スポンサーリンク

ユニリーバのADRは、配当が税金で有利なイギリス株ULがおすすめ

ユニリーバ ULとはイギリスとオランダに本社を置く、一般消費財メーカーである。業界ランキングでは3位・4位と言う順位で大手銘柄だ。

紅茶のリプトン、ヘアケア用品のラックス、ボディケアのダブなどが有名商品である。もともとがマーガリンと石鹸メーカーとして起業されたのでいまの製品群はその延長線にあるとわかる。

ユニリーバは、オランダとロンドンで株式上場しておりティッカーシンボルが複数存在している。

  • ロンドン市場:ULVR →ADR:UL
  • オランダ市場:UNA  →ADR:UN

日本から投資をする際にはADRを購入するのが一般的だ。そのときにはイギリス銘柄のADR、ULを購入した方がよい。英国株だと外国源泉徴収税がかからないからだ。税金面で優遇されており、オランダ株よりも受取配当金額が大きくなる。

本記事はイギリス高配当株シリーズの一環である。銘柄分析とまではいかないのだが英国株UL ユニリーバの企業紹介をしたい。

もし他の英国高配当株ADRを知りたいならこちら

イギリス銘柄といえば高配当ADRが注目されている。外国源泉徴収税率が0ということで、受取配当金は日本株とほぼ同じ税金しかかからないからだ。 本記事ではイギリス株投資に適した高配当銘柄ADRをまとめてリストアップした。 ...

スポンサーリンク

ユニリーバは一般消費財売上ランキング4位の多国籍企業

一般消費財売上高ランキング2015、出典:Consultancy.uk

日用消費財の売上高ランキング2015をみると、ユニリーバは第4位である。米国企業のペプシコとほぼ同規模の日用品メーカー大手だ。

ちなみにFMCGとは、Fast Moving Consumer Goodsの略で飲料、食品、化粧品などの比較的短期間で消費される製品(日用消費財)のことをさす。

  1. ネスレ(スイス)
  2. P&G(米国)
  3. ペプシコ(米国)
  4. ユニリーバ(英蘭)
  5. JBS(ブラジル)
  6. アンハイザー・ブッシュ・インベブ(英国)
  7. コカ・コーラ(米国)
  8. タイソン(米国)
  9. モンデリーズ(米国)
  10. アーチャー・ダニエル・ミッドランド(米国)

ユニリーバの4つの強み

ユニリーバの強み

  1. ブランド力
  2. 世界の広い地域におけるプレゼンス
  3. 物流
  4. マネージメント
  • No.1-2ブランドからの売上が85%を締めている
  • 世界190か国に販売展開しており、新興国での売上高比率が57%である
  • 25億人の消費者に3,000万もの販売店を通じて商品を届けている
  • 80%のリーダーが現地に駐在している

各国の事情を優先した組織改編を2017年に実施

ユニリーバの組織改編、出典:ULホームページ

2011~2016年では、4つの製品カテゴリ×8つの地域チームに分けられていた。それを2017年からは製品群で3つにわけ、あとは国別のカテゴリービジネスチームを編成している。

つまり現地化を重視した組織改編を実施したわけだ。これによりグローバルでありながらローカルにもよりフォーカスできる強みができた。

コスト削減は2020年まで続く

ユニリーバのコスト削減計画

ユニリーバULによれば、2016年から2020年にかけて経費削減を促進する計画だ。ユニリーバ社員には厳しいプランかもしれないが、UL株主にとっては嬉しい内容である。

ユニリーバ ULの業績

株価指標

2017年9月15日
ティッカー UL
株価 58.98
PER 24.39
EPS 2.42
配当 2.54%
配当性向 64.9%
配当月 3/6/9/12月
増配年 16年
増配率(5年)
増配率(10年)
β 0.88

UL株は少し前まで3%をこえる高配当銘柄であった。それが最近の株だけによって配当利回りは下がってきている。

ユーロベースでは連続増配銘柄ではあるももの為替の影響をうけ、ドルベースではかならずしもそうではない。配当支払月は3・6・9・12月となっている。

直近10か月ULの株価チャートはこちら。

finviz dynamic chart for  UL

売上高と利益率

ULの売上高推移

ユニリーバの売上高は毎年右肩上がりとはいかない。しかしながら長期でみればなだらかに上昇している。

キャッシュフロー

ULのキャッシュフロー

ULのキャッシュフローをみると、生活必需品セクターのディフェンシブ度合がわかる。

配当金状況

ULの配当金支払い推移

ユニリーバはオランダ・イギリスの連続増配銘柄である。オレンジ色の配当金推移をみれば、綺麗な右肩上がりとなっている。これはユーロ建ての数値だ。

さらに青色のEPSをみても基本的には右肩上がりとなっている。ディフェンシブ銘柄を好む投資家にはULは魅力的なオプションのひとつである。

ULに投資する際のリスク

ユニリーバ ULは生活必需品セクターのなかでも近年優れた成長をみせた企業のひとつである。幅広い製品群・ポートフォリオを有し、さらには新興国をふくむ多くの地域で販売展開をしている。リスク分散は十分になされているといえる。

しかしながら売上原価の20~25%はエネルギー価格に依存するといわれている。商品コストが上昇するリスクをはらんでいる。

M&Aが企業戦略のひとつであるが、この買収・売却がうまくいかない可能性はゼロではない。

私見

ユニリーバ ULとは、投資するのに多くのメリットを有する。

  • ディフェンシブな生活必需品セクター
  • 超大手で安定したキャッシュフロー
  • 連続増配銘柄
  • イギリス銘柄なので、配当金の税金に旨味有り
  • 配当支払い月は四半期毎

さらにイギリス株では珍しい四半期配当支払いというのは、配当金投資家には嬉しい。

近年、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイがユニリーバ買収を試みたとニュースになった。バフェットの目にもとまる銘柄ということだろう。

バフェットだけではなく、多くの個人投資家が興味あるイギリス株だ。

以上、ユニリーバの紹介でした。

See you!

著者はUL株を保有しています。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にUL株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

■関連記事の紹介

生活必需品セクターはディフェンシブであり、連続増配株が多い。

生活必需品セクターの連続増配銘柄をピックアップした。 理由は私のポートフォリオに追加が必要であるから。 生活必需品セクターは防御力が強く、あなたの投資の参考にもなるだろう。 とはいいつつも、ピックアップしたのはiシ...

ユニリーバに目を付けたバークシャーの現状。

天才投資家ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイ。 更にバフェットの右腕+左脳であるチャーリー・マンガ―が副会長として君臨している。 投資リターンは比類なき結果をもたらしている。 今回はそのバークシ...

イギリス株ADRのまとめはこちら。

イギリス銘柄といえば高配当ADRが注目されている。外国源泉徴収税率が0ということで、受取配当金は日本株とほぼ同じ税金しかかからないからだ。 本記事ではイギリス株投資に適した高配当銘柄ADRをまとめてリストアップした。 ...

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク