ダウ銘柄の配当支払い月一覧

スポンサーリンク

米国株の代表、ダウ銘柄の配当支払月が気になった。

定期的な銘柄とそうではない会社があったからだ。

なので、アメリカ株の代名詞であるダウ30構成銘柄の配当支払い月を調べてみた。

1.4.7.10月支払い

シスコCSCO
ゼネラル・エレクトリックGE
JPモルガンJPM
メルクMRK
ナイキNKE

2.5.8.11月支払い

アップルAAPL
アメリカン・エクスプレスAXP
キャタピラーCAT
プロクター&ギャンブルPG
ビザV
ベライゾンVZ

3.6.9.12月支払い

ボーイングBA
シェブロンCVX
デュポンDD
ゴールドマン・サックスGS
ホーム・デポHD
アイ・ビー・エムIBM
インテルINTC
ジョンソン・エンド・ジョンソンJNJ
マクドナルドMCD
スリーエムMMM
マイクロソフトMSFT
ファイザーPFE
トラベラーズTRV
ユナイテッド・ヘルスUNH
ユナイテッド・テクノロジーズUTX
エクソン・モービルXOM

その他支払い月

社名ティッカー支払月
ディズニーDIS1,7
ウォルマートWMT1,4,6,9
コカ・コーラKO4,7,10,12

ダウ平均構成銘柄を、一覧にすると

赤:1.4.7.10月

黄:2.5.8.11月

緑:3.6.9.12月

灰:その他

終わりに、

ダウ30構成銘柄の配当支払い月パターンは6種類あった。

  • 1.4.7.10月: 5銘柄
  • 2.5.8.11月: 6銘柄
  • 3.6.9.12月: 16銘柄
  • その他の月    : 3銘柄

配当支払いが○○月だから、この銘柄を購入しよう!

そのようには考えない。

だが、購入対象となる確率の高いダウ30構成銘柄の配当支払い月を事前に知っておいて損は無い。

配当を受け取るとなんだかうれしくなるし、それが元で投資を継続しよう と思わせてくれる。

これであなたも配当の魅力に取りつかれるはず。

尚、ダウ30銘柄は時代と共に変化している事にも要注意だ。

ビジネスは立ち止まったら終わる。一人ひとり、常に成長を心がける。

レイ・クロック

See you!

参考:配当王19銘柄の配当支払い月一覧

【追記】
はちどうきゅうどうは、マネックス証券でアメリカ株投資を実施中。個人的には米国株投資での優位性は圧倒的だと感じています。

☆詳細・申し込みはこちら→マネックス証券

【マネックス証券 米国株】
●手数料が業界最安値
●指値が90日と長く、ジックリ投資派に最適
●トレードステーションが使いやすい

参考スマホで米国株取引する快適さを、マネックス証券が教えてくれた
 
関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク