ダウ30構成銘柄の連続増配年ランキング

スポンサーリンク

ダウ30の構成銘柄の配当支払い月を以前調べた。

そうすると気になってくるのが、配当利回りや連続増配年である。

だが、配当利回りは株価の上下により変動する。

なので連続増配年のみをリストにして残しておく。

ダウ銘柄の配当支払い月一覧
米国株の代表、ダウ銘柄の配当支払月が気になった。 定期的な銘柄とそうではない会社があったからだ。 なので、アメリカ株の代名詞であるダウ30構成銘柄の配当支払い月を調べてみた。 参考 ダウ30構成銘柄の連続増配年ランキング 1.4.7.10月支払い ...

ダウ30構成銘柄の連続増配年ランキング

企業名 ティッカー 連続

増配年

プロクター・アンド・ギャンブル PG 60
スリーエム MMM 58
ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ 54
コカ・コーラ KO 54
ウォルマート WMT 43
マクドナルド MCD 41
エクソン・モービル XOM 34
シェブロン CVX 29
キャタピラー CAT 23
ユナイテッド・テクノロジーズ UTX 23
アイ・ビー・エム IBM 21
マイクロソフト MSFT 15
ナイキ NKE 14
トラベラーズ TRV 12
ベライゾン VZ 12
ビザ V 9
ホーム・デポ HD 7
ユナイテッド・ヘルス UNH 7
シスコ CSCO 6
JPモルガン JPM 6
ファイザー PFE 6
ディズニー DIS 6
アメリカン・エクスプレス AXP 5
アップル AAPL 5
ボーイング BA 5
ゴールドマン・サックス GS 5
メルク MRK 5
インテル INTC 1
デュポン DD
ゼネラル・エレクトリック GE

私見

ダウ構成銘柄 ≒ ブルーチップ、優良企業である。

さらには連続増配をしている銘柄が多い。

こうなってくると、わざわざ投資先として他の企業を探す必要は無いのではないか?

2000年~2015年の月間騰落率をみても、最大の下落率は14%であり許容範囲内だ。

とはいえ、現実的にはダウ銘柄のみに投資対象を絞るのではなく優良企業に絞る、というのがよさそうではある。

通り一辺倒である事は承知。

それでも私は米国連続増配銘柄への投資を継続する。

See you!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. みもん より:

    おはようございます
    基本的なことなのですが質問させてください。
    増配とは以下のうち、どちらを指す言葉なのでしょうか?

    1.企業が配当する際の配当金の総額を前回配当時と比較して増加している状態
    2.企業が配当する際の1株当たりの配当金が前回配当時と比較して増加している状態

    増資や株式分割、合併があったりするとそれらは、うまく帳尻を合わせて増配ということにしているんでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    • はちどうきゅうどう より:

      みもんさん、
      こんにちは。
      「2」の1株当たりの配当金が前回より増加している場合を通常は、「増配」と呼んでいると思いますよ。
      増資や分割した場合も同様かと思います。