3000万円から1億円の作り方

スポンサーリンク

3000万円を運用し、資産1億円の作り方

貯金が1000万円、2000万円、3000万円ある人達っていますよね。

彼らはお金に対してどのように考えるのでしょうか。

 

減らしたくない、もっと増やしたい、もっと貯めたいなどなど。

 

なかには金融資産1億円を目指す人がいるはずです。

だったらどうやって1億円に到達するのか。

その方法は気になります。

 

ということで、1億円の作り方を考えてみました。

スポンサーリンク

3000万円の投資から、資産1億円の作り方

たとえば金融資産を3,000万円保有しているとしましょう。

ここから1億円をどうやって作りましょうか?

目標到達までの期間で考えていきます。

金融資産3000万円から1億円を5年で作る方法

金融資産が3000万円あり、毎月積立をする場合に必要な利回りを想定してみます。

3,000万円は全て運用に充てる前提ですね。

 

5年間で3,000万円を1億円にする際の利回り

  • 毎月10万円積立:24.2%
  • 毎月20万円積立:21.3%
  • 毎月30万円積立:18.6%

 

毎月30万円の追加投資だと、5年間で資産1億円到達するためには年率18.6%の利回りが必要です。

 

ここで投資の神様、ウォーレン・バフェットのリターンを思い出しましょう。

40年近くに渡って年率20%を超える利回りを成し遂げてきました。

 

神様だって運用利回りは20%/年なのです。

ですから凡人が20%/年のリターンを継続するのはかなり難しい。

したがって毎月30万円程度の積立では、5年間で1億円に到達するのは困難です。

 

もうすこし現実的な利回りで計算してみます。

5年間で3,000万円を1億円にする際の利回り

  • 毎月80万円積立:7.1%
  • 毎月90万円積立:5.1%
  • 毎月100万円積立:3.2%

 

金融資産1億円に到達するまでには、年間1,000万円前後の追加投資が必要となります。

金融資産3,000万円保有しているからといって、5年以内に1億円到達するのはハードルが高い。

やはり5年間で3,000万円から1億円にするのはそう簡単ではありません。

 

ならば運用期間を延ばしてみましょうか。

金融資産3000万円から1億円を10年で作る方法

同様の計算を、運用期間10年でシミレーションしてみました。

10年間で3,000万円を1億円にする際の利回り

  • 毎月10万円積立:10.2%
  • 毎月20万円積立:7.9%
  • 毎月30万円積立:5.6%

 

この位ならば手が届きそうな気がしますね。

米国株式市場を振り返れば、S&P500のリターンは年率6-7%平均だったのですから。

 

3,000万円を運用し、追加資金20~30万円/月を10年間継続する。

これが1億円到達への歩みとなるのです。

 

ここでは毎月20~30万円の積立をできるだけのキャッシュフロー確保がポイントとなります

 

金融資産3000万円から1億円を15年で作る方法

同じく、運用期間を15年で試算してみました。

15年間で3,000万円を1億円にする際の利回り

  • 毎月積立なし:8.4%
  • 毎月10万円積立:6%
  • 毎月20万円積立:3.8%

 

投資期間を長くすると、追加投資金額が少なくて済みます。

72の公式でもわかるように、複利効果が効いてくるのですね。

このくらいの目標利回りだと、現実的な数値となってきます

 

ここで国内・先進国・新興国の株・債券に1/6ずつ資産分散した場合のリターンを振り返りましょう。

分散投資されたポートフォリオの期待リターンは、年平均4.0%

あくまで過去データをベースとしていますが、妥当な期待値です。

 

つまり金融資産3,000万円を広く分散し、さらに毎月20万円を追加していけば、15年後には高い確率で1億円達成していると分かります。

 

いよいよ、億り人ですね。

 

スポンサーリンク

3000万円を運用し、金融資産1億円達成するまでの期間

出典:モーニングスター社 金融電卓

 

今回の計算はネット上でサクッと簡単にシミレーションしました。

モーニングスター社の金融電卓を活用したのです。

 

以下の4つの数値さえ決めてしまえば、必要な運用利回りを求めることができます。

  1. 現在資金
  2. 毎月積立金額
  3. 運用期間
  4. 目標資産額

 

もちろん人生と同じで、株式投資の収益にもでこぼこがあります。

例えば米国株市場のS&P500リターンをみると、過去92年間のうち、わずか6回だけが平均値±2%の利回りとなっていたのです。

 

平均値・期待リターンとは、長い運用期間を経ての数値です。

ですから数年単位で投資収益を見る場合には、あくまで参考値としておきましょう。

 

それでも、早く投資を始めることのメリットは体感できるはずです。

 

金融電卓 運用-利回り

 

スポンサーリンク

投資を若い時から始めた方が良い理由は、投資期間を長くとれるから

株式投資とは、年功序列にたとえられます

投資期間が長い方が圧倒的に有利だからです。

年齢ではなく、運用期間の年功序列ということですね。

 

つまり株式投資に実年齢は関係ありません。

投資収益を語る際には、投資期間が重要な要素となってきます。

したがい、若いうちから投資を始めた方が良いと言われるのです。

 

金融電卓を使わずとも、72の法則でなんとなくイメージはつきやすいですがね。

 

資産運用するなら、目標設定と実現可能性を計算してみよう

資産運用では、投資の目標設定をすることが大切です。

何のために投資するのか?

今回のように数字を用いて計算すると分かりやすいでしょう。

 

ということで、あなたもぜひシミレーションしてください。

今回のように、3000万円から1億円の作り方などを計算してみると楽しいですよ。

 

以上、「3000万円から1億円の作り方」でした。

 

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。
米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。
米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

私のおすすめは、マネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

【マネックス証券 米国株のメリット】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

コメント