スポンサーリンク

配当金生活にむけた米国株ポートフォリオ:2017年増配率は?

サラリーマンを卒業するのはいつがよいか?

私は40代が最適だと思っている。

しかしながらリタイアしたとしても、経済的に不自由ならば面白くない。

なので配当金などのインカムゲインで収入を確保しておきたい。

いわゆる配当金生活を目指したい。

ここで登場するのが米国株のとくに連続増配株。

受け取り配当金額が減らない、むしろ増えるというメリットがある。

では2017年はどの程度の利点があったのだろうか?

本記事ではアメリカ株の配当成長ポートフォリオの増配率を記録する。

参考米国株ポートフォリオ

スポンサーリンク

配当金生活にむけた米国株ポートフォリオ:2017年増配率

配当金の雪だるま

Couleur / Pixabay

Symbol 名称 増配率
VYM 米国高配当株式 ETF 8.8%
VTI トータル・ストック・マーケット 5.8%
PFE ファイザー 6.3%
BRK.B バークシャー・ハサウェイ
RDS.B ロイヤルダッチシェル 0.0%
UL ユニリーバ 11.1%
T AT&T 2.0%
ABBV アッヴィ 10.9%
PG プロクター&ギャンブル 3.1%
MO アルトリア・グループ 8.2%
KO コカ・コーラ 5.7%
JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 5.0%
PM フィリップモリス 2.9%

VYM・VTIおよびULは、2016年と2017年の通年配当金額の増配率を記載している。

相場が好調であった2017年。

米国高配当株式ETF:VYMの増配率8.8%と高かった。

米国株ポートフォリオの個別株で配当成長率がVYMより優れていたのは、ABBV:アッヴィとUL:ユニリーバのみ。

ディフェンシブな個別銘柄ばかりを揃えているポートフォリオなので仕方がない。

ここでVYMの増配率を振り返ろう。

リーマンショック時にVYMは分配金を大きく減額している。

これは忘れてはならない。

一方で米国株式マイポートフォリオには、暴落時でも増配を続けてくれる個別株を集めている。

生涯にわたって配当金を増やし続けてくれることを期待しているのだ。

だからこそ配当金生活にむけた米国株ポートフォリオというわけ。

だがいまのままだと配当金だけでの経済的自由を達成するのは難しいかも。

このままではマズいので対策を考えなくては。

それはまた別の機会に。

参考一生続く収入源の作り方を考えてみた

まとめ:配当金生活にむけた米国株ポートフォリオの増配率

アメリカ株マイポートフォリオでは、減配している銘柄はなかった。

そして米国高配当株式ETFであるVYMの配当成長率が8.8%と予想以上に髙かった。

この調子で配当金の雪だるまを大きくしていきたい。

ということで2017年もお世話になり、ありがとうございました。

Have a great new year!

参考3000万円から1億円の作り方

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする