立をお申し込みいただいたお客様は、一律で引き落とし日から5営業日の正午頃に反映します。

②2018年4月26日以降に、引き落とし日を選択のうえ自動積立をお申し込みいただいたお客様は、引き落とし日から3営業日の正午頃に反映します。

反映されたその日に現金残高が2万円以上(目安)の場合、自動でETFを購入します。

ウェルスナビで積立投資をする際の注意点

  • 銀行引き落としから反映までに3~5営業日かかる
  • 積立金額は2万円以上がベター

ウェルスナビで3万円の積立投資をしたリターン【1か月目】

AIによる自動ポートフォリオ構築によって、手堅い内容となっていますね。

2018年4月を振り返れば、私はふたつの投資手法を取り入れたのでした。

  • ウェルスナビによる自動積立
  • トライオートETFによる自動売買

>>>トライオートETFの実績をブログで公開するメリット・デメリット

両者を比較するとそれぞれのメリット・デメリットがあると気づきます。

まだ積立投資を開始して1か月目ですが、ウェルスナビは安定や安心感というメリットを感じます。

ウェルスナビで3万円の積立投資を続けてみる

長期・分散・積立投資を、リバランス・税金最適化を全自動で実施してくれるウェルスナビ

現金残高が2万円以上となれば、自動でETFを買付をしてくれます。

毎月のETF購入を継続したいので、3万円の自動積立投資の設定のまま続けます。

  • 時間をかけずに積立投資を続けたい
  • 既に、つみたてNISAを実施してる
  • それでもまだ余力資金がある

こんな人にはウェルスナビのサービスが合いますね。



関連記事の紹介

ウェルスナビの手数料1%には、税金自動最適化やリバランス、為替や売買手数料が含まれています。

ウェルスナビの手数料は1%です。 2018年になり、低コストインデックスファンド投資信託が多くから選べるようになりました。

ロボアドバイザーの中で、自動税金最適化機能(DeTAX)に対応しているのはウェルスナビだけ。

人工知能の力をかりたロボアドバイザーで投資を試してみることにしました。 具体的にはウェルスナビを使い、積立投資をしていきます。

もし自分で米国株ETFを購入するときには、手数料負けしない売買金額を考慮した方がよいです。

アメリカ株や海外ETFの取引手数料は、日本株よりも高いです。 米国株と日本株の売買手数料の差は、インターネット証券であっても同様です。