良い会社に入り部長になっても月収70万、年収1000万

スポンサーリンク

世の中には良い会社に入りたい、偉くなりたい、そして年収を上げたいと願う人は多いようだ。もちろん給料が上がる事はハッピーである。

しかしながら一部上場企業などのいわゆる良い会社に入るのは意外と難しい。

さらにその優良企業で出世して偉くなるのはさらにいばらの道。

その出世街道を進んだらどうなるのか気になりませんか?

そこで今回は、優良企業など良い会社にはいって部長になった場合の年収について考察する。

給与に頼り年収を上げるだけではお金持ちになりにくいですよ、という結論となるのでご承知おきを。

良い会社の集まり、経団連とは?

経団連は、わが国の代表的な企業1,340社、製造業やサービス業等の主要な業種別全国団体109団体、地方別経済団体47団体などから構成されています(いずれも2016年6月2日現在)

日本経済団体連合会HPより

正直いって、経団連がどういったミッションやビジョンをもって活動しているのかは知らない。

ただ、日本の大きな企業が集まって活動しているという点はわかる。

会長・副会長の所属企業を見ると入社人気ランキングにも顔出しする企業が並んでいる。

  • 東レ
  • 新日鐵住金
  • トヨタ自動車
  • JXホールディングス
  • 日立製作所
  • 野村証券
  • 日本生命
  • 三菱東京UFJ
  • 三菱重工業
  • 住友化学
  • 三井物産
  • 日本郵船
  • 東京ガス
  • 三菱商事
  • 三越伊勢丹ホールディングス
  • 三井住友銀行

このような日本を代表する企業で働きたいなぁ なんて思っている人も多いだろう。

どんどん偉くなって、給料沢山もらいたいなぁ なんて妄想したりもするだろう。

年収すごい貰っているんだろうなぁなんて憧れもするでしょう。

しかしながら、年収は驚くほどの額ではないかもしれない。

経団連が発表した、役職者(実在者)所定労働時間賃金を見てみよう。

スポンサーリンク

役職者別給料 -全産業、規模計-

「2016 年6月度 定期賃金調査結果」より

調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,919 社

調査時期:2016 年7月 25 日~8月 31 日 回答状況:集計企業数 395 社(有効回答率 20.6%) (製造業 53.2%、非製造業 46.8% 従業員 500 人以上規模 79.0%)

月収を概算でいうと

経団連に入っているかそれに準じる企業の偉い人の所定労働時間内賃金の月額は

  • 部長(兼取締役):100万円
  • 部長      :70万円
  • 部次長     :60万円
  • 課長      :50万円ちょい
  • 係長      :40万ちょい

こんなもの。

年収1千万を超えるサラリーマンは数%であり、二千万を超えるとなると極稀であることを思い出す。

なにせ日本代表の企業の部長になっても、月額70万程度の給料なのだ。

(これに諸手当がつくのだと思うが)

エリートサラリーマンたちの年収への私見

どかーんと稼いで、がはっはと使う。

そんな事はサラリーマンでは難しい。

例として、池井戸潤の本の内容を出してみる。

半沢直樹

「やられたらやり返す、10倍返しだ!」 で一世を風靡した、作品。

大銀行の役員、大和田常務は妻の借金(1億円以上?)により首が回らなくなっていた。

妻は夫が高収入であることを背景に、勘違いしてしまったのだ。

100万くらい大丈夫でしょ、1000万位大丈夫でしょ と。

外資系金融機関のエリート出ない限り、年収はそれほど高額にはならない。

したがってサラリーマンでは常務といえどもガンガンお金を使える状態になるのは困難である。

花咲舞が黙っていない

大銀行の頭取が賄賂一億円を受け取り、その罪を部下になすりつけようとしていた。

頭取なんだから一億円と言わずに、数十億円単位での罪を犯してほしいものだ。

個人投資家業界では、一億円の利益を上げている人のブログはちらほらある。

一方で、大銀行の頭取なんて日本に数人しかいない。

サラリーマン最高峰という希少な存在ではあるが、資産や年収はその希少性程の差はつかない。

お金が欲しいなら、お金を増やす方法を考えよう

1.たくさん稼ぐ

2.賢く使う(節約)

3.がっちりと守る

4.投資する

5.分かち合う

ユダヤ人大富豪の教え

たくさん稼ぐためには、サラリーマンをやっての給与所得だけでは難しい。

偉くなっても給料が驚くほどの額をもらえるという訳ではない。

年収二千万超えで確定申告が必要な人なんて非常に稀。

日本を代表する企業の部長クラスは月収70万+αなのだから。

なので、給料以外の方法を探しておく必要がある。

私の場合にはアメリカ株となっている。

だって、株式投資で誰でもお金持ちになるのは可能なのだから。

所得は給与だけのあなたへ

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

風呂にでも入りながら、サクッとこんな事を考えてみてはいかがでしょう。

  • 給与所得はどの程度まで上げられるのか?
  • その実現可能性はどの程度か?
  • 給与所得以外で稼げる方法はないか?
  • その実現可能性はどの程度か?

See you!

参考資産1億円と年収1,000万円はどちらが難しいか比較

■年収関連記事の紹介

P&Gのようなグローバル企業の年収はやっぱり高い。

日本のサラリーマンの年収とは世界と比べて高いのか? 先進国とはいえ生産性の低さから低賃金であるのが日本の給料の特徴である。 では

40代・50代のアメリカの世帯年収は1,000万円を超える

世帯年収とは年齢別でよく語られる。家族の有無によっても年収総額の計算方法は変わるだろう。 そういったことは抜きにして、とりあえず日本の

給料だけではなく株式投資を活用し、総合力で勝負したい

貯金と株式投資を比べた場合、どちらが資産形成・お金持ちに近道なのか気になりませんか? 資産形成にはお金を貯められるのが大前提ですが運用
スポンサーリンク

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ