スポンサーリンク

米国株式の配当金は、いつ振り込まれるか確認できるサイト

アメリカ株の特徴といえば配当金支払いの回数が多いということ。

たとえば多くの日本企業では半年毎に配当金が株主に還元される。

一方の米国企業では四半期毎、つまり3か月に1回の頻度で配当を出す会社が多い。

これが私にはめちゃめちゃ嬉しい。

配当金の受取回数が多くなるというのは、インカムゲイン投資家には堪らない。

ところが配当を受け取れる回数が多いと、いつ振り込まれるのか把握しにくくなる。

そんなわけで今回は「米国株式の配当金は、いつ振り込まれるのか?」について紹介していきます。

参考配当金が重要である3つの理由を紹介

スポンサーリンク

米国株の配当金支払いがいつなのか、簡単に知れるサイト

この二つが見やすくて便利ですよ。

ティッカーを入力するだけで、配当支払い日を表示してくれる。

Dividend historyの項目にある情報を確認すればいい。

米国株の配当金権利落ち日と権利確定日を確認する方法

Dividend.comの表示を一緒にみていきましょう。

KO、コカ・コーラ株を例に。

Dividend History の表示は以下の通り。

日本語訳すれば

Amount 1株あたりの配当金額
Declared Date 配当金の発表日
Ex-Div Date 配当金権利落ち日
Record Data 配当金の権利確定日(受渡ベース)
Pay Date 配当金の支払い開始日

KO、コカ・コーラ株の配当金支払い日は

  • 2017年4月3日
  • 2017年7月3日
  • 2017年10月2日
  • 2017年12月15日

ややイレギュラーな配当金振り込みとなる。

このようにアメリカ株では配当金受取り月や頻度がバラエティに富んでいる。

だからこそ、どの銘柄が何月に配当金を支払いするのかを確認しておきたい。

参考ダウ銘柄の配当金はいつ支払われるか? 配当支払い月の一覧

日本のインターネット証券経由では、米国株の配当金入金はいつなのか確認してみた

最近では日本の証券会社を通じて米国株投資をするのが一般化している。

日本のインターネット証券会社経由では、アメリカ株からの配当金はいつ受け取れるのだろうか?

じつは会社毎に配当金受取日は数日ずれている。

マネックス証券の米国株配当金は、現地支払い日から1週間以内

原則として、当社が発行会社による配当金・分配金の支払いを確認した後、数営業日以内に入金いたします。(通常、現地支払日から、おおむね一週間以内での入金となります。)

米国株の配当金等は、当該配当金等の受渡日の前営業日より、外国株取引口座の買付余力へ反映し、お取引にご利用いただけます。

ただし、為替振替は受渡日以降からとなります。

SBI証券の外国株式の配当金は、現地支払い日から1-2国内営業日後

外国株式の配当金は、現地支払日に発行会社から支払われます。

お客さま口座へのご入金は、当社が現地での配当金の支払を確認後、入金処理をいたしますので、時差や発行会社の支払い状況、処理等の都合上、おおむね現地支払日から1~2国内営業日後になります。

楽天証券での米国株の配当金は、現地支払い日から1週間程度

現地にて配当金受領を確認後、お客様の口座へ入金処理を開始しますので、配当金支払開始日から入金完了までに、おおむね1週間程度かかります。

なお、権利落ち日から配当金支払開始日までの期間は銘柄によって異なります。

参考米国株投資、おすすめのインターネット証券会社を比較

まとめ:米国株式の配当金受け取りはいつなのかを確認する方法

米国株投資において配当金の状況をする為には、以下の3ステップをクリアすればオーケー。

  1. Dividend history のサイト情報を見る
  2. Pay Dateを個別株毎に確認する
  3. 国内証券会社なら、Pay Dateから1週間以内振り込みを目安にしておく

これでアメリカ株でのインカムゲイン投資ができますね。

以上、米国株式の配当金は、いつ振り込まれるのか?でした。

See you!

参考配当王19銘柄の、配当支払い月

参考ダウ銘柄の配当支払い月

参考アメリカ株の買い方

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする