3000万円から1億円の作り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1億円の作り方

貯金が1000万円、2000万円、3000万円ある人達がいる。

彼らはどのように考えるのか?

減らしたくない、もっと増やしたい、もっと貯めたいなどなど。

なかには金融資産1億円を目指す人がいるはず。

 

だったらどうやって1億円に到達するのか。

その方法はやっぱり気になる。

ということで、1億円の作り方を考えてみた。

金融資産3000万円からの1億円の作り方

たとえば金融資産を3,000万円保有しているとする。

>>>3,000万円の運用方法 実際に投資をして感じる3つの原則

 

ここから1億円をどうやって作るのか?

目標到達までの期間で考えてみましょう。

金融資産3000万円から1億円を5年で作る方法

金融資産3000万円あって、毎月積立をする場合に必要な利回りを想定してみる。

3,000万円は全て運用に充てる前提だ。

  • 毎月10万円積立:24.2%
  • 毎月20万円積立:21.3%
  • 毎月30万円積立:18.6%

 

ここで投資の神様、ウォーレン・バフェットのリターンを振り返る。

40年近くに渡って年率20%を超える利回りを成し遂げている。

神様だって20%/年なんだ。

 

つまり凡人が20%/年のリターンを継続するのはかなり難しい。

したがって毎月30万円程度の積立では1億円に到達しにくいとわかる。

 

もうすこし現実的な利回りで計算してみる。

  • 毎月80万円積立:7.1%
  • 毎月90万円積立:5.1%
  • 毎月100万円積立:3.2%

なんと、年間1,000万円前後の追加投資が必要となる。

金融資産3,000万円保有しているからといって、5年以内に1億円到達するのはハードルが高い。

 

金融資産3000万円から1億円を10年で作る方法

同様の計算を、運用期間10年で実施してみよう。

  • 毎月10万円積立:10.2%
  • 毎月20万円積立:7.9%
  • 毎月30万円積立:5.6%

 

この位ならば手が届きそうな気がする。

S&P500のリターンは年率6-7%平均だからだ。

 

3000万円を運用し、追加資金20~30万円/月を実施する。

これが1億円到達への歩みとなる。

 

ここでは毎月20~30万円の積立をできるだけのキャッシュフロー確保がKeyとなる。

 

参考長期投資のメリット

 

金融資産3000万円から1億円を15年で作る方法

同様に運用期間15年で試算してみよう。

  • 毎月積立なし:8.4%
  • 毎月10万円積立:6%
  • 毎月20万円積立:3.8%

投資期間を長くすると、追加投資金額が少なくて済む。

 

国内・先進国・新興国の株・債券に1/6ずつ資産分散した場合のリターンは?

答えは年平均4.0%

あくまで過去データをベースとしている。

 

つまり金融資産3,000万円を広く分散し、さらに毎月20万円を追加していけば、15年後には高い確率で1億円達成している。

億り人だ。

 

参考長期・積立・分散投資のリターン

 

1億円達成までの時間とリターンを計算した方法

出典:モーニングスター社 金融電卓

 

今回の計算はネット上でサクッと簡単に実施した。

モーニングスター社の金融電卓を活用したのだ。

 

この4つの数値さえ決めれば、必要な運用利回りを求めることができる。

  1. 現在資金
  2. 毎月積立金額
  3. 運用期間
  4. 目標資産額

 

人生と同じで株式市場にもでこぼこがある。

年率リターンは一定であるわけではない。

あくまで参考値。

 

それでも、早く投資を始めることのメリットを体感できる。

 

金融電卓 運用-利回り

 

投資を若い時から始めた方が良い理由は、投資期間を長くとれるから

株式投資とは年功序列だと言われる。

投資期間が長い方が圧倒的に有利なのだから。

投資期間の年功序列というわけだ。

 

この場合、実年齢は関係ない。

投資期間が重要。

だからこそ、早く若いうちから投資を始めた方が良いと言われるのだ。

 

金融電卓を使わずとも、72の法則でなんとなくイメージはつきやすいですがね。

 

参考72の法則とは資産を2倍にする式、114の法則・144の法則は?

 

資産運用するなら、目標設定と実現可能性を計算してみよう

投資をするなら、目標設定が必要。

何のために投資するのか?

今回のように数字を用いて計算すると分かりやすいでしょう。

 

ということで、さっそく皮算用してみよう!

 

3000万円から1億円の作り方の計算は楽しいですね。

 

参考資産1億円と年収1,000万円はどちらが難しいか比較

1億円を目指しつつ、配当金に注目し構築している米国株ポートフォリオ

私は配当金を狙った米国株投資をしている。

インカムゲインを対象とした投資が自分の性格に合っていると思うから。

もちろんいずれは資産一億円の達成ができるはず。

>>>3,000万円の運用方法 実際に投資をして感じる3つの原則

 

米国株で配当金について注目している銘柄

 

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築している。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

 

【参考:米国株マイポートフォリオ

 

ちなみにインターネット証券で米国株取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社のみ。

おすすめ証券会社コメント
No.1マネックス証券米国株取引に最適
No.2SBI証券為替手数料Good
No.3楽天証券見やすさ抜群

 

私は3社に証券口座を保有していますが、3つの観点からアメリカ株取引は主にマネックス証券を使っている。

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

 

米国株投資で億り人達成をするつもり。

 

【詳細:米国株投資、おすすめの証券会社を比較

【詳細:米国株の買い方(マネックス証券編)

 

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

 

マネックス証券と相性抜群→ジャパンネット銀行

マネックス証券への即時入金サービスの対象金融機関で、日本で唯一Tポイントの現金交換が可能な銀行です。

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

経済的自由・アーリーリタイア長期・分散・積立
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント